">
RSS|archives|admin


<<『科学検定公式問題集 5・6級』感想:★★★☆☆ | ホーム | 映画『テルマエ・ロマエⅡ』感想:★★★★☆>>

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

映画『名探偵コナン 異次元の狙撃手』感想:★★★★★

2014.05.23 Fri

名探偵コナン 異次元の狙撃手


 劇場版コナン18作目。
 面白いと聞いたので、映画館まで見に行って来た。もうそろそろ公開が終わりそうだし。
 字幕のシーンがそれなりにあるので、お子様には辛いかもしれない。英語音声日本語字幕と、日本語音声の使い分けがちょっと謎。
 パンフレットに二つ折りのポスター、柄はパンフレット表紙とほぼ同じ、が挟み込まれていてちょっと嬉しい。



 高さ635mを誇る東都ベルツリータワーは一般公開を控えていた。オーナーである鈴木財閥の令嬢である鈴木園子に誘われ、蘭、小五郎、コナンと阿笠博士、少年探偵団たちはベルツリータワーの絶景を楽しんでいた。
 コナンがふと近くを見ると、英語で会話をする三人組が。外国人夫婦と連れの日本人だ。その日本人は二人に怪しい物件を売りつけようとしていた。
 と、突然、一発の銃弾がベルツリータワーのガラスを突き破った。慌てて身を伏せるコナンたち。彼らの前で、先ほどの怪しい日本人が絶命していた。

 コナンは、何故か場に居合わせた女子高校生探偵・世良真純と共に犯人を追う。狙撃地点と目される場所から出て来たのは、一人の男。二人は犯人らしき男を追い詰めるが、彼は手榴弾まで用いて彼らを撒いた。
 ベルツリータワーを狙う大胆不敵な犯行に加え、二人を撒いたその手腕と暴力性は、犯人の正体を暗示していた。
 実は一ヶ月ほど前、アメリカでも素晴らしい腕の持ち主による狙撃事件が起こっていた。その被害者と今回の被害者、彼ら二人を結ぶのは八年前の一つの事件。
 そして犯人と目されるのは、狙撃手として戦場で名を馳せた男。そして彼が恨みを持つ人間はあと二人残っていた。そしてその両方ともが今日本にいると言う。

 コナンたちは残る二人の命を守ることが出来るのか。犯人は本当に彼なのか。どうして八年も経って復讐を開始したのか。
 疑問だけが積み重なる中、連続狙撃事件は東京に不安を撒き散らし、そして意外な展開を見せる……。







 コナンが阿笠博士特製のスケボーで見せる追走劇がなかなか素晴らしい。乗っているのが主人公以外なら、たぶん三回くらいは軽く死んでる。

 「犯人が元アメリカ軍兵士でありアメリカ人だから」との理由で休暇中でたまたま日本にいるFBI捜査官に捜査が委ねられるとかおかしいだろ、とか、そもそもそんな都合良くチームで休暇とってるかよ、とか突っ込みたくならないこともないが、まぁその辺を今更突っ込むのも野暮か。
 連続狙撃事件が無差別犯行だとの説が出たことでパニックに陥った都民が、「上から見えなければ狙撃されないかも」とみんな傘をさすようになるなんて経緯はちょっと面白い。おかげで映画ラストに開放感が加味されたし。

 世良ちゃんには見せ場たくさんだし、登場シーンが少なすぎるんじゃないかと途中勝手に危惧した蘭にもちゃんと見せ場が用意されていたし、とバランスがきっちりと取られている印象。
 映画なのに少年探偵団バッジに改良が加えられたりしているけれど、これアニメにも反映させるんだろうか。させないと妙なことになるけれど、でもどうやってやるんだろう。って、もしかしてもう反映されてたりする?


 ちなみに、登場する赤星刑事なる人の声が凄い棒だなーと思ったら、声担当に赤星憲広との文字が。おおー。割と台詞あったよね。
 他に今回の特別ゲストとして福士蒼汰(ケビン・ヨシノ役)、パトリック・ハーラン(ジャック・ウォルツ役)も。
 この二人にはあまり違和感がなかった。どちらも結構良い役だね。


覚え書き(本に纏わるあれこれ):映画感想
より詳しくは右カラムのカテゴリから選択してください。


関連記事:
映画『アナと雪の女王』感想:★★★☆☆
映画『LEGO® ムービー』感想:★★★☆☆
映画『銀の匙』感想:★★★★★
映画『テルマエ・ロマエⅡ』感想:★★★★☆
映画『テルマエ・ロマエ』感想:★★★★★




 映画自体は面白かったけれど、キャーキャー五月蝿い集団と同じ回になってしまいストレスフルな鑑賞になってしまった。
 まさかレイトショーでこんな目に遭うとは思わなかったぜ……。ダメージが半端ないぜ…………。
 コメディで笑うのは全く気にならないけど、特定のキャラクターが出てくる度にキャーキャーは、もう、こうやって思い出すだけでも変な笑いが込み上げて来るレベル。
 

Theme:映画感想 | Genre:映画 |
Category:映画その他感想 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<『科学検定公式問題集 5・6級』感想:★★★☆☆ | ホーム | 映画『テルマエ・ロマエⅡ』感想:★★★★☆>>
name
title
mail
url

[ ]
Trackback URL
http://kkkate.blog.fc2.com/tb.php/764-660f6058