RSS|archives|admin


<<映画『サラゴサの写本』感想:★★★★☆ | ホーム | 映画『ニューヨークの恋人たち』感想:★★★★★>>

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

Чего люблю я?:購入履歴・新本編149

2014.02.02 Sun


 この記事のタイトルはコレにしよう、と思った記憶はあるものの、どうしてコレにしようと思い付いたのかは覚えていない。
 とりあえず今日も積ん読日記。先日のお買い物。
 例年ならこの時期は割と元気だった気がするのに、今現在絶賛花粉症中。何が飛んでいるのか分からぬ。


猫語のノート (単行本) 猫語の教科書 (ちくま文庫)


 文庫に落ちるまで待とうとも思ったのだけれど、結局買ってしまった『猫語のノート』。
 『猫語の教科書』の方は文庫で持っているので、サイズが合わない状態に。
 『猫語の教科書』で紹介されているのと全く同じ方法で、過去に私は椅子を強奪されていたりする。まぁその椅子も壊れちゃったけれど。







シャーロック・ホームズの思考術


 今回のお買い物の目玉は、『シャーロック・ホームズの思考術』なのでした。
 ベネディクト・カンバーバッチ版『シャーロック』シーズン3の日本語版はNHKさんが5月にしてくれるそうだし、いやいや楽しみです。
 けれど同じくNHKが放送しているジェレミー版の『シャーロック・ホームズの冒険』は2月で終わりなのかしら……。

山羊の歌


 もう一冊は、「山羊」ではなく「小羊」だと思っていたせいで本屋を彷徨う羽目になった『山羊の歌』。
 あらすじは読んだが、どんな内容なのかよく分からない。読んでもよく分からないタイプの本な気もする。


千年の都 平安京のくらし


 最後だけ日本で『千年の都 平安京のくらし』。
 このタイトルで何故か『紫式部日記』の中宮彰子の出産に当たって、父親である藤原道長が男児の出産を祈願するために、僧をかき集めて護摩焚きさせたくだりを思い出した。
 読んだ時には「うわぁ、凄く煙たそう。そんな中で出産しなくちゃならないとか、時の権力者の娘も大変だな」と思ったものです。
 でも当時の日本家屋は機密性という概念そのものすら投げ捨てていそうだし、案外煙たくなかったのかも?

関連記事:
『黒猫・アッシャー家の崩壊 ポー短編集Ⅰゴシック編』感想:★★★☆☆
Theme:読書メモ | Genre:本・雑誌 |
Category:積ん読記録 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<映画『サラゴサの写本』感想:★★★★☆ | ホーム | 映画『ニューヨークの恋人たち』感想:★★★★★>>
name
title
mail
url

[ ]
Trackback URL
http://kkkate.blog.fc2.com/tb.php/684-80a9e960