">
RSS|archives|admin


<<ドキュメンタリー『地球を学ぶ:地質学』感想:★★★★☆ | ホーム | ドキュメンタリー『ナチス潜水艦U-745の謎』:感想★★★★☆>>

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

ドキュメンタリー『大実験! ホントにできるの?』感想:★★★☆☆

2014.02.06 Thu

大実験! ホントにできるの?


 今月9日にhuluから消えてしまうナショナルジオグラフィックのドキュメンタリーを、この瀬戸際にせっせと消化中。
 画像は該当ドキュメンタリーのタイトル画面より。
 今更知ったけれど、原題は"HOW HARD CAN IT BE?"なのかい。「できる/できない」がメインなら、正直失敗が多すぎるよ……と思っていたけれど、「どれだけ難しいか」がメインなら納得だ。

 『大実験! ホントにできるの?』は全3回。「空飛ぶ家」、「手作り海中ロボット」、「自家製宇宙ロケット」、各45分。
 個人的な好みとしては、「空飛ぶ家」は星4つ、他は2つ。








 実験系の人間はよく言う。「やってみれば良いじゃん?」と。そんな訳で、本当にやっちゃったのがこのドキュメンタリー。
 「爆発以外でこんなに興奮したのは初めてだよ」なんて台詞がいかにもアメリカン。

 電気工学が専門のヴィンをリーダーとするチームは、彼の長年の友人で機械工学が専門のポール、そして建築会社を経営するエリックの総勢三人。
 実験テーマによって専門家や協力者を加えながら、彼らは少ない予算と少ない時間で必死に頭を絞り、睡眠時間を削りながら組み立てに奮闘する。



 第一回「空飛ぶ家」では、アニメ映画『カールじいさんの空飛ぶ家』の如く、風船で家に空を飛ばせる。勿論、人を乗せて!
 果たして本当に風船で家を飛ばすことが出来たのかどうかは、視聴してのお楽しみ。

 第二回「手作り海中ロボット」では、低予算と短い工期&普通の金物屋で買った部品たちだけで深海に挑む。目指すのは深海撮影!
 本来ならば専門家が莫大な予算と長い時間を掛けて作る深海探査機に、彼ら深海素人三人がどこまで迫れたのか。

 最終回は「自家製宇宙ロケット」。宇宙の定義からロケットが働く仕組みまで説明してくれて、その点楽しい。
 火薬を増やせばもっと飛ぶかも、からのロケット炎上事件は笑いのツボに入ってしまった。
 失敗が楽しいのは、人を乗せる関係上失敗が笑えない第一回と、水圧に負ける様がどこか悲しい第二回と違い、今回は地面の上での実験だからかもしれない。
 趣味で宇宙ロケットに挑む人たちがいるあたり、アメリカって広いなぁと思わされた。実は日本にもいたりするのかもしれないが。
 NASAの定義する宇宙への到達を早々に諦めた三人が、それでも地球が丸い様を映像に収めたいと高見を目指す姿と、その顛末はなかなか素敵。
 なにが素敵って協力してくれる長年ロケットを趣味にしてきた人が、良い人なところ。この手の人って偏屈で、新人に冷たい印象があるし。って全く同様の説明が作中に入っていて笑ってしまったけれど。



 何だかんだ良いながらも、私はこの手の番組大好きなので、他のシーズンがあるなら下さいhuluさん。
 この際、似たような別の番組でも良いんで!

 この『大実験! ホントにできるの?』はhuluで今月9日まで視聴出来ます。お早めに。


覚え書き(本に纏わるあれこれ):ドキュメンタリー
より詳しくは右カラムのカテゴリから選択してください。


関連記事:
ドキュメンタリー『ナチス潜水艦U-745の謎』:感想★★★★☆
ドキュメンタリー『魔女狩りマニュアル』感想:★★☆☆☆


Theme:ドキュメンタリー動画 | Genre:テレビ・ラジオ |
Category:映画その他感想 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<ドキュメンタリー『地球を学ぶ:地質学』感想:★★★★☆ | ホーム | ドキュメンタリー『ナチス潜水艦U-745の謎』:感想★★★★☆>>
name
title
mail
url

[ ]
Trackback URL
http://kkkate.blog.fc2.com/tb.php/687-aee9adab