RSS|archives|admin


<<くろくろしい:購入履歴・古本編103 | ホーム | イギリスドラマ『SHERLOCK/シャーロック(シーズン1)』感想:★★★★☆>>

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

要するに……えぇっと:購入履歴・新本編170

2014.04.30 Wed

ニンジャスレイヤー ピストルカラテ決死拳 (キョート殺伐都市 # 5)


 『ニンジャスレイヤー ピストルカラテ決死拳』がようやっと買えたよ! やったー!!
 店頭に出ていなくて、店員さんを捕まえて尋ねたらストックに1冊だけ、ちょっと奇妙な立体構造になりながらも居たよ。
 シールが封入されているバージョンだったから、迷わず買ったよ。本の方は重しでも乗せておけば、本来の立体構造に戻るだろう、たぶん、きっと。


ミーチャ・ベリャーエフの子狐たち (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション) 怪物執事 英国を魅惑した殺人鬼の真実


 他にも、早川書房の『ミーチャ・ベリャーエフの子狐たち』と、太田書店の『怪物執事』も購入。
 『怪物執事』の表紙がシンプルながらも格好いい。







人間にとって善とは何か: 徳倫理学入門 (単行本)


 筑摩書房の『人間にとって善とは何か』なる本も、面白そうなので買ってみた。
 『怪物執事』と一緒に買っている時点で、なんかもう既に駄目な気がしないでもない。


イグノランス: 無知こそ科学の原動力 科学史・科学論 ―科学技術の本質を考える―


 東京化学同人の『イグノランス』と、共立出版の『科学史・科学論』も購入。
 どちらの出版社も教科書のイメージが強いけれど、他の普通に販売される本も手がけているんだよなぁ。分かっているるもりでも、これらの出版社が出した一般向けの本を見かける度に驚いてしまう。

 『イグノランス』の方には日本語版特典として、佐藤統(本書の翻訳者)と茂木健一郎の対談が収録されている。帯ともども要らないと個人的には思うのだが、付けた方が売り上げは伸びるのだろう。
 『科学史・科学論』の方は横書きなのはいいとして、行間ぎっちりで読みにくい。しかもページによって字の詰まり具合が違う。つまり行数字数が一定ではないようだ。何故。



たくさんあるとキモイ

 ちなみに今回の本たちは紀伊國屋書店で購入し、無料配送して貰った。そうしたらこんな白い緩衝材付きでやって来た。
 微妙な丸まり感がちょっと気持ち悪い。ちなみにこれは燃えるゴミとして処分出来るとのこと。


関連記事:
何故そこでコレ

Theme:この本買いました | Genre:本・雑誌 |
Category:積ん読記録 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<くろくろしい:購入履歴・古本編103 | ホーム | イギリスドラマ『SHERLOCK/シャーロック(シーズン1)』感想:★★★★☆>>
name
title
mail
url

[ ]
Trackback URL
http://kkkate.blog.fc2.com/tb.php/743-f069a6b0