RSS|archives|admin


<<Postcrossing始めました | ホーム | 待ってました!:購入履歴・新本編93>>

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

大阪は一日遅れらしいよ:購入履歴・新本編94

2013.03.22 Fri


 創元推理文庫の新刊を買いに、発売日の21日に近所の本屋を覗いたが、なかった。
 もう空振りするのは面倒なので予約して帰ったところ、翌日の金曜日に電話が。
 どうやら大阪は1日遅いそうだ。大型書店は例外かもしれないが、とのことなので、今後は一日遅れで覗こうと思う。


 それで買ったのはこの2冊。

悪魔と警視庁 (創元推理文庫) 天狗 (大坪砂男全集2) (創元推理文庫)


 私はどうも本格推理とやらは好きになれない質なのだが、『悪魔と警視庁』で暗躍する犯人はメフィストフェレスを模しており、更には『ファウストの劫罰』の楽譜が残されていたとのあらすじを読んで俄然興味が。
 とは言え、この日本で『ファウストの劫罰』とか言われてもどれだけ知名度あるんだろうな……と思わなくもない。イギリスではメジャーなのだろうか。
 あちらでもマイナーなら解説が入るだろうから安心なのだけれど。








 もう一冊は『大坪砂男全集2 天狗』。1,500円突破なお値段に見合うだけの厚みの持ち主となっております。
 今回も背表紙から何から凝ってある。ちなみに全4巻予定。


 更に岩波文庫から1冊。

完訳 グリム童話集〈4〉 (岩波文庫)


 『完訳 グリム童話集4』でした。
 何故に4かと言えば、私が読みたいのが4に入っているからとの理由なのだが、何だか私が知ってる話と随分と流れが違う……。

 岩波文庫と言えば今月は『かくれんぼ・毒の園 他五篇』を探し回った末に面倒になってAmazonで買ったが、見たらちゃんと入っていた。いつ入ったのだろう。
 個人的にあの本は「薄い」との認識があったのだが、棚に刺さっているのを見る感じだと別段そんなことはなかった。


関連記事:
『悪魔と警視庁』感想:★★★☆☆
劇的物語『ファウストの劫罰』感想:★★★★☆
前回が幸運だったのか、今回が不運だったのか:購入履歴・新本編90
『植物(書物の王国・5)』感想:★★☆☆☆

Theme: | Genre:本・雑誌 |
Category:積ん読記録 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<Postcrossing始めました | ホーム | 待ってました!:購入履歴・新本編93>>
name
title
mail
url

[ ]
Trackback URL
http://kkkate.blog.fc2.com/tb.php/484-379d353c