RSS|archives|admin


<<『ロシア・ソビエト文学全集4 死せる魂 外套 鼻 検察官』感想:★★★★☆ | ホーム | 映画『吸血処女イレーナ 鮮血のエクスタシー』感想:★★☆☆☆>>

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

3/4の終了:購入履歴・新本編124

2013.09.23 Mon


 「今日は夏至なんだってね。つまり今日からますます昼が長くなるんだねぇ」「今日がマックスだよ!?」なんて会話をしたのは、ここ最近の出来事な気がしてならないのですが、もう秋分だそうですね。
 なんだかここ数年、真面目に月日の流れるの早すぎ。
 そんなことを嘆きつつ、先週買った本たちをご紹介。リアルタイムからズレすぎて、段々よく分からない事態になりつつあるような。


開かせていただき光栄です―DILATED TO MEET YOU― (ハヤカワ文庫 JA ミ 6-4)


 思いのほか見つからなかった『開かせていただき光栄です』。
 ハヤカワ文庫が入るところならどこだって余裕だろうと思ってたら、『黒いカーニバル』はあっても『開かせていただき光栄です』はないというよく分からない現象が。
 刷り数に差があったのか、それとも売れ行きに差があったのか。


 どうせなかなか見つからないだろうなと思っていたら、本当に見つからなくて焦ったのが『ニンジャスレイヤー ゲイシャ危機一髪!』。

ニンジャスレイヤー ゲイシャ危機一髪! (キョート殺伐都市 # 2)


 他のエンターブレンの新刊はあるのに、どうしてニンジャスレイヤーだけないんだよ! と思ったら、何故か大判漫画の棚にあった。どうしてそんなことになったんだ。
 この派手な表紙は、今までで一番好きだ。
 一応ブックカバーをかけてもらったが、どっちにしろ外では読めない感。
 「あの人ニンジャスレイヤー読んでるわー」と思われるのはまぁ良いとしても、こんな分厚い本をカバンに入れたくないです。サイズの割には軽いけど。








異形の白昼 恐怖小説集 (ちくま文庫) 日本幻想文学大全 I 幻妖の水脈 (ちくま文庫)


 ちくま文庫を2冊。『異形の白昼 恐怖小説集』と『日本幻想文学大全Ⅰ 幻妖の水脈』を。
 来月8日には『日本幻想文学大全Ⅱ 幻視の系譜』が出る予定。
 ちなみに「世界幻想文学大全」と同じく、この「日本幻想文学大全」も全三冊なのだそうだ。


バチカン近現代史 (中公新書)


 新書も一冊買ってみた。『バチカン近現代史』でした。なんだか評判が良さげ。
 それから買おうかどうか悩んでいた単行本も二冊買ってしまった。

銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件 皆勤の徒 (創元日本SF叢書)


 『銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件』と『皆勤の徒』。
 積んでる間に文庫版が出たりしないようにしたいと思います(遠い目)。

Theme:読書メモ | Genre:本・雑誌 |
Category:積ん読記録 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<『ロシア・ソビエト文学全集4 死せる魂 外套 鼻 検察官』感想:★★★★☆ | ホーム | 映画『吸血処女イレーナ 鮮血のエクスタシー』感想:★★☆☆☆>>
name
title
mail
url

[ ]
Trackback URL
http://kkkate.blog.fc2.com/tb.php/609-0779bb8b