RSS|archives|admin


<<イギリスドラマ『ホワイトチャペル 終わりなき殺意(シーズン1)』感想:★★☆☆☆ | ホーム | イギリスドラマ『刑事ヴァランダー(シーズン2)』感想:★★★★★>>

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

イギリスドラマ『時空刑事1973 ライフ・オン・マーズ(シーズン1)』感想:★★★☆☆

2014.02.16 Sun

時空刑事1973 ライフ・オン・マース DVD-BOX I
時空刑事1973 ライフ・オン・マース DVD-BOX Iマシュー・グラハム

ポニーキャニオン 2008-11-28
売り上げランキング : 134085


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



 ライフ・オン・マーズ。それはまるで火星で暮らすかのように。
 2006年。マンチェスター警察のサム・タイラー警部(ジョン・シム)は、連続女性殺人事件の捜査に必死になっていた。
 事件に関係していると確信した人物には、だが完璧なアリバイがあった。しかしサムの元恋人で現在の部下であるマヤ(アーチー・パンジャビ)は納得がいかない。彼女はサムに黙って調査に乗り出し、そして拉致されてしまう。
 彼女の窮地を知ったサムは慌てて車から飛び降り、そして後続車に轢かれた。
 地面に横たわるサムは、瞬きすらしない。そう彼は死んだ……わけではなかった。

 次にサムが目を覚ました時、彼の車も服もそれどころか道路すらも、古めかしい代物へと変わってしまっていた。目の前には、時代がかった衣装の警官が。
 サムはなんと、2006年から1973年へとタイムスリップを果たしたのだった。
 だがサム・タイラーの肩書きは警部から警部補に降格してはいたが、あった。異動届までちゃんと出ていたのだった。

 腑に落ちないことだらけながらも、警部補として働き始めたサム。だがそこは1973年。刑事は勤務中にも関わらず酒を呷り、女性蔑視と暴力と汚職が渦巻く時代。
 現代人であるサムには理不尽と思えることだらけの中、彼は上司であるジーン・ハント警部(フィリップ・グレニスター)と対立しながらも、必死に捜査を始める。
 この1973年に別れを告げて、2006年に戻るために。同じ場所のはずなのに、火星に来たかのような違和感だらけの中、サムの必死さが捜査チームを徐々に変えて行く。


 シーズン1は各50分の全8話。
 同じBBC制作ながら『刑事ヴァランダー』や『シャーロック』とは異なり、アメリカドラマのようにスッキリしない最終回を迎える。
 このシリーズはシーズン2までが既に制作され、ラストシーズンが現在制作中らしい。







 このドラマ、1973年という時代設定が抜群に良い。理解出来ないほど遠いわけではなく、けれども現在の生活の根幹を担うパソコンや携帯電話というアイテムはまだ存在していない。
 私は詳しくないので全く分からなかったが、当時のイギリスを知る人ならば登場する小道具や音楽などにニヤニヤ出来るのだろう。
 また舞台となる二つの時代が1973年と2006年なので、どちらにも存在する人物がいても全く不思議ではないのが良い。
 実際に主人公サムは、1973年当時は4歳なのだ。彼はまだ若い自分の母親や父親と出会う。シーズン1最終話に至っては、己の家族に訪れた不幸を防ごうと必死に働くのである。
 サム以上にこのドラマの根幹を担うキャラクターであるハントや、サムに最も親切にしてくれる女性警官アニー・ノリス(リズ・ホワイト)も2006年現在でも存在しているのだろうか。
 年老いた彼らに会うのは、なんだかとても抵抗があるが。

 更に時折サムに届く現在の音もまた良い。どうやら2006年の彼は病院に運ばれたものの、昏睡状態にあるらしい。
 反応もない彼に対して、生命維持装置を切るかどうかの医者と家族の相談の声が聞こえてくる。
 必死に己が生きていると主張する1973年のサムだが、その努力も虚しくついに栄養チューブが外される日時が決められてしまい……と、ドラマ内で展開する事件とは別に、サムがどうなってしまうのかとハラハラさせる展開は上手い。

 だが疑問は募る。
 どうしてサムはタイムスリップをしてしまったのか。何故1973年にもサムの居場所があるのか。2006年に発生した彼の恋人が連れ去られた事件はどうなったのか。
 全ては明らかとならないまま、シーズン1は幕を下ろす。



 再度のhuluネタ。これだけドラマやドキュメンタリーを見ても月980円とか素晴らしいですね。
 iPhone、パソコン(Windows)、WiiUと複数のデバイスを使い分けながら見たけれど、ちゃんと履歴で問題なく渡り歩けるのも素晴らしい。ただWiiUのUIはもうちょっとなんとかしてください。

 タイトルからNHKの『タイムスクープハンター』の刑事版的なものかと思い、全く興味が湧かなかったのだけれど、huluの自動再生機能をオンにしていたら『刑事ヴァランダー』の後に勝手に始まった。
 しかも配信が今日までと知ったので、せっかくなので見てみたらこれが意外と面白くて、最終話まで辿り着けないと成仏が出来ない状態に陥り、私は睡眠時間を犠牲に捧げる羽目に。
 huluはこの手の「ついで見」や「なんとなく見」が出来るのが良いですね。
 いくら見ても月額料金が変わらないから、気軽に見始められる。つまらなかったらサヨナラするのも一瞬だしね。

 ……とりあえず、『時空警察 ライフ・オン・マーズ』のシーズン2もください、huluさん。



覚え書き(本以外のあれこれ):海外ドラマ
より詳しくは右カラムのカテゴリから選択してください。



関連記事:
イギリスドラマ『刑事ヴァランダー(シーズン1)』感想:★★★★☆
イギリスドラマ『シャーロック・ホームズの冒険 ハイビジョン・リマスター版(シーズン1)』感想:★★★★☆
イギリスドラマ「シャーロック・ホームズの冒険『バスカビル家の犬』ハイビジョンリマスター版」感想:★★★★☆
イギリスドラマ『刑事ヴァランダー(シーズン2)』感想:★★★★★

Theme:海外ドラマ(欧米) | Genre:テレビ・ラジオ |
Category:映画その他感想 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<イギリスドラマ『ホワイトチャペル 終わりなき殺意(シーズン1)』感想:★★☆☆☆ | ホーム | イギリスドラマ『刑事ヴァランダー(シーズン2)』感想:★★★★★>>
name
title
mail
url

[ ]
Trackback URL
http://kkkate.blog.fc2.com/tb.php/696-62fab8ee