RSS|archives|admin


<<今年の残るところ:購入履歴・新本編143 | ホーム | 新☆ハヤカワ・SF・シリーズ第1期ラインナップと文庫化状況>>

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

『原子の帝国』感想:★★★☆☆

2013.12.26 Thu


原子の帝国 (創元SF文庫)

A.E. ヴァン・ヴォークト
東京創元社 1966
売り上げランキング : 88128
by ヨメレバ



 表題作「原子の帝国」に加えて、「見えざる攻防」を収録。

 「原子の帝国」、主人公となるのはクレイン。
 舞台は人類が太陽系の各惑星にまで生息域を広げた遠未来。だが、原子力その他の科学の原理は忘れられてしまっていた。
 クレインはリン帝国の皇帝の息子夫婦の子として生まれたが、しかし、母親の不注意故にミュータントとしてこの世に生を受けることとなった。
 生まれた彼を即刻抹殺しようとする皇帝一族の意向を覆すべく、奮闘したのは神殿科学者のジョクイン。
 ジョクインはミュータント、神の子、に普通の教育を施せばどうなるのか試してみたかったのだ。ミュータントは仲間から迫害されるが故なのか、どれも短命でまともな大人には育たたないのが通例であったから。
 彼の命がけの抗議により生きることを許可されたクレインは、ジョクインの教育の元に成長し、ジョクインや皇帝をも驚かすほどに利発な青年へと変貌を遂げつつあった。
 リン帝国に脅威が忍び寄る中、望まれぬ存在であったクレインは、帝国の存亡のために動き出す。


 「見えざる攻防」で主人公となるのは、マイクル・スレード。
 彼はある日、交通事故に遭った。額に負った大きな切り傷の下から見付かったのは、第三の目。
 スレードは長らく、己の額になにやら柔らかい部分があることを知ってはいたが、それが「目」であることを事故によって初めて知ったのだ。
 三ツ目の夫に驚愕したスレード夫人は、皮膚移植により三つ目の目を隠すことを願うが、スレード本人は新たな目の視力矯正を試みることを決意する。
 この目の存在により妻や今までの人間関係を失いつつあるスレードは、その一方で三つ目の目により新たな次元の地球を見いだしつつあった。
 その次元の地球では、他人の血を啜る人間が跋扈していた。しかもスレードは、その世界を一変させる鍵を握っていると言われ……。







 ミュータントと言われると、何故だか昔昔テレビで見たアニメ『ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ』(ちなみに正式名称は今知った。ずっと『ミュータント・タートルズ』だと思っていた)が頭を走り抜けて行く上に、イギリス王室が蜥蜴な『革命の倫敦』を読んでいたために、リン皇室の皆は緑色の皮膚をした冷血動物だと思っていた、割と後半まで。ミュータント・タートルズ -TMNT- 特別版 [DVD]

 母親の失態で放射能汚染でミュータントの子供が生まれる、という設定は最近のご時世だと厳しいだろうなー、とか割とどうでもいいことを遠い目で思ったりもしてしまったが、しかしこのクレインに対する家族の反応がなかなか良い。
 最初はミュータントであるが故に生命すら奪われそうであったクレインが、科学者ジョクインの嘆願により生き延び、彼の教育と恐らくは愛情の下で育ち、そしてその類い希な知性により、リン一族に欠かすことの出来ない存在となるのだ。
 元々が皇帝の孫なのだから当然のはずなのに、彼が一族の中で地歩を固めていく様には好感を覚える。
 ただ、物語の最後数ページで行われる事態のいきなりの次元上昇には少し付いていけないけれども。

 ミュータントであるが故に皇帝にはなれない、とクレイン含めて誰も彼もが言うが、本当にそうなのかが気になるところ。
 ちなみに後書きによると、この中篇「原子の帝国」には続篇となる「リンの魔術師」なる作品があるのだそうな。
 調べてみたところ、日本語訳は久保書店から『銀河帝国の創造』とのタイトルで出版されていた。
 ……今となっては中古価格が割と高価な上に、しかも図書館にもあまりないという二重苦。



 交通事故で額を切ったが故に第三の目の存在に気が付く「見えざる攻防」は、アホな理由で額を二針縫う怪我をした後に読むにはあまりにタイムリーであった。
 どうやら私には三つ目の目はないようだ。まぁ、スレードとは怪我をした場所が微妙に違うけれど。

 スレードと覚しきクシャクシャな状態の死体が発見された状態から始まる「見えざる攻防」。
 この死体が本当にスレードのものなのか、との疑問は最後に華麗な展開を見せるのだが、そんなことよりも何よりも、テレパシー能力を持つクマのような生物ニスという余りにも便利な存在の登場に驚愕してしまった。



 途中までは特に問題もなく面白かったけれど、「原子の帝国」の最後数ページでの問題のレベルの拡大、「見えざる攻防」での終盤のニスの登場と、ラストに一気に畳みかけてくる展開はあまり好みではない。
 けれどクレインの今後は気になるところなので、『銀河帝国の創造』を探す旅に出ます。



ジャンル別:SF小説|レーベル別:創元SF文庫
より詳しくは右カラムのカテゴリから選択してください。


関連記事:
『ブラインドサイト』感想:★★★★★
『クォンタムデビルサーガ アバタールチューナーⅠ』感想:★★★☆☆
『マインド・イーター[完全版]』感想:★★★★★
『結晶世界』感想:★★★★☆
『時間はだれも待ってくれない 21世紀東欧SF・ファンタスチカ傑作集』感想:★★★☆☆

Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星3つ:★★★☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<今年の残るところ:購入履歴・新本編143 | ホーム | 新☆ハヤカワ・SF・シリーズ第1期ラインナップと文庫化状況>>
name
title
mail
url

[ ]
Trackback URL
http://kkkate.blog.fc2.com/tb.php/662-167da822