">
RSS|archives|admin


<<『フォースタス博士の悲話』感想:★★★☆☆ | ホーム | 『悪魔の話(講談社学術文庫)』感想:★★★☆☆>>

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

河出クラブ入会特典のブックカバーが届いた

2013.03.09 Sat


 昨日、こんな平べったい封筒が届いた。

黄色い封筒が


 裏側には薄く「河出書房新社」の文字が。
 開封してみると、

中身は想像の通りに


河出クラブ(かわくら)入会特典のブックカバーでした。








 河出クラブ略して「かわくら」とは名前の通り河出書房新社が主催するクラブ。
 登録するとメールマガジンが届く上に、会員限定のイベントに参加することも出来る。
 詳しくは公式でどうぞ→http://www.kawade.co.jp/kawakura/

 ちなみに、今ならまだ特典のブックカバーが貰えるようだ。
 具体的にいつが締め切りなのかは分からない。


 話を戻して、このかわくらのブックカバーの裏側はこんな感じ。

内側は


 本それぞれの厚みにブックカバーを合わせる機能はナシ。
 手元にあった創元推理文庫の『夜鳥』(約350ページ)にカバーを掛けてみたのが下の写真。
 他の出版社の本を入れて申し訳ないとは思うが、ぱっと目に見える範囲に河出さんで良さそうなのが見つからなかったので許して頂きたい。

装着例


 見ての通り350ページ程度の本だと少しカバーが浮く。もう少し厚めの本が良いようだ。
 写真には撮りにくいが、なかなかに良い色で個人的には満足。
 ただちょっと傷が付きやすそうかも。


覚え書き(本に纏わるあれこれ):本の周辺
より詳しくは右カラムのカテゴリから選択してください。



関連記事:
河出書房新社の「河出クラブ」略して「かわくら」始動:本の周辺
国書刊行会40周年フェア特典を手に入れたのだ!:フェアメモ
やっと届いた夏のブンコ検定2012賞品:本の周辺
紀伊國屋書店特製文庫判ブックカバー限定色:本の周辺
新潮文庫のYonda?ブックカバー 2012ver:フェアメモ

Theme: | Genre:本・雑誌 |
Category:本にまつわるエトセトラ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<『フォースタス博士の悲話』感想:★★★☆☆ | ホーム | 『悪魔の話(講談社学術文庫)』感想:★★★☆☆>>
name
title
mail
url

[ ]
Trackback URL
http://kkkate.blog.fc2.com/tb.php/477-609906cb