RSS|archives|admin


<<Чего люблю я?:購入履歴・新本編149 | ホーム | 『未来の回想』感想:★★★★★>>

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

映画『ニューヨークの恋人たち』感想:★★★★★

2014.01.26 Sun


ニューヨークの恋人 特別編 [DVD]
ニューヨークの恋人 特別編 [DVD]
ハピネット・ピクチャーズ 2003-11-27
売り上げランキング : 69922


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 お正月シーズンに毎年放送されているイメージのある『ニューヨークの恋人』。
 基本的に捻くれており、月9ドラマを見ると発作を起こす恐れすらある私には完全に興味の範囲外な作品だったのに、正月早々Blu-rayレコーダーの予約録画の調子が悪く、その具合を見るために何となく『ニューヨークの恋人』を指定、そしてちゃんと撮れたか確認するべく再生させてたら、あら不思議。
 見事に嵌まった。

 「毎年毎年、正月になると放送しやがって。そんなに需要があるのか?」とか思っててスイマセンでした。
 これは正月早々に見たいわ。肩の力が抜けて、良いわ。
 設定の細かいところが気にならなくもないが、メグ・ライアンが可愛くて、ヒュー・ジャックマンが素敵なので、もうどうでも良いです、ハイ。
 ストーリーは王道まっしぐらだし、特に意表を突く展開があるわけでもないのに、見ていてワクワクして結末がどうなるのかドキドキする。
 なんだかとても悔しい一作。


 DVDはもう在庫限りのようだが、2月にBlu-rayが出るらしい。→ニューヨークの恋人
 定価2,500円が1,500円かー。Amazonだから、もう少し下がるかもしれないし。買おう、か、な……。







 スチュアート(リーヴ・シュレイバー)は過去へ行く方法を研究していた。ついに時空の穴を見つけた彼が辿り着いたのは、1876年のニューヨーク。レオポルド公爵(ヒュー・ジャックマン)の花嫁を選ぶためのパーティ会場であった。
 挙動不審のスチュアートに気が付いたのは、レオポルド公爵自身。スチュアートを追いかけてレオポルドが辿り着いたのは、現在のニューヨーク。

 過去と現在を結ぶ時空の穴が開くタイミングは決まっている。つまり次回その穴が開くまで、レオポルドは過去に戻ることが出来ないのだ。
 その間、レオポルドの世話を見ようとするスチュアートだが、エレベーターの発明者であるレオポルドが未来へ来てしまった影響でエレベーターが壊れたことに気が付かずに大怪我を負い入院を余儀なくされる。
 スチュアートの代わりに彼の部屋へ現れたのは、元彼女のケイト(メグ・ライアン)。けれどもスチュアートの説明を鼻で笑い、信じようとはしない。

 それでもレオポルドと接触を重ねる内に、彼の時代錯誤ではあるが真摯な態度に徐々に感化されていく。
 時空の穴が再度開く時期が近付く中、ケイトにセクハラ上司から昇進の誘いが。
 このまま誠実ではない仕事を続けるのか、それとも真摯なレオポルドと共にいるべきか。ケイトが下した選択とは。


 ラストシーン近くのケイトの飛び降りを警官に見られちゃった以上、彼女を見送ったスチュアートと弟クンは何かしらの責任を取らされるんじゃないかしら、と心配になってしまった。
 レオポルドの現代社会にビックリする描写は典型的すぎるものの、同じ典型的をやってもサッパリ面白くなかった『ダークシャドウ』を見た身としては、ちゃんと笑えるだけ偉大だと思うのです。

 「何年も付き合ってきたのに、何も得るところがなかったと」嘆くケイトに対して、スチュアートが返す「君と僕が付き合ったのは、レオポルドと君が出会うためだったんだよ」の台詞もよく考えると酷い。
 同じ女心分かりません組であるケイトの弟は、まだ若いだけはあってなのか可愛くて許せる不思議。
 レオポルドが現代に来たせいでエレベーターが消えたのなら、彼らの子孫はどうなったんだろう? どこかで断絶しちゃってたから無問題なの? などの疑問はいくつか浮かぶものの、ラストシーンでの二人の幸せそうな顔を見たら、全部もうどうでも良いや!
 

覚え書き(本に纏わるあれこれ):映画感想
より詳しくは右カラムのカテゴリから選択してください。


関連記事:
映画『ダーク・シャドウ』感想:★☆☆☆☆
日本ドラマ『山田くんと7人の魔女』感想:★★★☆☆
映画『ロミオ&ジュリエット』感想:★★★☆☆
映画『REDリターンズ』感想:★★★★☆
アメリカドラマ『クライアント・リスト(シーズン1)』感想:★★★☆☆

Theme:私が観た映画&DVD | Genre:映画 |
Category:映画その他感想 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<Чего люблю я?:購入履歴・新本編149 | ホーム | 『未来の回想』感想:★★★★★>>
name
title
mail
url

[ ]
Trackback URL
http://kkkate.blog.fc2.com/tb.php/683-59fceb45