RSS|archives|admin


<<寒すぎるのが悪いんだ:購入履歴・新本編78 | ホーム | 来年も続くよ!:購入履歴・新本編76>>

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

前倒しにしたところで、実は予定は減っていないような気がする:購入履歴・新本編77

2012.12.17 Mon


 hontoから「特集『国書刊行会40周年』開催中! 在庫僅少本を含めた数々の名著をご紹介!」なんてメールが来ていたのでご紹介。
 国書刊行会特集は、トップの左端にある注目情報から飛べます。





 が、良く分からない方は直接右のリンクからどうぞ→国書刊行会40周年特集
 いつまで開催中なのかは、特に明記されず。40周年のフェア帯が付いてくるかどうかも、記載はない。


 他にもhontoでは、

文庫全品ポイント10倍キャンペーン(2012年12月15日(土)0:00~21日(金)23:59)
10,000円(税込)以上のご購入でポイント最大10倍キャンペーン(2012年12月1日(土)~2013年1月31日(木))
年間ランキングキャンペーン2012(2012年11月19日(月)~2012年12月31日(月)23:59:59)

などを開催中。
 一応リンクを張っているものの、アドレスが変わり飛べなくなっている可能性もあるので、その場合はhontoのトップページから探して頂けると宜しいかと。


 なんて書いておきつつhontoではなく、「本・コミック・雑誌を1回のご注文でまとめて4,000円以上ご注文いただくと、その分の出荷金額の20%分がエルパカクーポンにて還元されるキャンペーンです」とメールをくれたエルパカで本を買った。
 このキャンペーンは14日までだったので、既に終わってしまっている。


HMVジャパン


 買ったのは、その内に買う予定だったもの諸々。








瞳孔の中 クルジジャノフスキイ作品集


 1冊目、『瞳孔の中』。
 この本の作者であるクルジジャノフルスキイは近年、世界が「再発見」した異能の作家(帯より)であり、彼の作品が主題とするのは
人類が歴史の中で問い続けてきたテーマ群である。存在とはなにか、存在しないとはどういうことか? 人間が世界を知覚するしくみはどうなっているのか? 空間とは? 運動とは? そもそも人間とは?(p.197)

なんて面倒で答えが出ない上に、例え出たとしても妥当性の検討などどだい不可能な袋小路で蟻地獄の問いかけだそうな。
 その手の問題とがっぷり四つに組んで戦いたいとは思わない程度には逃げ腰な私だが、でもそんなあやふやな世界に挑んでいく人を見るのは割と好きです。


 2冊目は国書刊行会から、

夢の操縦法


『夢の操縦法』。函入り。
 本屋で見かけた時から装幀が好みで気に入り、いつか買おうと思っていたので決行してみた。
 函の中に収まっている碧色のハードカバーがこれまた良い色。でもこの色と装幀にデジャブを感じる。
 何か似た装幀のがあったような気がするのだが、全く思い出せないと言うか、昨日は菅さんの比例結果が気になって確定するまで見守ってしまったせいで睡眠時間が圧倒的に足りてなくて脳みそが死にそう。

 こちらの著者であるサン=ドニ侯爵は、夢を操縦しようとしたのではなく、夢そのものの発生を知ろうと研究を重ねた人だそうだ。
 こちらも面倒な領域に突入してしまった方のようだ。
 好きでそちらに走ったのではなく気が付いたら走っていた、もしくは、磁力のように抗えない力で引きつけられてしまうのだというのは想像に難くないが。
 好奇心は猫を殺すと言うが、それが殺すのはきっと猫だけではない。けれど好奇心のない生き物なんて、それはとてもつまらない。

 夢なのだからベッド脇に置いて寝る前にちまちま読む予定だったのだが、同じように考えて置いた本が一山に化けているのに今気が付いた。
 寝返り打った表紙に目をハードカバーの角に打ち付けそうになって驚愕したのは、まだ最近だったような。



 残りは2冊。どちらもB5サイズと大きめ。

中世ヨーロッパの城塞: 攻防戦の舞台となった中世の城塞、要塞、および城壁都市 【図説】軍服の歴史5000年


 『中世ヨーロッパの城塞』と『軍服の歴史5000年』でした。

 前者は相当以前に、Amazonが何かの拍子にオススメしてきて以来、ずっと気になっていたもの。後者はそのオマケだったりする。
 『中世ヨーロッパの城塞』は、近代でも相当のものがあるが更に中世のお城はどう見ても居住性が悪すぎてうっかりすると死にかねないと思うのだが、その謎が解けたりするんじゃないかと期待。
 『軍服の歴史5000年』の方は、歴史ものを見ている時に感じる「その衣装、どうなってんの!?」な疑問が解決されることを期待している。

 2冊とも図版が多めで、ぱらぱら眺めているだけでも面白い。
 ただ、この手のサイズの本を置く場所が全くないという問題が……。
 全体的に「あの本どこにやったっけ?」と「あの記述ってどの本でなされてたっけ?」の二点を管理してくれるロボットなり何なりが欲しい。



 すでに20%還元分のクーポンは受け取ったので、使用期限の2月13日までにまた何か買いたいと思います。


関連記事:
感情の余りに転げ回る:購入履歴・新本編67




 本当はエルパカで『新編バベルの図書館 第4巻』その他も予約して、がめつくクーポン狙いに行きたかったのだけれど、予約はもっと近々にならないと駄目っぽい&配送が分割になると2回目以降毎回送料がかかるので止めた。
 ここら辺がもうちょっと安くなると嬉しい。

Theme:読書メモ | Genre:本・雑誌 |
Category:積ん読記録 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<寒すぎるのが悪いんだ:購入履歴・新本編78 | ホーム | 来年も続くよ!:購入履歴・新本編76>>
name
title
mail
url

[ ]
Trackback URL
http://kkkate.blog.fc2.com/tb.php/417-835286b1