RSS|archives|admin


<<『図説 ロシアの歴史』感想:★★★★★ | ホーム | 映画『千年医師物語~ペルシアの彼方へ~』感想:★★★☆☆>>

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

映画『レジェンド・オブ・ヴィー 妖怪村と秘密の棺』感想:★★☆☆☆

2015.11.18 Wed

レジェンド・オブ・ヴィー 妖怪村と秘密の棺 [DVD]
レジェンド・オブ・ヴィー 妖怪村と秘密の棺 [DVD]
トランスフォーマー 2015-04-03
売り上げランキング : 16562


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 ゴーゴリ原作の映画、『妖婆 死棺の呪い』のリメイク。
 色んなジャンルの良いところ取りをしようとした結果、どっちつかずの代物になったぜ!な一作。
 リメイク元も、今作も、揃って邦題が謎だなぁ。


 18世紀イギリス。地図製作にのめり込む自称科学者のジョナサン・グリーン(ジェイソン・フレミング)は、裕福な恋人ダドリー(アンナ・チュリーナ)の父親に逢い引き現場を目撃され、叩き出されてしまう。
 ダドリーに相応しい身分の男になるべく、地図製作のためにヨーロッパの東の端へと旅に出たジョナサンが辿り着いたのは、怪しい村。
 その地では、一年前にそこの地主の娘パンノチカ(オリガ・ザイツェワ)が謎の死を遂げていたのだ。その上、彼女が死の床で願った三日三晩の祈祷に指名されたホマー・ブルータス()が失踪を果たしていたのだった。
 娘の死の謎を解きたい地主と、不審な動きを見せる司祭パイジ(アンドレイ・スモリアコフ)、ホマーに支払われるはずだった金貨を横取りした兄弟。
 それぞれの思惑が絡まり合う中、外国人たるジョナサンの存在によって村は大きく運命を変えて行く……。








 リメイク元の『妖婆 死棺の呪い』を知らないと、前半の展開が意味不明なんじゃないかと心配になった。
 映像にお金が掛かっているのは分かるのだが、けれどストーリーラインが曖昧模糊としすぎていて非常に残念。本当にどっちつかずなんだよなー。
 日本で公開されなかったのもむべなるかな……。
 しかしゴーゴリが原作とあるが、原作と関係ない部分の方が圧倒的に多数のような。


覚え書き(本に纏わるあれこれ):映画感想
より詳しくは右カラムのカテゴリから選択してください。


関連記事:
映画『妖婆 死棺の呪い』感想:★★★★★

Theme:映画感想 | Genre:映画 |
Category:映画その他感想 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<『図説 ロシアの歴史』感想:★★★★★ | ホーム | 映画『千年医師物語~ペルシアの彼方へ~』感想:★★★☆☆>>
name
title
mail
url

[ ]
Trackback URL
http://kkkate.blog.fc2.com/tb.php/811-f7f2e25e