">
RSS|archives|admin


<<Bloggerデビューしてみた | ホーム | 賛美者と人は言うけれど:購入履歴・新本編119>>

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

岩波書店創業百周年記念フェア:購入履歴・新本編120

2013.08.25 Sun


パンフレット


 「読者が選ぶこの1冊」文庫・現代文庫フェアの冊子が、無料配布されていることに今更ながら気が付いたので、貰って来た。
 創業100年を記念して、対象文庫に付いているフェア帯の応募券2枚を送ると、ブックカバーがもれなく貰えるそうな。その他、万年筆やマグカップも抽選で当たる。

 本を積むことに罪悪感のない私は、今回もブックカバー欲しさに2冊買ってきましたよ。
 と、その前に「読者が選ぶこの1冊」のベスト10をご紹介。








 まずは岩波文庫編。

こころ (岩波文庫)
君たちはどう生きるか (岩波文庫) 銀の匙 (岩波文庫)


  1位:『こころ』 夏目漱石
  2位:『君たちはどう生きるか』 吉野源三郎
  3位:『銀の匙』 中勘助

  4位:『忘れられた日本人』 宮本常一
  5位:『古寺巡礼』 和辻哲郎
  6位:『論語』
  7位:『寺田寅彦随筆集』(全5冊)
  8位:『坊っちゃん』 夏目漱石
  9位:『武士道』 新渡戸稲造
  10位:『モンテ・クリスト伯』(全7冊) アレクサンドル・デュマ

 ……みんな、『こころ』好きねぇ。
 『坊っちゃん』の他にも『我が輩は猫である』、『三四郎』も選ばれていたりと、夏目漱石の人気は不滅なのかも。
 個人的には「銀の匙」が2位かと予想していたので、「君たちはどう生きるか」の人気が少し意外。


 「読者が選ぶこの1冊」の前に実施した、170店舗以上の書店が参加したランキング「当店が選ぶこの1冊」の結果は以下。
  1位:『銀の匙』 中勘助
  2位:『君たちはどう生きるか』 吉野源三郎
  3位:『柿の種』 寺田寅彦

  4位:『ウェーバー 職業としての学問』
  5位:『アラン 幸福論』

 『職業としての学問』は、「読者が選ぶこの1冊」フェアから落選。



 続いて、岩波現代文庫編。

ご冗談でしょう、ファインマンさん〈上〉 (岩波現代文庫)
白い道 (岩波現代文庫) 現代語訳 論語 (岩波現代文庫)



  1位:『ご冗談でしょう、ファインマンさん』(全2冊) ファインマン
  2位:『白い道』 吉村昭
  3位:『現代語訳 論語』 宮崎市定

  4位:『私にとっての二〇世紀』 加藤周一
  5位:『中勘助 「銀の匙」を読む』 十川信介
  6位:『「赤毛のアン」の人生ノート』 熊井明子
  7位:『読書術』 加藤周一
  8位:『文学部唯野教授』 筒井康隆
  9位:『獄中記』 佐藤優
  10位:『高木仁三郎セレクション』


 書店編は以下。

  1位:『ご冗談でしょう、ファインマンさん』 ファインマン
  2位:『秘境ブータン』 中尾佐助
  3位:『文学部唯野教授』 筒井康隆

  4位:『読書術』 加藤周一
  5位:『ファインマンさんは超天才』 C・サイクス

 『ファインマンさんは超天才』は、「読者が選ぶこの1冊」フェアから落選。



 色々考えたものの、結局ベスト3に入っていないのを2冊買った。

アイヌ神謡集 (岩波文庫) 古事記 (岩波文庫)


 フェア開始から時間が経っているからか、百周年だと言うのにあまりプッシュして貰えていなくてちょっと寂しかった。
 そしてついでに復刊していた『ヴォイツェク ダントンの死 レンツ』も買ってしまった。

ヴォイツェク ダントンの死 レンツ (岩波文庫)




関連記事:
『ロウソクの科学』感想:★☆☆☆☆
2013年夏の文庫フェアまとめ

Theme:読書メモ | Genre:本・雑誌 |
Category:積ん読記録 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<Bloggerデビューしてみた | ホーム | 賛美者と人は言うけれど:購入履歴・新本編119>>
name
title
mail
url

[ ]
Trackback URL
http://kkkate.blog.fc2.com/tb.php/590-8c3e2fde