RSS|archives|admin


<<タイトルが長すぎる? いいえ、普通です:購入履歴・古本編27 | ホーム | 『時間はだれも待ってくれない 21世紀東欧SF・ファンタスチカ傑作集』感想:★★★☆☆>>

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

突き刺さるような美しさを:購入履歴・新本編8

2011.10.09 Sun


 ふとした瞬間に、過去に読んだ作品のことを思い出すことがある。
 今回唐突に脳裏に浮かんだのは、加藤幹也の「青色夢硝子」であった。私が読んだのは『鉱物(書物の王国・6)』でのこと。
 けれどもっと突き刺さるような残酷さが欲しいなぁ、例えるならばクラークの『ゾティーク幻妖怪異譚』に収められていた一瞬で石化する病気の物語のような、でもそんな平衡感覚を狂わせてくれる幻想風味満点の作品は、現在絶賛花粉症でリアルに平衡感覚失い掛けてるので、ちょっと遠慮したい。つまり現実感がある作品が良い。

 涼しい風に吹かれたせいか、そんな連想ゲームの末に買ったのがコレ。

結晶世界 (創元SF文庫)

 
 バラードの『結晶世界』。全世界が結晶に包まれていくらしい。
 ただバラード自体が人を選ぶ作家のような気がするのだけれど、果たして私は選ばれるのだろうか……。
 そもそも現実感あるのかしらコレ。


関連記事:
『ゾティーク幻妖怪異譚』感想:★★★☆☆
『鉱物(書物の王国・6)』感想:★★★☆☆









 久しぶりに紀伊國屋に行き、久しぶりにポイント確認したら、今年末で大部分のポイントが失効してしまうんだそうな。
 滅多に行かなくなってしまったから、綺麗サッパリ忘れ去る寸前だったや。
 中を改装というか棚を動かしてから数回しか行ってないせいで、余裕で迷子になれて私涙目。創元SF文庫の棚ないし、創元推理文庫の棚に間借りしてたし。それに気が付かなくて、「推理はあるけど、SFはどこなんだよ?」とグルグルしてしまった。


 それと『伝奇集』に失踪された。
 途中でぶん投げて悪かったと謝罪するので、出て来てください……。


 
Theme:この本買いました | Genre:本・雑誌 |
Category:積ん読記録 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<タイトルが長すぎる? いいえ、普通です:購入履歴・古本編27 | ホーム | 『時間はだれも待ってくれない 21世紀東欧SF・ファンタスチカ傑作集』感想:★★★☆☆>>
name
title
mail
url

[ ]
Trackback URL
http://kkkate.blog.fc2.com/tb.php/83-cceea68b