RSS|archives|admin


<<映画『バスカヴィルの獣犬』感想:★★★☆☆ | ホーム | 履行されぬ予定:購入履歴・新本編133>>

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

土曜日から月曜日への旅:購入履歴・新本編134

2013.11.11 Mon


 毎度毎度、記事タイトルに意味がなくて申し訳ないです。
 そんな今日は、土曜日に紀伊國屋書店で購入し配送して貰った本が届いた。

怪奇小説日和: 黄金時代傑作選 (ちくま文庫 に 13-2)


 一冊目は、ちくま文庫の『怪奇小説日和 黄金時代傑作選』。
 『短篇小説日和 英国異色傑作選』も未読のままどこかに積んだままになっているので、出来れば今年中に2冊纏めて読み終わりたいですね。


アンダー・ザ・ドーム 3 (文春文庫) アンダー・ザ・ドーム 4 (文春文庫)


 続いてはスティーヴン・キングの『アンダー・ザ・ドーム』の3巻と4巻。
 1,2巻の表紙と比べて、ドームの中が不穏な雰囲気になっております。
 現在Dlifeでこれを原作とするドラマが放送中なので、それが終わるまでには読み終わりたいですね。








ジャック・リッチーのあの手この手 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)


 3冊目は『ジャック・リッチーのあの手この手』。ハヤカワ・ポケット・ミステリだとは知らなくて、ハヤカワの文庫棚を行ったり来たりしてしまった。
 同じくハヤカワのポケミスである『首斬り人の娘』を椅子の上に積んだままになっているので、年度が変わる前には読み終わりたいですね。


夢みる人びと 七つのゴシック物語2 (白水Uブックス 187 海外小説永遠の本棚 七つのゴシック物語 2)


 続いては白水Uブックスの『夢みる人びと 七つのゴシック物語2』。エラく高い棚に刺さっていたせいで届かず、かと言って脚立もなければ店員さんも皆さん急がしそうで声を掛けられず、で微妙に困った一冊。
 ちなみにこうやって「凄く」という物事の程度を表すのに「えらく」を使うのは大阪だけらしいですね。
 他に通じなくて困ったのは、「ほうっておいて(発音的には『ほっておいて』)」でしょうか。意味としては「放置しておいて=そのままにしておいて」なのですが、「放る=捨てる」と解釈されて壮絶に面倒なことになった記憶が。

 同じく白水Uブックスの『ピサへの道 七つのゴシック物語1』も未読のまま棚の下に――下だったっけ? あれどこだっけ――に放置したままなので、大掃除で発掘して忘れない内に読み終わりたいですね。


双眼鏡からの眺め


 買う予定になかったのに買ってしまったのが、『双眼鏡からの眺め』。
 平積みにされていた中で装丁が目を惹いたのに加え、立ち読みしたら気に入った。
 今読んでいる『オートラント綺譚』が終わったら、読み始めようかな。けれど、これの元ネタになっている『オトラント城奇譚』が先の方が良いのかな。
 

関連記事:
立ち読みの罠:購入履歴・新本編131

Theme:読書メモ | Genre:本・雑誌 |
Category:積ん読記録 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<映画『バスカヴィルの獣犬』感想:★★★☆☆ | ホーム | 履行されぬ予定:購入履歴・新本編133>>
name
title
mail
url

[ ]
Trackback URL
http://kkkate.blog.fc2.com/tb.php/638-5837f086