RSS|archives|admin


<<『言語が違えば、世界も違って見えるわけ』感想:★★★★☆ | ホーム | 組み合わせはいつだって謎:購入履歴・新本編187>>

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

一人国書刊行会祭:購入履歴・新本編188

2014.11.20 Thu


 一人で国書刊行会祭りを開催していた。だいたいロシア祭り。

ロマン〈1〉 (文学の冒険) ロマン〈2〉 (文学の冒険)


 「文学の冒険」から『ロマン』。作者はウラジーミル・ソローキン。
 何故か二巻の帯が、ピンチョンの『重力の虹』の二巻のだった。謎すぎる。
 そういえば『重力の虹』、新潮社から新訳が出てたな。








愛 (文学の冒険シリーズ)


 一緒に『愛(文学の冒険)』も購入しておいた。我が積ん読にソローキンが増加中。


血の伯爵夫人 (1) (文学の冒険シリーズ) 血の伯爵夫人 (2) (文学の冒険シリーズ)


 更に「文学の冒険」シリーズから、『血の伯爵夫人』も。一巻と二巻で表紙が全く同じってのは、ちょっとつまらない。
 こちらの作者はアンドレイ・コドレスク。


過程 独逸怪奇小説集成


 更に『過程』と、実はまだ持っていなかった『独逸怪奇小説集成』も購入。随分と積ん読タワーがノッポになりました……。


壊血病 医学の謎に挑んだ男たち (希望の医療シリーズ)


 こうなりゃ欲しいのは全部買っとけ! という訳で、国書刊行会ってこんな本も出してたんだ、な『壊血病』も購入してみた。
 「希望の医療シリーズ」らしい。シリーズってことは、他にもこの手の本を出しているのか、国書刊行会さん。


関連記事:
『吸血鬼(書物の王国・12)』感想:★★★★☆

Theme:読書メモ | Genre:本・雑誌 |
Category:積ん読記録 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<『言語が違えば、世界も違って見えるわけ』感想:★★★★☆ | ホーム | 組み合わせはいつだって謎:購入履歴・新本編187>>
name
title
mail
url

[ ]
Trackback URL
http://kkkate.blog.fc2.com/tb.php/783-09ccc187