RSS|archives|admin


<<「アルキメデスの鏡」考・その1:紀元前から17世紀まで | ホーム | 『超古代クリスタル・ミステリー すべての文明の起源は失われた「光の科学」にあった』感想:★★☆☆☆>>

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

基本的にチョロイ:購入履歴・新本編88

2013.02.16 Sat


 hontoから、「池内紀の『悪魔の話(講談社学術文庫)』が出るけど買わない?」とのメールが来たので、買った。

悪魔の話 (講談社学術文庫)


 予想よりも薄い。
 が、学術文庫愛読者カードに初めて遭遇したような気がする。
 抽選でブックカバーが当たるそうなので、出してみようかな。切手も要らないし。
 けれど「これまでにご購入いただいた学術文庫は何冊ですか」との問いに答えられるか微妙だ。だいたいで良いのだが、だいたいですら良く分からないこの現状……。








 他に、買いそびれていたものも購入。

コンパス・ローズ (ちくま文庫) ケルト神話ファンタジー 炎の戦士クーフリン/黄金の騎士フィン・マックール (ちくま文庫)


 右側の『ケルト神話ファンタジー 炎の戦士クーフリン/黄金の騎士フィン・マックール』は、先月『ケルト歴史ファンタジー ケルトの白馬/ケルトとローマの息子』を買ったので、その流れで。勿論まだ読んでいない。
 でもハードカバー2冊分がこの値段なのはお得だと思うので、まぁ良いかと。

 左側は『コンパス・ローズ』。
 子供の頃に「ゲド戦記」シリーズで盛大に挫折したものの、いつかル=グウィン作品にもう一度チャレンジしてみたかったので。今回の装丁が良かったのもキッカケ。
 どちらもちくま文庫。





関連記事:
『悪魔の話(講談社学術文庫)』感想:★★★☆☆
イヤホンを買いに:購入履歴・新本編83
『ファウスト 第一部・第二部(集英社文庫ヘリテージシリーズ)』感想:★★★★★




帯、それは


 そして、この帯に釣られて買ってしまったのが、

魔人探偵脳噛ネウロ 1 (集英社文庫-コミック版) 魔人探偵脳噛ネウロ 2 (集英社文庫ーコミック版)


『魔人探偵脳噛ネウロ』の文庫版1巻と2巻なのでした。
 単行本ならもう持ってるのだが、「第11・12巻にはコミックス未収録読切掲載予定」と言われると、欲しいのだもの。
 でも11巻と12巻だけ買うのもバランスが悪いので、いっそ全巻買っちゃえという講談社の目論見にまんまと掛かってしまった。

 初回出荷特別付録として「超レアなオリジナル・ポストカード」も用意されているとのこと。今回hontoで買ったものはまだ初回出荷のものだったようで、ちゃんとポストカードが入っていた。
 このポストカードは作者がファンレターのお礼のために描いたものだそうだ。マメな人だったのね、作者。
 ちなみに今月19日には文庫版『魔人探偵脳噛ネウロ』の3巻と4巻が、3月4日には『暗殺教室』の3巻が出る予定。

Theme: | Genre:本・雑誌 |
Category:積ん読記録 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<「アルキメデスの鏡」考・その1:紀元前から17世紀まで | ホーム | 『超古代クリスタル・ミステリー すべての文明の起源は失われた「光の科学」にあった』感想:★★☆☆☆>>
name
title
mail
url

[ ]
Trackback URL
http://kkkate.blog.fc2.com/tb.php/466-5c0f0da6