">
RSS|archives|admin


<<イギリスドラマ『SHERLOCK/シャーロック(シーズン1)』感想:★★★★☆ | ホーム | 行き当たりはバッタリ:購入履歴・新本編168>>

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

何故そこでコレ:購入履歴・新本編169

2014.04.29 Tue


 歯医者のために滅多に行かない方面に足を伸ばしたついでに、本屋巡りをしてみた。

ふせん付箋


 付箋を買ったよ。本屋で。何故か充実していた。
 片方は実用性を、もう片方は見た目でホイホイされた。



 左側のは「ココフセン(coco fusen)」という商品。
 付箋ケース裏に貼って剥がせる粘着テープが貼ってあるのが特色。本の見返し部分にでも貼っておけば、使いたい時に付箋を探さずに済んで良いんじゃないかと思って購入。割といつも探しているので……。
 付箋自体に書き込みが出来るのもウリのようだが、油性ペンか鉛筆以外は不可なのと乾きが悪そうなので、そちらはあまり実用性がなさそうだ。

 ちなみにこの「ココフセン」、私が買った無地以外にも色々な柄が出ている。



 右側は、あまりの可愛らしさに買ってしまった付箋。上の猫柄も可愛かったのだが、流石に二つは要らないかなと。
 「古紙パルプを70%以上配合した越前和紙を使ったちょっとエコなふせん」、略して「ちょっとエコな越前和紙のふせん」が商品名だそうな。







 初めて行く本屋を数軒ウロウロした後に、いつも行く紀伊國屋でお買い物。何のために本屋巡りをしたのか、我ながらよく分からない。


セビーリャの色事師と石の招客 他一篇 (岩波文庫) 牡猫ムルの人生観 (上) (岩波文庫)


 岩波文庫の『セビーリャの色事師と石の招客』と、『牡猫ムルの人生観』の上巻を購入。
 『牡猫ムルの人生観』の上巻を買い忘れてから買い直すまで長かったな。復刊の一冊だから売り切れ御免だろうから、このままうっかり買い忘れ続けたらどうしようかと思った。


ビギナーズ 倫理学 (ちくま学芸文庫) 工学の歴史: 機械工学を中心に (ちくま学芸文庫)


 ちくま学芸文庫は『ビギナーズ倫理学』と『工学の歴史』を。
 『ビギナーズ倫理学』はイラスト満載で、予想以上にビギナーズな感じ。

小さき生物たちの大いなる新技術 (ベスト新書) 犯罪者書館アレクサンドリア ~殺人鬼はパピルスの森にいる~ (メディアワークス文庫)


 予定外に買ったのはこの2冊。ベスト新書の『小さき生物たちの大いなる新技術』、メディアワークス文庫の『犯罪者書館アレクサンドリア』。
 ベスト新書の棚は正直胡散臭さ満載のタイトルばかりが並んでいたが、この『小さき生物たちの大いなる新技術』は異彩を放っていた。ちょっと期待。


関連記事:
2014年春の岩波文庫リクエスト復刊:購入履歴・新本編154

Theme:読書メモ | Genre:本・雑誌 |
Category:積ん読記録 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<イギリスドラマ『SHERLOCK/シャーロック(シーズン1)』感想:★★★★☆ | ホーム | 行き当たりはバッタリ:購入履歴・新本編168>>
name
title
mail
url

[ ]
Trackback URL
http://kkkate.blog.fc2.com/tb.php/742-f734df6a