RSS|archives|admin


<<とても久しぶりに:購入履歴・古本編95 | ホーム | 『新ドラキュラ 不死者』感想:★☆☆☆☆>>

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

そろそろ埋もれる:購入履歴・新本編87

2013.02.07 Thu


 昨日は河出文庫とちくま文庫の新刊を買いに本屋まで。
 そして買った。

最後のウィネベーゴ (河出文庫) 澁澤龍彦訳 幻想怪奇短篇集 (河出文庫)


 『最後のウィネベーゴ』と『澁澤龍彦訳 幻想怪奇短篇集』を。
 後者は後半部分のアンリ・トロワイヤ作品は『ふらんす怪談』で既読なのだが、面白かったのでもう一度読んでも良いかなと思って購入。
 さらっと読めて、それなのに振り替えれば見慣れた日常から薄皮一枚ずれた位相に立ち至っているのが魅力。
 ちなみにこの装丁はアントワーヌ・カロンの『アモルの葬儀』からの一部分らしい。

 装丁といえば『最後のウィネベーゴ』は単行本の装丁も好き。

最後のウィネベーゴ (奇想コレクション)


 私は犬ならポメラニアンが良いな。人気がないのか描き難いのか、あまり見かけなくて残念だ。


 とまぁ、この2冊は河出文庫。
 もう一つ目的だったちくま文庫の『ケルト神話ファンタジー 炎の戦士クーフリン/黄金の騎士フィン・マックール』はまだ入荷していなくて残念。
 ちくま文庫なら、その内にご近所の本屋の1軒には入るかな。








 国書刊行会の『ネクロフィリア』が唐突に欲しくなって引き寄せられた外国文学コーナーにて、『アサイラム・ピース』を発見したので、買ってしまった。

アサイラム・ピース


 想像していたよりも薄い。
 『ネクロフィリア』もあったけれど、だいぶ痛んでいたので、そちらは結局買わず。


 さらにさらに前回、買えなかった『暮らしのイギリス史 王侯から庶民まで』を今回発見したので購入。

暮らしのイギリス史―王侯から庶民まで 太陽系の美しいハーモニー: 惑星のダンス、天の音楽 (アルケミスト双書)


 近くに並べられていたアルケミスト双書『太陽系の美しいハーモニー』も一緒に買ってしまった。
 これはランダムハウス講談社から出た『星たちのダンス 惑星が描き出す美の世界』の新訳とのこと。
 ランダムハウスと言えば、2010年に武田ランダムハウスジャパンになったと思ったら、2012年暮れには倒産したんだそうで、案外というか案の定というか短命だったのね……。



関連記事:
『さかしま』感想:★★★★☆

Theme: | Genre:本・雑誌 |
Category:積ん読記録 | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |
<<とても久しぶりに:購入履歴・古本編95 | ホーム | 『新ドラキュラ 不死者』感想:★☆☆☆☆>>

購書

初めまして。
興味深く読ませてもらっています。
わが家にも、12の本棚(小さい文庫本棚を除く)と、幾つかの本の山があります。
停年を過ぎたので、あまり本を買わないようにしているのですが、それでも…。
これからも宜しくお願いします。
- | 新サスケ | URL | 2013.02.09(Sat) 10:20:15 | [EDIT] | top↑ |

Re: 購書

コメントありがとうございます。

> わが家にも、12の本棚(小さい文庫本棚を除く)と、幾つかの本の山があります。
12、それも小さい文庫本棚を除いて、とは凄いですね。
偉大なる先輩がいることが判明して、ちょっと安心しました。たまに不安になるもので……。

こちらこそ、どうぞこれからも宜しくお願いします。
- | 春色 | URL | 2013.02.10(Sun) 00:52:06 | [EDIT] | top↑ |

name
title
mail
url

[ ]
Trackback URL
http://kkkate.blog.fc2.com/tb.php/462-79e8d507