RSS|archives|admin


<<映画『ホーンテッドマンション』感想:★☆☆☆☆ | ホーム | アメリカドラマ『バーン・ノーティス 元スパイの逆襲(シーズン2)』感想:★★★★☆>>

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

左の頬の次は右の頬:購入履歴・新本編123

2013.09.09 Mon


 すっかり秋めいて最高気温が下がりつつある今日この頃ですが、相変わらず私の積ん読タワーは高さを減じる気配がありません。
 そんな今日のお買い物。

エピゲノムと生命 (ブルーバックス) 単純な脳、複雑な「私」 (ブルーバックス)


 ブルーバックスを2冊。






 『エピゲノムと生命 DNAだけでない「遺伝」のしくみ』の方はどうしてこんな平安貴族な表紙になったのかと思ったら、なにやら理由があるようだ。
 
 もう片方の『単純な脳、複雑な「私」』は、ブルーバックスがかなり宣伝を打っていたので買ってみた。
 資本主義で搾取される側ですので、ええ。
 てっきり書き下ろしかと思っていたが、2009年に朝日出版から単行本として出たものの新書落ちだった。単行本ままと言うわけではなさそうだけど。

単純な脳、複雑な「私」 単純な脳、複雑な「私」 (ブルーバックス)


 それにしても表紙がそっくりでビックリした。と言うか、混乱した。
 ちなみにこの『単純な脳、複雑な「私」』は、『進化しすぎた脳』(ブルーバックス)の続編だそうな。

進化しすぎた脳―中高生と語る「大脳生理学」の最前線 (ブルーバックス)




関連記事:
『太古からの9+2構造 繊毛のふしぎ』感想:★★★★★
『中世の身体』感想:★★★☆☆
『マッチ箱の脳(AI)―使える人工知能のお話』感想:★★☆☆☆




 日頃無意味に歯を食いしばっているせいか、顎の左側が痛くなったきた。なので左側に負担を掛けないように暮らしていたら、今度は右側が痛くなってきた。
 鼻水も止まらないし、割と最悪である。

Theme:読書メモ | Genre:本・雑誌 |
Category:積ん読記録 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<映画『ホーンテッドマンション』感想:★☆☆☆☆ | ホーム | アメリカドラマ『バーン・ノーティス 元スパイの逆襲(シーズン2)』感想:★★★★☆>>
name
title
mail
url

[ ]
Trackback URL
http://kkkate.blog.fc2.com/tb.php/599-61908bc4