RSS|archives|admin


<<イギリスドラマ『刑事ヴァランダー(シーズン2)』感想:★★★★★ | ホーム | ドキュメンタリー『宇宙へ~冷戦と二人の天才~』感想:★★★★★>>

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

イギリスドラマ『刑事ヴァランダー(シーズン1)』感想:★★★★☆

2014.02.15 Sat

刑事ヴァランダー シーズン1 DVD-BOX
刑事ヴァランダー シーズン1 DVD-BOX
角川書店 2011-07-07
売り上げランキング : 68095


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



 またしてもhuluで見たよ。配信期限が今月16日までなのが悔やまれる秀作。
 黄色が印象的なオープニングなのに、DVD-BOXのデザインには採用されていなくて心底残念。

 私生活が崩壊しそうな中年刑事が仕事に打ち込む、とのよくあるドラマだと最初は思っていたが、これがこれが。
 徐々に明らかになる事件の真相が照らすのは、人間の闇。関係者たちが中核を語らないのは、それが語れないからだと知る。
 ああもう止めてくれ。何度もそう願うけれども、ドラマは止まらない。止められない。
 私生活どころか精神的にも崩壊しそうになりながらも、中年刑事クルトは真っ直ぐに真実を追い求める。その行為自体が、彼が彼である根源すらをも揺らしても。

 各シーズンは全3話、各90分。タイトルはそれぞれ「目くらましの道」、「混沌の引き金」、「友の足跡」。
 舞台となるのはスウェーデンで表記もあちらの文字だが、台詞は全部英語というちょっと謎めいた状態。
 ロケ自体もスウェーデンで行ったそうだ。

 それと死体が何気にグロいので、その手のが苦手な方はご注意ください。







 主役はヴァランダー。クルト・ヴァランダー。スウェーデンの都会とは言いがたい街にある警察署に勤務する警部。
 妻とは別居中。どちらかに恋人が出来たら別れようと約束していたが、最近妻には恋人が出来たらしい。未だ彼女への愛着を捨てられないクルトは、妻からの電話を無視し続けている。
 離れて暮らす高齢の父親は、最近様子がおかしい。どうやら何かの病気を抱えているらしい。
 唯一の心の支えは娘だが、仕事に打ち込みすぎるクルトは彼を心配してくれる彼女の気持ちを踏みにじり気味で……。


 第一話の「目くらましの道」は、衝撃的な開幕を見せる。
 クルト(ケネス・ブラナー)が向かった先、向日葵の真っ黄色な色も眩しい花畑。その中央には怯えた表情の少女が。
 クルトが己の身分を明かし近付いた途端、彼女は灯油を被って火を点けた。それはまるでクルトに恐怖したかのように。
 彼女の自殺にショックを受けるクルトの元に、事件の一報が入る。元法務大臣が殺されたのだと言う。
 だがそれは連続殺人の始まりでしかなかった。

目くらましの道 上 (創元推理文庫) 目くらましの道 下 (創元推理文庫)


 「混沌の引き金」では、少女二人によるタクシー運転手殺害から全てが始まる。
 簡単に逮捕された二人は、しかし反省の様子を見せない。しかも彼女たちが奪ったのは少額であり、しかも主犯と覚しき娘は金に困ってはいなかった。
 ならば何故殺したのか。クルトが疑問を抱く中、警察署のシステムの入れ替え作業の余波により、主犯の彼女の逃走を許してしまう。
 一方、クルトの同僚フーグルンド(サラ・スマート)は、広場の真ん中で死んでいた男の捜査を行っていた。
 死因は心臓麻痺、つまり単なる突然死かと思われたが、彼の元妻の証言によれば最近彼は健康診断に行っており、そこで心臓は健康だと太鼓判を押されたばかりであった。
 何の関連もないと思われた二つの事件は、徐々に奇妙な関連性を見せ始め……。


ファイアーウォール 上 (創元推理文庫) ファイアーウォール 下 (創元推理文庫)


 シーズン1最終話は、「友の足跡」。クルトの同僚であり彼が友人だとも思っていたカッレ・スヴェードベリ(トム・ベアード)が殺された。
 カッレが死の直前に何かを話そうとしていたことを思い出したクルトは、彼の死の真相を探るべくカッレの家を捜索する。彼が見つけたのは、少女三人の失踪事件に関する写真と、そして謎の金髪女性の写真。
 未だ未解決の失踪事件がカッレの死に関係していると見たクルトは、唯一失踪を免れた少女に接触する。

背後の足音 上 (創元推理文庫) 背後の足音 下 (創元推理文庫)


 第一話二話ともに強姦事件絡みで後味は最悪である。二話は死体がグロい。グロすぎる。
 三話は途中で話の展開が読めてしまったのが残念だった。でもこれ、クルトは辛いだろうなぁ。

 この刑事ヴァランダーには原作小説がある。作者はヘニング・マンケル。
 「目くらましの道」の原作タイトルはそのまま『目くらましの道』。原作ではシリーズ5作目。
 「混沌の引き金」は『ファイアーウォール』。シリーズ8作目。
 「友の足跡」は『背後の足音』。シリーズ7作目。

 ドラマがとても面白かったので、原作も読んでみようかな。
 原作は知らないが、日本語版は『ファイヤーウォール』が最新で発売日は2012年9月。だいたい1年毎に刊行されいるのに、2013年は刊行されていないあたり嫌な予感が……。



覚え書き(本以外のあれこれ):海外ドラマ
より詳しくは右カラムのカテゴリから選択してください。


関連記事:
イギリスドラマ『刑事ヴァランダー(シーズン1)』感想:★★★★☆
イギリスドラマ『シャーロック・ホームズの冒険 ハイビジョン・リマスター版(シーズン1)』感想:★★★★☆
イギリスドラマ「シャーロック・ホームズの冒険『バスカビル家の犬』ハイビジョンリマスター版」感想:★★★★☆
アメリカドラマ『ホワイトカラー(シーズン1)』感想:★★★★☆

Theme:海外ドラマ(欧米) | Genre:テレビ・ラジオ |
Category:映画その他感想 | Comment(0) | Trackback(1) | top↑ |
<<イギリスドラマ『刑事ヴァランダー(シーズン2)』感想:★★★★★ | ホーム | ドキュメンタリー『宇宙へ~冷戦と二人の天才~』感想:★★★★★>>
name
title
mail
url

[ ]
Trackback URL
http://kkkate.blog.fc2.com/tb.php/694-547414ed

刑事ヴァランダー

2016年6月にシーズン1を見終えた。 主人公のヴァランダーは決してスーパーヒーローではなく、実に人間味あふれる中年のオッサンで、目の前で発生する事件に少なからず動揺したり、人に言われた…
海外ドラマ新番組情報 2016.06.28 16:00