RSS|archives|admin


<<2014年春の岩波文庫リクエスト復刊:購入履歴・新本編154 | ホーム | 本棚にて埋まる:購入履歴・新本編153>>

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

イギリスドラマ『華麗なるペテン師たち(シーズン1)』感想:★★★★☆

2014.03.01 Sat

華麗なるペテン師たち [DVD]
華麗なるペテン師たち [DVD]
NHKエンタープライズ 2007-10-24
売り上げランキング : 97820


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



 例によってhuluで見たよ。もっと早く出会えていれば、Dlifeや京都テレビで続シーズンを見られたのに……。
 huluに続シーズン来ないかなー。
 シーズン1は各話が約50分、全6話。



 正直者は騙すな、を心情とする詐欺グループが活躍するのが本ドラマ。被害者が被害を言い出せないように、弱みを突くところも憎い。
 古いドラマではあるが、スタイリッシュな演出は今見ても充分に面白い。
 キャラクターもそれぞれ個性的で人間味に溢れており、憎めない。またまんまと騙され間抜け面を晒してしまう被害者も、完全なる悪人ではなく弱い部分を持つ人間、けれども強突く張り、であるあたり悲壮さを感じさせない。

 ミッキー・ストーン(エイドリアン・レスター)は凄腕の詐欺師。誰にも尻尾を掴ませなかった彼だが、業を煮やした警察により詐欺ではなく他の微罪で刑務所送りにされてしまった。
 ようやく刑期を終えた彼は、再度ペテンを働くためにチームを集めた。
 ミッキーの師匠にあり温和な外見を持つアルバート・ストローラー(ロバート・ヴォーン)、陽気で手先の器用なアッシュ・モーガン(ロバート・グレニスター)、チームの紅一点であり必要に応じてどんな雰囲気の女性にも化けられるステイシー・モンロー(ジェイミー・マーレイ)。
 ミッキー率いるチームに加わるために体当たりで実力を証明した新メンバー、ダニー・ブルー(マーク・ウォーレン)。

 さてさて、今回彼らの餌食となってしまう欲張り野郎は誰だ?







 新メンバーの若者ダニーの成長を軸に、離婚に揺れるミッキーの心情も描かれるのがシーズン1。
 ミッキーを愛するステイシーと、ステイシーに恋心を抱くようになるダニーの摩擦もまたポイント。
 ダニーとミッキーの間を取り持つ仲間たちの姿もなかなかに良いが、彼らがこれほどまでに信頼を結ぶに至った過程も知りたいなと思った。

 イギリスドラマは日本のドラマくらいにはスッキリ終わってくれるのが良い。
 アメリカドラマのように「主人公の乗った車が爆発炎上! 主人公の生死は……次のシーズンで!!」みたいなクリフハンガーがないのが素敵。
 アメドラだって全部が全部そんなクリフハンガーなわけでもないけれど、でも何度も喰らわされていると身構えてしまう。
 最悪、「残念! 次シーズンの制作は諸事情でなかったことになりました」なんて展開もあるしさぁー。

 そんな訳で最近個人的にお気に入りなのが、イギリスドラマ。話数も少なめだし。
 さてと、他に面白いのは何だろう。次シーズンもくれると嬉しいんですけれども、huluさん。




覚え書き(本以外のあれこれ):海外ドラマ
より詳しくは右カラムのカテゴリから選択してください。



関連記事:
イギリスドラマ『刑事ヴァランダー(シーズン1)』感想:★★★★☆
イギリスドラマ『時空刑事1973 ライフ・オン・マーズ(シーズン1)』感想:★★★☆☆
イギリスドラマ『シャーロック・ホームズの冒険 ハイビジョン・リマスター版(シーズン1)』感想:★★★★☆
イギリスドラマ『ホワイトチャペル 終わりなき殺意(シーズン1)』感想:★★☆☆☆
イギリスドラマ『刑事ヴァランダー(シーズン2)』感想:★★★★★

Theme:海外ドラマ(欧米) | Genre:テレビ・ラジオ |
Category:映画その他感想 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<2014年春の岩波文庫リクエスト復刊:購入履歴・新本編154 | ホーム | 本棚にて埋まる:購入履歴・新本編153>>
name
title
mail
url

[ ]
Trackback URL
http://kkkate.blog.fc2.com/tb.php/704-b844f731