RSS|archives|admin


<<『こわい部屋 謎のギャラリー』感想:★★★☆☆ | ホーム | 『太古からの9+2構造 繊毛のふしぎ』感想:★★★★★>>

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

本棚? ああそういえばそんなヤツもいたような……:購入履歴・新本編107

2013.06.27 Thu


 探し回ったものの見付からなかったので、結局hontoで買った。

ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上1


 今更ながらの『ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上1』なのでした。
 twitterで翻訳が連載されて話題になり去年書籍化が開始され、丁度今日、コミカライズが雑誌「コンプティーク」「コンプエース」に掲載されることが発表されたりと、着実に商業展開をしております。
 第二部書籍化の1冊目『ニンジャスレイヤー ザイバツ強襲!』も29日に発売予定。

ニンジャスレイヤー ザイバツ強襲!【ドラマCD付特装版】 (キョート殺伐都市 # 1)


 ドラマCD付きの特装版も発売。
 このドラマCDをみんなで同時に再生して、みんなで感想を呟こうぜ!なるtwitter企画が公式から発表されていたりもします。
 それも発売日とその一週後の2回予定なので、konozamaされても安心だね。








 物語の舞台は、近未来日本。
 磁気嵐と殺人マグロによって空・海ともに封鎖され、鎖国状態にある日本だ。
 突如繰り出される"Wasshoi!"なる叫び。同時に縄かと見まごうばかりにクッキリと皮膚から浮き出た筋肉が、その真価を発揮する。
 彼の名はニンジャスレイヤー。ニンジャを殺す者。
 汚染された大気と酸性雨に抱かれた大都市ネオサイタマの闇を、ニンジャスレイヤーが駆ける、駆ける。
 そうニンジャを、「彼」にとって憎きニンジャを殺すために!

 ……とまぁ、そんなお話。
 命を賭けた戦闘の開始前に敵対するニンジャ同士が「ドーモ、○○=サン、××デス」とご挨拶申し上げるのが普通だったり、しかも挨拶を返さないとシツレイだったりと、ナンカチガウ日本感と、カチグミ・マケグミなどの妙に的を射た日本社会の描写と、それを打ち壊すほどに怪しい日本語が満載な一冊。
 語彙は珍妙ながらも、基本的には妻子を殺された主人公が死の寸前で謎の力を得、復讐に燃えるという王道ストーリー。
 その間に謎の力に苦悩したりするあたり、仮面ライダーや戦隊ものと同じようなお約束も完備しているのが良い。


 基本的に一話完結な上に、書籍化された今もtwitter上で発表された翻訳は消えずに残されているので、気になる方はニンジャスレイヤーwikiなりニンジャスレイヤー書籍公式サイトなりからどうぞどうぞ。



 基本的に私は「本屋さんで紙のブックカバーを付けてもらう、無理なら表紙を外す」派です。
 今回はネット書店で買ったので紙のブックカバーがなく、つまりは表紙を外した訳ですが、すると……。

 


 黒くてテカテカした本体がご登場。
 USA$12.80なんて表記も見えるし、サイズもペーパーバックと同じだし、これはきっと原著の表紙とお揃いになっているんだ!
 と考え、それを確認するために原著を探したところ、これが全く見付からない。出版社と揉めたらしく、原著はレアな存在らしい。
 原作者による公式サイトもこんな状態だし。

 この公式サイトの一番上、そして本体裏にも書かれている
"Do-mo, dear Ninjaheads! Ninja Slayer is the Cyberpunk Ninja Action Novel series written by Bradley Bond-san and Philip Ninj@ Morzez-san. Ninja Slayer is a fiction so you are NOT the Ninja Slayer. Ninjas do not exist in this real world. Your boss is NOT a ninja. Your teacher is NOT a Ninja. Your parents are NOT Ninjas. Don't slay them. INGA-OHO!!"
は、この小説のちょっとオカシイ本性を見事に表現していて良いなぁ。

 しかし、原作とお揃いなのだろうが、この本体デザインは……。こんな濃いデザインじゃあ、外で読めないじゃないか。




 挟まっていた読者ハガキ。これ、切手貼るの躊躇うわ。


関連記事:
BDFFのCDが届いた:ゲーム音楽
『ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上1』感想:★★★★☆

Theme: | Genre:本・雑誌 |
Category:積ん読記録 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<『こわい部屋 謎のギャラリー』感想:★★★☆☆ | ホーム | 『太古からの9+2構造 繊毛のふしぎ』感想:★★★★★>>
name
title
mail
url

[ ]
Trackback URL
http://kkkate.blog.fc2.com/tb.php/548-60b62fc4