RSS|archives|admin


<<左の頬の次は右の頬:購入履歴・新本編123 | ホーム | 雨のまにまに:購入履歴・新本編122>>

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

アメリカドラマ『バーン・ノーティス 元スパイの逆襲(シーズン2)』感想:★★★★☆

2013.09.07 Sat


バーン・ノーティス 元スパイの逆襲 シーズン2 (SEASONSコンパクト・ボックス) [DVD]バーン・ノーティス 元スパイの逆襲 シーズン2 (SEASONSコンパクト・ボックス) [DVD]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2011-11-16
売り上げランキング : 2102

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 全12話だったシーズン1から4話増えて、全16話となったシーズン2。
 シーズン2でも変わらず、突然の解雇(バーン・ノーティス)を告げられスパイから元スパイに強制転職してしまったマイケルの、復職のための戦いが描かれる。


 シーズン1ラストで復職の取引のため、深刻極まりない顔をしてフィオナに別れを告げたにも関わらず、マイケルの前に現れた情報を知る男は狙撃されて死んでしまう。代わりに電話の向こうの謎の女の声が、マイケルにとある指示を出す。
 意外な展開の末にあっさりと帰還したマイケルに、覚悟を決めていたフィオナは動揺。結果、マイケルはフィオナから距離を置かれるようになってしまう。
 また金持ち女をゲットしヒモ生活を満喫していたサムは結婚を迫られ、実は既婚者(籍は入ったままだが結婚生活の実態はない)であるサムは窮地に立たされる。困ったサムはフィオナにアドバイスを求めたが、彼女の言う通りに実行したところ、破局。

 シーズン1で結束を高めたかに見えた三人の関係にそれぞれすきま風が吹く中、マイケルは先の謎の女の声により、意に染まぬ仕事をさせられる羽目に陥る。
 まるで上司のように傲慢に振る舞うこの女は一体誰なのか。マイケルを解雇に追い込んだのは誰なのか、何故なのか。そして、彼の復職は叶うのか。
 フィオナ、サムの二人の協力を得つつ、今シーズンもマイケルは困った依頼人を助けながら、彼を罠に掛けた相手を求めて戦い続ける。







 そんな訳で、このシーズンも依頼人を巡る一話完結の物語と、マイケルの解雇に関するシリーズを貫く物語の二つの部分から成り立っている。
 後半のマイケルの周囲の状態はややこしく、「あれ今どうなってるんだっけ?」状態に何度か陥ったが、適当な間隔で適当な理由を付けて説明が入る親切さで乗り切れた。

 サムは相変わらず良いヤツであり、マイケルのよき友人ではあるのだが、シーズン1で出会った彼女と別れて以降女運の方はパッとしない。
 シーズン1ではしつこくマイケルに復縁を迫っていたフィオナは、今シーズンではやや冷たい。が、やっぱりマイケルへの未練は断ちがたいようで、微妙な関係は続いていく。
 マイケルのことを大事に思うサム、フィオナ、また彼の母親や弟の気持ちと、またそれに相応しいマイケルの人柄がこのドラマを面白くしている。
 どんなピンチでもさらりと笑いを入れる彼らの台詞もまた良い。

 現状を打開する切り札が武力とは限らないのも、見所の一つ。
 敵の内情を知るために組織に入り込み、更に相手を油断させる目的で「やだやだ、僕理系なんで体育会系無理なんです!」と泣き叫んでみたり、演技と機転で難局を切り抜けていく。
 シーズン1で登場したキャラクターが再登場するのも楽しい。更に以前に助けた依頼人から噂を聞いた人物が、マイケルに頼み事をしに来るのも、作品内での時間経過とマイケルの名声が静かに広がっているのを感じさせ、作品そのものを奥行きのある物にしている。


 マイケルもサムもフィオナも、決して善人ではない。彼らは必要ならば人殺しも厭わないし、色んな物を破壊し破損させている。フィオナに至っては、爆破が趣味の域である。
 だが、彼らには彼らなりの信念がある。そして彼らは死に瀕しても、絶対にそれを曲げない。特にマイケルは。
 彼はどんな絶望的な状況に立たされても必死に前を向き知恵を絞り、そして人を信じるのだ。疑うだけがスパイではない。直感を信じて相手に背中を預ける勇気もまた、必要なのだ。
 その姿に一種の理想が見えるからこそ、このドラマは面白い。


 燦々と日差しが照りつけるマイアミ、眩しい水着姿のお姉さんたち。
 マイケルが大好きなヨーグルト、サム愛飲のモヒート、サムとフィオナがよく飲んでいるセロリが印象的なブラッディマリー、みんな大好きビール。
 彼らを取り巻く環境は生命に満ちていて、けれども彼らが生きる世界は爆破に狙撃に怪我と死に近しい。
 マイケルの、そしてサムの、フィオナの行き着く先がどこなのか、これからも楽しみだ。


覚え書き(本以外のあれこれ):海外ドラマ
より詳しくは右カラムのカテゴリから選択してください。


関連記事:
アメリカドラマ『バーン・ノーティス 元スパイの逆襲(シーズン1)』感想:★★★☆☆






 と言うわけで、全7シーズン配信してよね! 別に今すぐとかは言わないんで、なにとぞ宜しくお願いします。

 Dlifeでシーズン3の放送が終わったからシーズン4に行くのかと思いきや、シーズン3再放送でビックリしたよ。この再放送が終われば、シーズン4を放送してくれるのかな。
 Dlifeではシーズン2の後半しか見ていなかったので、huluで頭から見直したけれど、Dlifeの吹き替えではあった「僕理系なんで体育会系は無理なんです」はhuluの字幕版では違う訳になっていてガッカリ。

 聞くとところによると、作中に登場するヨーグルトもビールも実在しないものらしい。
 いつも美味しそうに食べてるヨーグルト、気になってたのになー。

 それと今更気が付いたが、DVDのジャケットにサムがいない!

Theme:海外ドラマ(欧米) | Genre:テレビ・ラジオ |
Category:映画その他感想 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<左の頬の次は右の頬:購入履歴・新本編123 | ホーム | 雨のまにまに:購入履歴・新本編122>>
name
title
mail
url

[ ]
Trackback URL
http://kkkate.blog.fc2.com/tb.php/598-8a50f210