RSS|archives|admin


<<ちゃらいくてちょろい:購入履歴・新本編147 | ホーム | アメリカドラマ『クライアント・リスト(シーズン1)』感想:★★★☆☆>>

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

『ニンジャスレイヤー 聖なるヌンチャク』感想:★★★☆☆

2014.01.15 Wed

ニンジャスレイヤー 聖なるヌンチャク 【ドラマCD付特装版】 (キョート殺伐都市)

ブラッドレー・ボンド, フィリップ・N・モーゼズ
エンターブレイン 2013-12-28
売り上げランキング : 1933
by ヨメレバ


 第一部の「ネオサイタマ炎上」が全4冊だったから、第二部「キョート殺伐都市」も4冊で完結するのだとばかり思い込んでいたが、そんなことはなかったぜ! な一冊。

 主人公だけでは物語は奏でられない。強大な敵が、仲間が、曰くありげな連中が響かす音があってこそ、主人公は際立ち、物語は魅力を増すのだ。
 そんな訳で、一貫して主役を張ってきたニンジャスレイヤーから少し離れて、彼の行く手を阻む大いなる壁、ダークニンジャに頁が割かれるのが本作の見どころ。

 このダークニンジャ、フジキドとはまた違った意味で背負う過去が重たく、加えて、彼の方がポテンシャル的にフジキドよりも上であり憑いているニンジャソウルも上位な強敵である。
 ただ「ニンジャ殺すべし」なんて闇雲な目的意識しか持たぬニンジャスレイヤーと同程度には、ダークニンジャの目的もまたあまりに壮大ではあるのだけれど。
 己の現在に拒絶を叫び、己が己になった所以の全てを破壊し尽そうとする両者が迎える未来とは、一体どんな者なのでありましょうや。


 収録作品は以下。
・「カース・オブ・エンシェント・カンジ・オア……」
・「システム・オブ・ハバツ・ストラグル」(初翻訳)
・「ディフュージョン・アキュミュレイション・リボーン・ディストラクション」
・「……ザ・シークレット・オブ・ダークニンジャ・ソウル」
・「アウェイクニング・イン・ジ・アビス」
・「シャドー・コン」







 「カース・オブ・エンシェント・カンジ・オア……」で明らかになるのは、ダークニンジャとなる以前の一介の人間フジオ・カタクラの過去。妖刀ベッピンとの出会い。そしてダークニンジャとしての彼の人生の始まり。

 フジオには幼い頃から疑問が一つあった。彼の背にある痣のことだ。それは漢字にも見える。
 その謎めいた痣が彼の一族に綿々と引き継がれてきた刻印であり、それが彼の先祖の犯した罪が故とフジオが知るのは、まだ先の話。
 フジオがまず知るのは、彼の家庭に余裕がなくなってきたとの事実であった。己の痣の謎を解くべく学者になりたい、そんな無邪気な夢を抱く彼に、重たい現実が襲い掛かる。


 フジオ=サン、あんたにも色々あったのね、な一作。フジオ・カタクラのどちらが苗字でどちらが名前かすらも、謎なままだけれど。
 ちなみにこの話、後に収められている「……ザ・シークレット・オブ・ダークニンジャ・ソウル」とペアになっている。



 勤め人は辛いよ、な「システム・オブ・ハバツ・ストラグル」。
 ただし一般的なサラリマン(誤字にあらず)ならば「首が飛ぶ」は比喩でしかないが、ザイバツ・シャドーギルドに所属するニンジャの場合だとリアルに首が飛ぶ。
 上司イグゾーションの突然の死去により、寄る辺を失ったデトネイター。他の派閥から引き抜きが来ることを切望する彼だが、自ら動くには己のプライドが邪魔をする。
 自身への評価と、他者が与える評価の差に歯噛みしている間に、彼の預かり知らぬところでその立場は危機へと急降下していたのであった。



 「ディフュージョン・アキュミュレイション・リボーン・ディストラクション」。
 フジキドをニンジャに変えたナラク・ニンジャのソウルは、通例に背き、憑依者フジキドの精神内で呪わしき自我を保ち続けた。
 だがそれも、フジキドに酷使されるまでのこと。今のナラクはフジキドの精神の中で、深い深い眠りについていた。
 ナラク・ニンジャの能力を最も引き出せるのはナラク自身。更に謎多き彼は、他のニンジャ・ソウルのことをも良く知っていた。

 力と知識。彼の協力なくしては今後の戦に勝ち続けるのは難しい。そう覚悟を決めたフジキドは、ナラクを眠りからたたき起こすべく、他人の精神に潜り込むジツ(術)を駆使するニンジャ・シルバーキーの協力を取り付ける。
 ナラクの眠りを解く鍵はマルノウチ・スゴイタカイビル、フジキドにとって悲劇の場所、そして彼とナラクが出会った場所、にあるとナラクは暗示する。
 フジキドとカタオキは、ナンシーが紹介したテンサイ級ハッカー・シバカリと共に、因縁の地であるスゴイタカイビルへと向かうのであった。

 だがそのビルに縁があるのは、フジキドだけではなかった。彼に悲劇を味わわせた根源、それはこの地で行われたザイバツ・シャドーギルドとソウカイ・シンジケートが血で血を洗う抗争。
 ソウカイヤ亡き今、その地を曲がりなりにも引き継いだアマクダリ・セクトと、ザイバツが再度火花を散らす。そして、ナラクの秘密が今……。


 シルバーキーがニンジャスレイヤーに協力する理由が凄く良いなぁ、と。
 他人から見ればくだらないことでも、本人にとっては理由になり得る。そんな小さな出来事を忘却の淵に投げ捨てることなく持ち続けるカタオキって、可愛い男すぎるわ。
 でもどうして彼にだけ、バーバガヤが美女に見えたのだろう。煩悩の成せる技なのか?
 それと何気にザ・ヴァーティゴ=サンが初登場。登場の仕方が斬新! ニンジャスレイヤーとはまた違う意味で。



 「カース・オブ・エンシェント・カンジ・オア……」と対を成すのが、「……ザ・シークレット・オブ・ダークニンジャ・ソウル」。
 舞台はキョート・リパブリックは観光客で溢れるアッパーガイオン。カチグミたちが闊歩する町はしかし、突如悲鳴に覆われることとなる。
 無差別テロに走ったのは、凶悪非道な上に、強力な野良ニンジャ四人。主導はデスドレインだ。
 このキョートの評判に傷を付ける行為に、ザイバツが黙っているはずはない。凶悪ニンジャの排除に投入されたのは、ダークニンジャと、グランドマスターであるニーズヘグの二人。ダークニンジャの手には、鍛えなおされた妖刀ベッピンが輝いていた。
 並みのニンジャではすぐに消し炭になってしまう極限状態で、彼ら二人は果たして敵に打ち勝つことが出来るのだろうか。


 この巻だけでどれだけ人気取りに来てんだよ、ダークニンジャ=サン!
 なんだかニンジャスレイヤーの影が薄いよ。
 己の欲するところのためにひたすら鍛錬に打ち込むダークニンジャやニンジャスレイヤーのプロフェッショナルさに対して、鮮やかな対比を見せるデスドレインの設定も素敵だ。
 ジツだけでここまでやれるだなんて、デスドレインに憑依したニンジャソウル強力だなぁー。ヤモト=サンに憑いたシ・ニンジャもかなり上位のニンジャのはずなのに、この差。素養的なものがあるのかな。



 「アウェイクニング・イン・ジ・アビス」は、「……ザ・シークレット・オブ・ダークニンジャ・ソウル」の直後の物語。
 ダークニンジャとニーズヘグの二人のザイバツ・ニンジャの前に、敗北を味わうこととなったデスドレインと、深刻な怪我を負ったランペイジ。
 何とか死闘を生き延びた彼らが襲ったのは、闇サイバネ施療院。治療のためだ。だが彼らに押し入られた施療院が無事で済むわけもない。
 しかし彼らが唯一殺さなかった相手がいる。それは施療院の主である闇医者の娘だ。デスドレインは彼女はニンジャソウルの憑依者だと言うのだが。
 先の戦いでダークニンジャに敵意を抱いたデスドレインは、彼に復讐すべく近場で見つけたザイバツ・ニンジャを殺害する。
 そのニンジャが言うには、ダークニンジャはアンダーガイオンの最下層のコフーン遺跡で何やら計画を実行しているらしい。情報を信じた彼らは、早速、件の遺跡へと向かう。

 一方のニンジャスレイヤーもコフーン遺跡へと向かっていた。アンダーガイオン最下層は、彼には縁のある地だ。かつてここで起こった殺戮を、彼は止められなかった。
 だから今回こそは、ダークニンジャの先手を取るのだ。

 ダークニンジャに敵意を抱く二組の敵が迫る中、コフーン遺跡ではシャドウヴィーヴがこのミッションの指揮官であるジルコニアを見張っていた。ジルコニアに反ザイバツの気配ありとされたが故だが、しかしその動きはない。
 初の単独ミッションに緊張を漲らせるシャドウヴィーヴ。これを無事に終わらせ、ダークニンジャの信頼を少しでも得たいと欲する彼ではあったが……。

 目指せ、遺跡の最奥! そこに眠るのは、三種の神器の一つである聖なるヌンチャクと、古代のコーデックス。
 果たして、それらを手に入れるのは誰なのか。


 おぉ、コーデックスが。
 デスドレインはまだしも、ニンジャスレイヤーが遺跡に赴く動機付けが弱いかなぁと思う一作。
 けれどもまぁ私は書籍版しか読んでいないし、まだ未収録の話の中にその説明となるものがあるのかもしれない。



 キョートの奥深き闇の中で、ひそやかに行われるのが違法格闘大会「シャドー・コン」。主催はザイバツ・シャドーギルトのグランドマスターであるサラマンダーだ。つまりこの大会は、ザイバツの支配下にあるのだった。
 暗黒大会シャドー・コンで定期的に行われる最も罪深き催しは、ニンジャ同士の殺し合いトーナメントである。
 今年のトーナメントでは、賭博に熱を上げる客に衝撃が走った。とんでもない番狂わせが起こったのだ。
 なんと前評判は散々であったアイアンリングが、勝ち上がってきた。このアイアンリング、実は先日のスパークリングの際に敵の卑劣な罠により選手生命どころか命そのものすら怪しいはずであったのに、この強さ。明らかにおかしい。
 実はこのアイアンリング、別人と入れ替わっていたのだ。その正体はもちろん……。
 彼の目的は、トーナメントを取り仕切るザイバツのグランドマスター・サラマンダー。そしてサラマンダーに捕らえられている恩師の娘ユカノの奪還。


 久しぶりのユカノ=サン。なんだか大変なことになっている模様。
 ユカノ=サンにこうして再度光が当てられたということは、最近影の薄いナンシー=サンにも期待して良いのかなー。

 ちなみに次巻では第二部でのニンジャスレイヤーの相棒的存在、タカギ・ガンドーの重要な逸話が語られる模様。


ジャンル別:ライトノベル|出版社別:エンターブレイン
より詳しくは右カラムのカテゴリから選択してください。


関連記事:
『ニンジャスレイヤー ザイバツ強襲!』感想:★★★☆☆(キョート殺伐都市 #1)
『ニンジャスレイヤー ゲイシャ危機一髪!』感想:★★★★☆(キョート殺伐都市 #2)
『ニンジャスレイヤー 荒野の三忍』感想:★★★☆☆(キョート殺伐都市 #3)
ニンジャで終わり、ニンジャで始まった:購入履歴・新本編144
『ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上1』感想:★★★★☆

Theme:読んだ本。 | Genre:本・雑誌 |
Category:星3つ:★★★☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<ちゃらいくてちょろい:購入履歴・新本編147 | ホーム | アメリカドラマ『クライアント・リスト(シーズン1)』感想:★★★☆☆>>
name
title
mail
url

[ ]
Trackback URL
http://kkkate.blog.fc2.com/tb.php/679-332712ac