">
RSS|archives|admin


<<映画『銀の匙』感想:★★★★★ | ホーム | アメリカドラマ『F.B.EYE 相棒犬リーと女性捜査官スーの感動!事件簿(シーズン1)』感想:★★★☆☆>>

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

映画『アナと雪の女王』感想:★★★☆☆

2014.03.15 Sat

アナと雪の女王


 一言で感想を言うと、「脚本をやり直せ」。
 音楽や映像は素晴らしいのに、脚本がコレで良いのかディズニー。脚本家にやり直しを命じられない事情でもあるのかディズニー。と邪推してしまう程に、脚本がイマイチ。


 アレンデール王国の二人の王女、エルサとアナ。姉のエルサには雪や氷を生み出せる不思議な力があった。
 けれども両親は彼女を特別扱いはしなかった。エルサもまた、自分の力に疑問を抱くことはなかった。そう、誤ってアナを傷つけてしまうまでは。
 事件の後、全ては一変する。彼女たちの両親はエルサに力を隠すことを求め、エルサもまた必死にコントロールしようとした。だが彼女の思いとは裏腹に、その力は強まるばかり。
 エルサの秘密を隠すために城は門を閉ざし、召使いも減らした。アナを傷つけることを恐れたエルサは、彼女からも距離を置き、一人閉じこもるようになってしまった。

 事情を知らないのはアナただ一人。事件の被害者となったアナは、その際にエルサの不思議な力に纏わる記憶を失っていたのだ。
 エルサの態度の変化に戸惑い、彼女に近付こうと必死に努力をするアナだが、エルサは冷たい。アナには姉が理解出来なかった。


 互いに近づけない二人の姉妹に、更なる悲劇が降りかかる。両親が事故死してしまったのだ。
 三年後、エルサはアレンデールの女王としての戴冠式に臨んでいた。長年閉ざされていた城門が開かれ、ネアンデールと親交のある各国から客が訪れていた。
 初めての舞踏会に浮かれるアナに対して、エルサの表情は暗い。戴冠式の間、力を制御し普通に振る舞わなければならないのだ。それは今の彼女には困難であった。

 エルサの不安は的中する。誤って周囲を凍らせてしまった彼女に向けられる視線は冷たく、エルサは雪山へと逃げ去ってしまう。
 姉を思うアナはエルサを追って雪山へと向かうのだが……。







 私自身が姉だから、エルサの気持ちは分かる。妹を傷つけてしまうことへのタブー感は強烈だ。
 けれど、城を逃げ出した後のエルサの気持ちの急変は理解出来ない。"Let It Go"は素晴らしい曲だが、そんな突然に開き直られましても、あの。
 何も知らないアナへの羨ましさや、国を継ぐのは不思議な力を持つ自分ではなくて彼女の方が相応しいのではないかという疑念、だがそうなると自分の存在価値は?などの葛藤があれば、分からなくもないが、今回皆無だし。
 エルサが逃げ出すまでは完全に視点がアナに振られているために、エルサの気持ちがいまいち伝わらない。エルサが良い子だったのは分かるが、エルサがそんな自分をどう思っていたのかが分からない。
 今までは良い子だった子供が「ありのままの自分」を肯定するに至るためには、それなりのエネルギーが必要でございましょうに。

 一方のアナの性格は、ザ・妹と言った趣きで嫌いではない。エルサのことも嫌いではないどころか、かなり好みなのだけれど。
 設定は悪くないのだが、物語の流れが何ともモヤモヤする、映画のテーマとなっている「凍った世界を救うのは、愛」の実際の結末も、かなり微妙。
 愛は男女の間だけにあるわけじゃないのは、まぁそりゃそうだけれど、それにしたって提示の方法はもうちょっとどうにか出来なかったの。



 エルサが自分のしでかしたことに気が付かなかったり、ハンス王子の急変っぷりが周囲にキッチリ伝わっていたりと、「都合良さ過ぎじゃないかその展開は」を通り越して、脚本のために各キャラクターが動かされている感があり、どうにも気になる。
 ディズニー映画でここまで細部が気になったことはなかったので、今回は凄く意外だった。

 物語はオマケで、音楽と映像を楽しむPVだと言うならば、一級品なんだけれど。ただのアニメーションのはずなのに、エルサはとても優雅で華やかに見えるし、対するアナはお転婆で軽やかだし。
 だが、ディズニーが目指すのは豪華なPVなのか? 違うよな?




 同時上映は、「ミッキーのミニー救出大作戦」。
 単なる古いフィルムの再上映かと思わせておいてからの、3Dを駆使した展開は面白い。


覚え書き(本に纏わるあれこれ):映画感想
より詳しくは右カラムのカテゴリから選択してください。


関連記事:
映画『ゼロ・グラビティ』感想:★★★★☆
映画『ニューヨークの恋人たち』感想:★★★★★




 TOHOシネマズ梅田のシアター1、プレミアシートで見たけれど、意外とスクリーンが小さくて遠かったよ……。もっと前で見れば良かった。
 プレミアシートも他の席と値段が一緒だから、その点はまだ良かったけれど。

 シアター2と3だっかな?の前にオラフがいたので、写真を撮ってみた。
20140315-05.jpg
20140315-07.jpg


 鼻は人参にすれば良いのに……とも思ったけれど、よく見るとこの軽そうな鼻でも必死に重力と闘争しているようだから、人参だと無理なのかもしれない。
 

Theme:映画 | Genre:映画 |
Category:映画その他感想 | Comment(2) | Trackback(2) | top↑ |
<<映画『銀の匙』感想:★★★★★ | ホーム | アメリカドラマ『F.B.EYE 相棒犬リーと女性捜査官スーの感動!事件簿(シーズン1)』感想:★★★☆☆>>

もしかして吹き替え版でみられました?
字幕版では、Let it goが、エルサの葛藤をよく表していますよ。
検索すると歌詞でてきます。(^^)
- | 通りすがり | URL | 2014.04.25(Fri) 11:17:19 | [EDIT] | top↑ |

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

> もしかして吹き替え版でみられました?
ばっちり字幕で見ました。

- | 春色 | URL | 2014.04.26(Sat) 23:44:56 | [EDIT] | top↑ |

name
title
mail
url

[ ]
Trackback URL
http://kkkate.blog.fc2.com/tb.php/713-5f89888f

アナと雪の女王 感想

さて、アカデミーで話題になっているこの作品 久々に劇場でみたディズニー映画ですね 「魔法にかけられて」以来でしょうか? 映像と音楽は流石のディスニーでしたね あらすじ エルサとアナは美しき王家の姉妹。しかし、触ったものを凍らせてしまう秘められた力を持つ姉エルサが、真夏の王国を冬の世界に変化させてしまった。行方不明になったエルサと王国を何とかすべく、妹のアナは山男のクリストフ...
にきログ 2014.03.23 00:44

映画『アナと雪の女王』感想

『アナと雪の女王』(原題:Frozen) 監督クリス・バック ジェニファー・リー 製作ピーター・デル・ベッチョ 製作総指揮ジョン・ラセター 原案クリス・バック 今日はTOHOデイということで初日公開の「アナと雪の女王」を 八千代緑が丘で鑑賞しました。時間の都合で2D字幕版をチョイス。 最近のディズニーは3D上映がメインですがこの作品に関しては 殆どが2D公開...
ORCAの雑記帳 2014.03.15 18:49