RSS|archives|admin


<<『亡霊(英国ゴシック文庫・4)』感想:★★★★★ | ホーム | イギリスドラマ『SHERLOCK/シャーロック(シーズン2)』感想:★★★★★>>

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

文庫文庫文庫:購入履歴・新本編177

2014.05.19 Mon


 文庫を買いに紀伊國屋書店まで。
 一緒にロシア語の辞典も買ったので、重くて仕方が無かった。買い物カゴを置いて欲しい・

NOS4A2-ノスフェラトゥ- 上 (小学館文庫) NOS4A2-ノスフェラトゥ- 下 (小学館文庫)


 お目当てその1は小学館文庫の『NOS4A2-ノスフェラトゥ-』。
 最初は「上下巻とかそんな分冊商法……」と思ったものの、実物を見ると上下ともに分厚いので、まぁ良いかなと。


赤い橋の殺人 (光文社古典新訳文庫)


 光文社古典新訳文庫の『赤い橋の殺人』は、発売日に来たメールでの説明が面白そうだったので買ってみた。ほいほい。







もっとにぎやかな外国語の世界 (白水Uブックス)


 ロシア語の辞典を買おうと辞書を見比べていたら、目に入ったので買った。白水Uブックスの『もっとにぎやかな外国語の世界』。
 もっと以前にも買おうと思ったのだけれど、白水Uブックスの棚にはなくてそれっきりになっていた。その他外国語の棚にあったのね。


世界が終わってしまったあとの世界で(上) (ハヤカワ文庫NV) 世界が終わってしまったあとの世界で(下) (ハヤカワ文庫NV)


 お目当てその2。ハヤカワ文庫の『世界が終わってしまったあとの世界で』。
 Twitterで回って来た説明文が面白そうだったので。これまた思った以上に分厚い。ニンジャも出るっぽい。


読まずにいられぬ名短篇 (ちくま文庫) 世界堂書店 (文春文庫)


 おめあてその3。ちくま文庫の『読まずにいられぬ短編集』。
 文集文庫の『世界堂書店』も欲しかったのだけれど、もう腕が重たかったので止めた。我ながら理由が酷い。その内に近所の書店にも入るだろうし。


正統と異端 - ヨーロッパ精神の底流 (中公文庫)


 たまたま見つけたので、中公文庫の『正統と異端』も買ってみた。新書版が本棚の底から出てくる気がしないでもない。



関連記事:
『こわい部屋 謎のギャラリー』感想:★★★☆☆

Theme: | Genre:本・雑誌 |
Category:積ん読記録 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<『亡霊(英国ゴシック文庫・4)』感想:★★★★★ | ホーム | イギリスドラマ『SHERLOCK/シャーロック(シーズン2)』感想:★★★★★>>
name
title
mail
url

[ ]
Trackback URL
http://kkkate.blog.fc2.com/tb.php/761-f9229aab