RSS|archives|admin


<<何だかんだで1月も残り僅かに:購入履歴・新本編86 | ホーム | METライブビューイング2012-2013『アイーダ』感想:★★★★★>>

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

「新」以前に置き場所が分からなくて放浪した:購入履歴・新本編85

2013.01.27 Sun


 今更ながら、金曜日に買った本のメモ。
 寒さ以上に睡眠不足でフラフラになりながらも、わざわざ大きな書店に寄ったのは、単に25日の金曜日に発売となる本が欲しかったから。

 そのお目当て、その1。

新ドラキュラ(上) (文庫ダ・ヴィンチ) 新ドラキュラ(下) (文庫ダ・ヴィンチ)


 『新ドラキュラ』上下巻。
 私のメモでは補足として「MF文庫ダ・ヴィンチ」と書かれていたものの、勝手知ったる馴染みの書店とは言え、それがどこの棚に収まっているのかサッパリ分からない。
 小さなレーベルだから文庫コーナーの端っこにあるのではないかと考え、四隅を順番に回ったところ、最後の四隅目にて遭遇。
 無駄に時間が掛かった。人混みに酔うかと思ったぞ。

 この『新ドラキュラ』、作者は『ドラキュラ』の作者であるブラム・ストーカーの甥の孫と、ドラキュラに詳しいドキュメント作家の二人になっている。
 ……なんかもう、ネガティブ方向への期待値が高まる一方なのですが。
 折角だから、鼻で笑うなんて次元ではなく私に罵倒句を1000文字くらい書き連ねさせるくらいに、頑張っていただきたい。
 ちなみに帯によると、ハリウッド映画化決定だそうな。








 お目当て、その2。

暮らしのイギリス史―王侯から庶民まで


 NTT出版の『暮らしのイギリス史 王侯から庶民まで』。
 けれどもこれは見つからず。どこかにあったのかもしれないが、探し歩いている間に見つけた違う一冊に心奪われたので、『暮らしのイギリス史』はその内に買うことにした。

魔法―その歴史と正体


 その途中で心奪われた違う一冊と言うのが、このセリグマンの『魔法 その歴史と正体』。
 実書店で見かけたことがなかったもので嬉しくなって手に取り、そしてそのままレジまで行ってしまった。


 そんな訳で、金曜日のお買い物は『新ドラキュラ』上下に、『魔法 その歴史と正体』の3冊となりました。
 吸血鬼関連としては、2月25日発売予定の『吸血鬼イメージの深層心理学 ひとつの夢の分析』も楽しみにしている。

吸血鬼イメージの深層心理学: ひとつの夢の分析



関連記事:
『吸血鬼ドラキュラ』感想:★★★★☆
『新ドラキュラ 不死者』感想:★☆☆☆☆
イヤホンを買いに:購入履歴・新本編83




 レジに並びながらふと横を見たら、「ハヤカワ文庫JA創刊40周年記念フェア」なるものが開催中だった。

ハヤカワ文庫JA創刊40周年記念フェア


 久しぶりに見る星界シリーズに何だか笑ってしまいながら、「そういやどこかが○○周年フェアやるって言ってたなぁ、新刊かフェア本を買うとグッズが抽選で当たるって」と思い出して即それがハヤカワのことだと思い込み、すでに半分寝ている頭でフェア台と帯、上の写真のパンフレットを丹念に見たものの、そんな記述は見当たらず。
 なにせこれだけ眠たいんじゃあ、盛大な勘違いは致し方ない。後で調べようと思って今に至るのだが、ハヤカワのフェア情報にはそんな記述はやっぱりない。

 どこと間違っているんだろう? と頭を捻っていて閃いた。ハヤカワじゃない、創元文庫だ!




 ちゃんと特設ページも用意されていた。→創元SF50周年

 ちょくちょく混同していて、本当にスイマセン。
 「創元SF50周年フェア」ではSFマークピンバッチ、50周年記念ロゴ入りブックカバーをそれぞれ100名に抽選でプレゼント。
 1月開催のSFベストセレクションフェアの文庫帯、または1~6月のSF作品の新刊帯の応募券1枚で応募可能とのこと。
 ちなみに、SFベストセレクションフェアに関する情報は見つけることが出来なかった。


 ただハヤカワ文庫の方にも、個人的に気になる情報が。




 久しぶりに星界シリーズを見たと思ったら、それは新刊の前振りだったのか!
 でももう、どこで終わったか記憶が定かじゃなさすぎるのですが。
 風の噂によると、星界の新刊はトールサイズではなく過去シリーズと同じく普通の文庫サイズになるそうで、その点は一安心。

Theme:読書メモ | Genre:本・雑誌 |
Category:積ん読記録 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<何だかんだで1月も残り僅かに:購入履歴・新本編86 | ホーム | METライブビューイング2012-2013『アイーダ』感想:★★★★★>>
name
title
mail
url

[ ]
Trackback URL
http://kkkate.blog.fc2.com/tb.php/450-4efcf97a