">
RSS|archives|admin


<<日本ドラマ『SRO~警視庁広域捜査専任特別調査室~(月曜ゴールデン特別企画)』感想:★☆☆☆☆ | ホーム | Book1stのクラフトカレンダー:購入履歴・新本編137>>

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

毎年恒例なのかもしれない:購入履歴・新本編138

2013.12.01 Sun


 先日、確か金曜日に、国書刊行会からパンフレットが届いた。

国書刊行会さんからパンフレット届いた


 なんだか凄い濃いです、国書刊行会さん。
 この『絵草紙 うろつき夜太』の復刻版が、国書刊行会のイチオシらしい。
 入っていたパンフレットはフルカラーで、国書刊行会の押しっぷりが良く分かります。

復刻版 絵草紙 うろつき夜太


 パンフレットの赤色地の絵が表紙かと思っていたら、上の黒地のが表紙らしい。表紙というか函なのか?
 2,000部限定なので、欲しい方はお早めに。







色々と


 他にも色々なパンフレットが入っていたが、個人的には「宗教名著選」シリーズと、「手塚治虫トレジャー・ボックス」の『W3』が気になります。

 「宗教名著選」はまだ『アルカイック宗教論集 ルーマニア・オーストラリア・南アメリカ』の1冊しか出ていない模様。

アルカイック宗教論集: ルーマニア・オーストラリア・南アメリカ (宗教学名著選) W3 ワンダースリー (手塚治虫トレジャー・ボックス)


 『W3』は高いなぁ。
 この作品は初めて読んだ子供の頃に、ボッコ隊長が醸し出すエロさに驚愕した記憶が。あ、勿論ウサギの姿のボッコ隊長ですよ。
 あれだけ単純な線で構成された絵なのに、表現される情報は豊かで驚き。曲線って偉大だ。
 SFとしても見事に伏線回収を成し遂げていて、とても素晴しい作品でございます。


 と、以上は国書刊行会から届いたパンフレットの話でした。
 以下はいつもの買い物メモ。

ボリバル侯爵


 国書刊行会の新刊『ボリバル侯爵』。
 他の平積みの新刊の中でこれだけ残っている冊数が少なくて、とてつもなく取りにくかった。
 売れたのか、それとも入荷数が少なかったのかどちらだろう。


炭素文明論 「元素の王者」が歴史を動かす (新潮選書) 自己が心にやってくる (ハヤカワ・ポピュラー・サイエンス)


 新潮選書『炭素文明論 「炭素の王者」が歴史を動かす』を、ようやく発見したので購入。
 早川書房の『自己が心にやってくる』は、新刊。意外と分厚い。


チグリスとユーフラテス(上) (集英社文庫)


 某所で見かけた感想が面白かったので買う気になった集英社文庫の『チグリスとユーフラテス』は、上巻しかなかった。
 下巻よ、いずこに……。



関連記事:
新編 バベルの図書館:購入履歴・新本編60

Theme:読書メモ | Genre:本・雑誌 |
Category:積ん読記録 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<日本ドラマ『SRO~警視庁広域捜査専任特別調査室~(月曜ゴールデン特別企画)』感想:★☆☆☆☆ | ホーム | Book1stのクラフトカレンダー:購入履歴・新本編137>>
name
title
mail
url

[ ]
Trackback URL
http://kkkate.blog.fc2.com/tb.php/649-489529a6