RSS|archives|admin


<<ドキュメンタリー『ナチス潜水艦U-745の謎』:感想★★★★☆ | ホーム | Чего люблю я?:購入履歴・新本編149>>

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

映画『サラゴサの写本』感想:★★★★☆

2014.02.05 Wed

サラゴサの写本 Blu-ray
サラゴサの写本   Blu-ray
紀伊國屋書店 2014-01-25
売り上げランキング : 3507


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 骸骨、また骸骨、そして首吊り屍体。層を変え、あるいは変えずに只管繰り返される堂々巡り。そうここは、神の手の及ばぬ地サラゴサ。
 ただの人の身なれば、出来ることはただ一つ――逃げ出すことのみ。果たして逃げ切れるものなのかは、分からぬけれど。

 時はナポレオン戦争時代。サラゴサでは戦闘が激化していた。
 とあるフランス軍将校は敵に囲まれ、半ば廃屋と化した宿屋へと逃げ込む。そこで見つけたのは、一冊の大判本。
 美しい絵の入ったそれに将校が魅入られている間に、宿屋はスペイン軍に制圧されてしまった。だがフランス軍の将校は動じず、本を読み終わるまで待てと言い放つ。
 それに対してスペイン軍将校は、その物語の主人公が自分の祖父であることに気が付き、フランス軍将校のためにその本を翻訳しつつ読み上げてやることにする。
 将校の口が紡ぐのは、アルフォンスの不可思議な物語。
 







 この映画では、物語は人の口によって語られる。口から口へと語られ伝達される物語は、常に一度限りのものだ。それは語られる度に細部を変え、徐々にその全体像すらをも揺るがせていく。
 最初はスペイン軍の将校が読み上げる形でスタートした物語は、物語の中の登場人物が語る、との形式で徐々に層を深めていく。
 異なる立場、異なる経験を持つ人々が語ることにより一つの出来事が何度も角度を変えて語られる、あるいは異なる出来事が同じような形容で語られることとなり、一つの真実が明らかになりまた一つの説明が無効化される。
 最終的には層は次々と閉じるのだが、最初の層である「スペイン軍将校が読み上げる」だけは閉じられない。映画が終わってもまだ、彼は読み終えてはいないのだ。
 しかし、その彼こそはアルフォンスの孫でもある。この物語る者と物語られる者との捻れた関係により、本作は単純なる入れ子状との理解を撥ねのける。
 そもそも映画のスタート時点となる将校二人のいる倒れそうな二階建ての宿こそがベンタ・ケマダ、アルフォンスが美しい姉妹に誘惑され、また何度も何度も立ち戻る場所、なのだから単純な理解は根本的に拒絶されているのだ。


 アルフォンス=キリスト教徒、彼を誘惑するゴメレス家の姉妹=イスラム教徒、の図がちょっと気になると言えば気になるところ。原作通りではあるんですけどね。
 そう言えば、原作の日本語完全版はまだですかね。出る予定くらいはあるんですかね。
 アルフォンスを一時的に救った隠者と、ゴメレス家の長老を演じるのが同じ俳優なのには意図が感じられてなかなか素敵。
 ラスト付近のアルフォンスがもう一人の自分を見つけて近寄ったら……の展開も好みだ。



 再生機との相性が悪かったのか、二三の箇所で音と画像がパラパラ漫画状態になってしまって残念。
 どこから再生させても同じところで同じ現象が起こったので、再生機の具合が悪かったのではなくブルーレイの方に何らかの要因があったのではないかと思うのだが、他のブルーレイでも同じような症状を出していたので、ウチの再生機さんは普通なら気にならないところで引っ掛かるとても繊細な子なのだろう。
 まぁ三時間を超える長尺の映画に対して十秒程度×二三箇所なので、別に良いかなぁとも思ってみたり。


覚え書き(本に纏わるあれこれ):映画感想
より詳しくは右カラムのカテゴリから選択してください。


関連記事:
『サラゴサ手稿』感想:★★★★★
予定があるのは良いことさ:購入履歴・新本編136
映画『妖婆 死棺の呪い』感想:★★★★★

Theme:映画レビュー | Genre:映画 |
Category:映画その他感想 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<ドキュメンタリー『ナチス潜水艦U-745の謎』:感想★★★★☆ | ホーム | Чего люблю я?:購入履歴・新本編149>>
name
title
mail
url

[ ]
Trackback URL
http://kkkate.blog.fc2.com/tb.php/685-381ae0f5