RSS|archives|admin


<<角川文庫のハッケンくん名作大漁ストラップと、集英社文庫のナツイチ限定特製ブックカバー:フェアメモ | ホーム | 映画『悪魔の美しさ』感想:★★★☆☆>>

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

崩れるまで後何冊:購入履歴・新本編110

2013.07.15 Mon


 創元文庫の発売日から数日経ったので、近所の本屋に行って来た。
 我が街は都会とは言い難いので、発売日当日には入らないのでございます。

折れた竜骨 上 (創元推理文庫)
折れた竜骨 下 (創元推理文庫)


 目的は米澤穂信の『折れた竜骨』でした。
 ただ思ったよりも薄かった。上下に分割しなくても一冊で収まったんじゃ……。

 夏の文庫フェアも開催されていたので、ぼちぼち買ってきた。
 積ん読タワーの背が伸びる。








零式戦闘機 (新潮文庫) 絶対貧困―世界リアル貧困学講義 (新潮文庫) 丕緒の鳥 十二国記 (新潮文庫 お 37-58 十二国記)


 新潮文庫の100冊から3冊。
 『零式戦闘機』は今夏公開のジブリ映画『風立ちぬ』絡みなんだろうし、きっと今年しか100冊に選んで貰えないだろうなぁ、との思いから何となく。
 帯に自民党の石破幹事長のコメントと似顔絵もあったりして、しかもそれが絶妙に似ているという謎っぷり。

 『絶対貧困』は去年100冊に入っていた同じ著者の『神の棄てた裸体 イスラームの夜を歩く』が面白か……いや、さすがに人間性に問題のある私でも「面白かった」と書くには抵抗があるけれど、まぁそんな感じだったので、今年も買った。

 十二国記の『丕緒の鳥』も購入。ぱらぱら捲るだけのつもりが、気が付いたら一時間真面目に読んでたりするあたり、中毒性が高いなコレ。
 漢字の比率が高めで何だかページが黒いし、読みやすい文章かと問われると是とは言い難いのに、不思議な魅力。

零戦 その誕生と栄光の記録 (角川文庫)


 角川文庫からは一冊。
 この手のは複数冊読まないと駄目な気がいたしまして。

 新潮、角川と来たので集英社文庫も何か買おうかと思ったけれど、欲しいのがなかったのでパス。
 新潮文庫の100冊キャンペーンの付箋もパスしてきた。全色(5色?)の付箋セットかと思ったら、1色だけなんだもの。


関連記事:
新潮文庫の夏の文庫フェア2013年:フェアメモ
本棚の中の問題:購入履歴・新本編54

Theme: | Genre:本・雑誌 |
Category:積ん読記録 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<角川文庫のハッケンくん名作大漁ストラップと、集英社文庫のナツイチ限定特製ブックカバー:フェアメモ | ホーム | 映画『悪魔の美しさ』感想:★★★☆☆>>
name
title
mail
url

[ ]
Trackback URL
http://kkkate.blog.fc2.com/tb.php/564-e1608746