RSS|archives|admin


<<アメリカドラマ『ホームランド(シーズン1)』感想:★★★★☆ | ホーム | 映画『REDリターンズ』感想:★★★★☆>>

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

アメリカドラマ『アンダー・ザ・ドーム(シーズン1)』感想:★★★☆☆

2013.12.29 Sun

アンダー・ザ・ドーム 上 アンダー・ザ・ドーム 下
※画像は原作小説


 無料のBS放送Dlife(BS 258)で放送されていた、『アンダー・ザ・ドーム(シーズン1)』。
 いっそ清々しいまでのクリフハンガーで、次のシーズンはいつだよと思ったら、アメリカ本土でも2014年夏放送予定だった。
 に、日本にはいつ、いつ……。


 舞台となるのは、田舎町チェスターズミル。
 そこでは何故か大量のプロパンガスが運び込まれていた。この謎の搬入には、中古車販売を営み町政委員の一員でもある通称ビック・ジム(ディーン・ノリス)と、警察署長、牧師の三人が関与しているようなのだが。
 彼らの動きを察知した市民から情報提供を受けた新聞記者ジュリア・シャムウェイ(レイチェル・レフィブレ)は、この謎を解こうとするのだが。

 取り立て屋デイル・バーバラ(マイク・ヴォーゲル)、通称バービー、は仕事のためにチェスターズミルを訪れていた。だが取り立ては上手くいかず、遂に相手を殺害してしまう。
 やむにやまれず死体を森に埋めたバービーは、町を後にしようと車を走らせていたが、その途中、突如空から巨大な「ドーム」が落ちてきた。
 運転を誤ったことで「ドーム」との衝突を避けられたバービーだが、彼ほど幸運な人ばかりではなかった。
 「ドーム」によって切断される体、衝突する車、飛行機、鳥。
 ただの田舎町だったチェスターズミルは突如、隔離された土地と化してしまった。

 閉ざされた空間で、徐々に狂っていく歯車。
 ビック・ジムは己の権力志向を剥き出しにし、彼の計画の妨げとなる人間たちを武力と策略で抹殺し始める。
 彼の息子ジュニア(アレクサンダー・コック)は、自身を振った恋人アンジー・マカリスター(ブリット・ロバートソン)を監禁し、彼女の弟ジョー(コリン・フォード)は奇妙な発作を起こして倒れた。
 バービーと同じく偶然チェスターズミルを訪れていた問題児ノリー・カルバート=ヒル(マッケンジー・リンツ)もまた、ジョーと同一の発作を起こし、全く同じ文句を口にした。
 ピンクの星が降ってくる。

 この文句は一体どういう意味なのだろうか。
 突如現れたこの透明なドームは、果たして何なのだろうか。そして一体誰がこれを作り、このチェスターズミルに設置したのだろうか。
 そして、ピンクの星とは一体?
 謎が謎を呼び、人間関係もまた複雑に交差していく。







 ぶっちゃけてしまうと、何事も別段解決もしなければ判明もしない。少なくともこのシーズン1では。
 この町の人たちは何故疑問を抱かないんだ、とか、治安悪くなるの早すぎるよね、とか、つまりはご都合主義だと思うところはあるにはあるが、己が正義で善人であると信じ敵対する相手を悪だと気軽に断言するザ・アメリカな感じは見所である。
 彼らの交差する主張にどんな結着が付くのかは、楽しみである。つまり早くシーズン2をくれ!


 謎多き男バービーの素敵さにニヤニヤしたり、彼とジュリアとの関係進展の早さに驚愕したり、バービーの殺した男とジュリアに深い関係があることが判明して動転したりと、人間関係を眺めているだけでもそれなりに楽しい。
 ビック・ジムが徐々に剥き出しにする権力志向と、それをジュニアやバービーに説明するために纏う「正義」という詭弁の奇妙さ。それをビック・ジム本人が意識しているのかいないのか。

 いい歳した大人の関係も複雑だが、若い世代にだって色々ある。
 父の権力志向に振り回されるジュニアが、アンジーへ向けるストーカー男特有の強烈な所有欲。
 監禁されてもへこたれず、恐れずジュニアに立ち向かい、場合によっては甘言で彼を上手く運転するアンジーの逞しさ。
 彼女の弟ジョーは素直さ担当で、見ていてただ気持ちが良い。
 またジョーと良い感じになる問題児ノリーの変化も、気持ちが良い。女性同士の夫婦の間に生まれ、両親ともに「ママ」なんて複雑な環境に育った彼女に襲いかかる苦境と、それを乗り越えていく様には素直に共感出来る。


 チェスターズミルを覆った透明な「ドーム」が一体何なのか、そしてそこに閉じ込められた彼らの行く末がどうなるのか、つまりは早くシーズン2をください。


覚え書き(本以外のあれこれ):海外ドラマ
より詳しくは右カラムのカテゴリから選択してください。


関連記事:
アメリカドラマ『バーン・ノーティス 元スパイの逆襲(シーズン2)』感想:★★★★☆
アメリカドラマ『ホワイトカラー(シーズン1)』感想:★★★★☆
アメリカドラマ『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則(シーズン1)』感想:★★★★☆
日本ドラマ『リーガルハイ(シーズン2)』感想:★★★★☆
日本ドラマ『DOCTORS 2 最強の名医』感想:★★★★☆

Theme:海外ドラマ | Genre:映画 |
Category:映画その他感想 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<アメリカドラマ『ホームランド(シーズン1)』感想:★★★★☆ | ホーム | 映画『REDリターンズ』感想:★★★★☆>>
name
title
mail
url

[ ]
Trackback URL
http://kkkate.blog.fc2.com/tb.php/666-c34acc68