RSS|archives|admin


<<思いの外:購入履歴・新本編152 | ホーム | 微熱なる日々:購入履歴・新本編150>>

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

本棚にて眠る:購入履歴・新本編151

2014.02.23 Sun


 先日huluで見たBBCのドラマ『刑事ヴァランダー』が最高に面白かったので、近所の本屋さんでその原作を探してみた。
 小さなところなので期待していなかったけれど、けれどもそのお店は創元文庫が割と充実しているのでちょっと期待しながら行ったところ、半分ほどあった!

殺人者の顔 (創元推理文庫) リガの犬たち (創元推理文庫) 白い雌ライオン (創元推理文庫)
ファイアーウォール 上 (創元推理文庫) ファイアーウォール 下 (創元推理文庫)


 刑事ヴァランダーシリーズ1『殺人者の顔』、シリーズ2『リガの犬たち』、シリーズ3『白い雌ライオン』、シリーズ8『ファイアーウォール』でした。
 『フィイアーウォール』は邦訳が出ている中では最新作。現時点ではあと2作ほど、未翻訳の作品が存在する模様。

 残りのシリーズは注文してきた。まぁその内に手に入れられるだろう。
 何気にいつも疑問なのだが、小さな書店に客注を出させるのって書店側からしたら別に儲からないのだろうか。
 特に書店側に利点がないのなら、Amazonその他で買っても良いのですけれど。







 ついでに文春文庫も2冊買った。

厭な物語 (文春文庫) もっと厭な物語 (文春文庫)


 『厭な物語』と『もっと厭な物語』。
 買おうかどうしようか悩んだまま保留にしていたのだけれど、結局買ってしまった。


 さてさて、刑事ヴァランダーシリーズを読むのが楽しみです。
 ドラマの方はシーズン3を撮影中だそうだけれど、日本にはいつ来るのかしら。


関連記事:
イギリスドラマ『刑事ヴァランダー(シーズン1)』感想:★★★★☆
イギリスドラマ『刑事ヴァランダー(シーズン2)』感想:★★★★★

Theme:この本買いました | Genre:本・雑誌 |
Category:積ん読記録 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<思いの外:購入履歴・新本編152 | ホーム | 微熱なる日々:購入履歴・新本編150>>
name
title
mail
url

[ ]
Trackback URL
http://kkkate.blog.fc2.com/tb.php/699-461ce5d0