RSS|archives|admin


<<一足早かった:購入履歴・古本編26 | ホーム | Konozamaされる覚悟はできていた:購入履歴・新本編6>>

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

秋は何処に消えた?:購入履歴・新本編7

2011.10.03 Mon

 と訊ねたいくらいに、寒い今日。駅に向かう途中でふらふらと書店に入ってしまった。
 欲しかったのは伊藤計劃の『ハーモニー』。とは言え、ハヤカワ文庫の今の変なサイズではなくて、前のサイズのが欲しい。
 ハヤカワ文庫の中にはまだ以前の普通の文庫サイズのもあるので、普通サイズの『ハーモニー』もどこかでひっそり棲息してるんじゃないのかなー、と探しているのだけれど見つからず。
 数年前(?)に普通サイズの『虐殺器官』を買った、そしてまた例によって積んでいる、のでお揃いのサイズで欲しいのです。せっかく黒と白で表紙揃えてあるんだし。
 が、今日も見つからず。もういっそ中古で良いかもしれない……。
 今の新しいサイズが凄い嫌なんだよなぁ。読みにくくないかアレ。未だに続刊を待っている星界の戦記シリーズをどうしてくれよう。え、出ないから問題ないって? ですよねー。
 いや、真面目に早く出してくれないと、主人公の名前すら忘れそうなんですけど。


 代わりに買ったのは復刊フェア開催中の創元推理文庫&創元SF文庫から『怪奇クラブ』と『ムーンチャイルド』。
怪奇クラブ (創元推理文庫)  ムーンチャイルド (創元推理文庫)

 画像のサイズが違うような気がするけれど、どちらも普通の文庫サイズ。

 世界恐怖小説全集を集めているんだから、『怪奇クラブ』はそっちで買えば良いのだろうが、平井呈一の名前を見た瞬間に衝動的に買ってしまった。

 『ムーンチャイルド』は「へー、アレイスター・クロウリーって小説書いてたんだー」との驚きから。後書きを読む感じだと、モームの『魔術師』を先に読んだ方が良いのかな。

 復刊フェア詳細は、東京創元社の公式サイト内「2011年復刊フェアのご案内」にてご確認ください(クリックで飛びます)。


 もう1冊。『失われた地平線』も購入。上の創元2冊に較べると文字が大きいな。

失われた地平線 (河出文庫)


 最後の楽園シャングリ・ラを巡る物語……らしい。









 シャングリ・ラと言われて私が思い出すのはコレ。

Shangri-La


 このアニメ、見た記憶ないんだけどなー。


Theme:この本買いました | Genre:本・雑誌 |
Category:積ん読記録 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<一足早かった:購入履歴・古本編26 | ホーム | Konozamaされる覚悟はできていた:購入履歴・新本編6>>
name
title
mail
url

[ ]
Trackback URL
http://kkkate.blog.fc2.com/tb.php/79-04691aef