RSS|archives|admin


<<『ロシア・ソビエト文学全集5 隊長ブリバ 他』感想:★★★☆☆ | ホーム | 映画『ホーンテッドマンション』感想:★☆☆☆☆>>

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

買わせていただき光栄です:購入履歴・新本編124

2013.09.13 Fri


 『ニンジャスレイヤー ゲイシャ危機一髪!』と『開かせていただき光栄です』を買いに、あまり行かない本屋に寄った。
 入荷していなかった。

 エンターブレインの単行本は殆ど入らない本屋のようだから、前者は想定内だった。
 が、他のハヤカワ文庫の新刊は入っているのに、『開かせていただき光栄です』はないなんて! もう発売日から結構経ったぞ!
 ……なんて愚痴っていても仕方が無いので、今度都会に出た時に大きな書店を覗くことにしよう。


 入荷していたハヤカワの新刊を1冊。

黒いカーニバル (ハヤカワ文庫SF)


 ブラッドベリはあまり好きではないのだけれど、これは面白いよと勧めている方がいらしたのでつい。








 この『黒いカーニバル』には、フェア帯が付いていた。

ハヤカワ文庫のフェア帯


 「ハヤカワ文庫の100冊 2013」が始まったそうな。公式サイトはコチラ
 対象本を10のカテゴリーに分けたとあるので、この帯は10種類あるのかな。それとも100冊それぞれなのか?
 フェア帯が付いてる本はこの1冊しかなかったので、分からない。


ヴェネツィア 東西ヨーロッパのかなめ 1081-1797 (講談社学術文庫 2192) 複合大噴火〈新装版〉 (文春文庫)


 他に講談社学術文庫のマクニール『ヴェネツィア 東西ヨーロッパのかなめ』と、文春文庫の新装版『複合大噴火』を。

パリ警察1768 (徳間文庫)


 表紙に惹かれたので徳間文庫の『パリ警察1768』も買ってみた。
 帯によると、この白い表紙は初回限定らしい。初版限定ってことで宜しいか。


関連記事:
コレクションと化してきた:購入履歴・古本編62

Theme:読書メモ | Genre:本・雑誌 |
Category:積ん読記録 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<『ロシア・ソビエト文学全集5 隊長ブリバ 他』感想:★★★☆☆ | ホーム | 映画『ホーンテッドマンション』感想:★☆☆☆☆>>
name
title
mail
url

[ ]
Trackback URL
http://kkkate.blog.fc2.com/tb.php/601-f9f64a84