RSS|archives|admin


<<意外や意外:購入履歴・新本編80 | ホーム | 映画『Virginia/ヴァージニア』感想:★★★★☆>>

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

うっかりしみじみしてしまった:購入履歴・新本編79

2012.12.20 Thu


 国書刊行会から『新編バベルの図書館』が届いた。
 代金引換で購入しているから、最近は在宅確認兼財布の中身確認のために事前に電話が掛かってくるようになったのだが、それの留守電が18日に入っているあたり、本来ならこの日に受け取れたようだ。
 ……2日もぶっちしてすいませんでした。

 日本郵便以外はどこもこまめに運んでくれて、ありがたいことこの上ない。たまに不在通知に気が付く前に再配達がやって来てしまい、「この不在通知は何だ?」状態になったりするけれど。
 いやー、本当に日本郵便以外はみなさん働き者だな。日本郵便以外は。


新編バベルの図書館 第4巻


 そんな『新編バベルの図書館』、今回はフランス編の4。
 4巻か……、つまり私の部屋のどこかに既に3冊埋まっているってことか、どれも読んでないぞ……と神妙な気持ちになりかけたが、よくよく思い返してみれば、これは発刊順で言えば4巻目ではなく3巻目だった。
 1.アメリカ編→2.イギリス編Ⅰと来て、何故か次に4.フランス編が登場した次第。
 3となる予定だったイギリス編Ⅱはこの次に発刊されるのか、それとももっと後回しになるのかは、知らない。


 ……何にせよ、3冊とは言わずとも既に『新編バベルの図書館』を2冊部屋の埋めてることに気が付かずにいたい。ついでにこれで3冊目になることにも。








 代金引換な『新編バベルの図書館』を受け取る前に、近所の本屋で岩波を購入してしまっていたり。

艶笑滑稽譚 第一輯――贖い能う罪 他 (岩波文庫 第1回) 艶笑滑稽譚 第二輯――明日無き恋の一夜 他 (岩波文庫)
ムツイリ・悪魔 (岩波文庫)


 バルザックの『艶笑滑稽譚 第一輯』と『艶笑滑稽譚 第二輯』。
 バルザックのことをロシア人だと思っていた時期があったなぁ、とふと思い出したので、何となくレールモントフの『ムツイリ・悪魔』を買ってみる私。
 バルザックって『セラフィタ』の作者なんだよね? どうも同じ人に思えないのだけれど。
 ちなみに『艶笑滑稽譚』は全三巻らしい。11月、12月と順調に出ているので、次は1月に出るのだろう。


 実はこの本屋には、岩波文庫の『セビリアの理髪師』と『フィガロの結婚』を買いに行ったのだが、調べてみると『セビリアの理髪師』もとい『セビーリャの理髪師』は現在品切重版未定だった。
 Amazonにもないし、新本で買うのは無理なのだろうか。


関連記事:
みるみる減るのは財布の中身と睡眠時間:購入履歴・新本編70
節操なしなのは昔から:購入履歴・古本編71

Theme:本に関すること | Genre:本・雑誌 |
Category:積ん読記録 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<意外や意外:購入履歴・新本編80 | ホーム | 映画『Virginia/ヴァージニア』感想:★★★★☆>>
name
title
mail
url

[ ]
Trackback URL
http://kkkate.blog.fc2.com/tb.php/421-ab1a07bc