RSS|archives|admin


<<来年も続くよ!:購入履歴・新本編76 | ホーム | 『黒衣の女』感想:★★★☆☆>>

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

なんだかんだ言いつつ、結局:購入履歴・新本編75

2012.12.14 Fri


 買った。結局、今月の「大人の科学」も。

大人の科学マガジン テオ・ヤンセン式二足歩行ロボット (学研ムック 大人の科学マガジンシリーズ)


 登録している大人の科学メールマガジンでの新号紹介文のせいで、あえなく陥落してしまった。
 二足歩行って想像力を駆り立てられて良いと思うんだ……。
 何と言うか、自分たちと似たものを生物的な力以外で作り上げるところに、大いなる背徳感が潜んでいるような気がする。
 まぁ、ただ歩くだけでは「自分たちと似たもの」とはほど遠く、ただの切片でしかないのだけれど。

 でも減数分裂にランダム性まで持たせて産み出した現在のアクロバティックな生殖システムと全く異なる子孫の作り方を人間が作り上げられたら、と妄想するのは割と面白い。
 今3秒くらいで捻りだした、ただの寝言だけど。


 今月の「大人の科学」は、ガンダムデザイン論なんて特集もあったりして、一部の人にはとても嬉しい内容。








 勿論、こちらも購入した。『世界幻想文学大全3 幻想小説神髄』。
 流石に店頭に並んでいた。

世界幻想文学大全3 幻想小説神髄 (ちくま文庫)


 冒頭の「編者敬白」でいきなり

 収録作の選択にあたっては、怪奇幻想文学関連の主要なアンソロジーに採録されたり、評論研究書などで言及されてきた頻度を、最も重視している。


とあるので、収録作の目新しさに関してはスッパリサッパリ諦めるしかない。
 逆に言えば怪奇幻想小説として認められてきたものばかりと言うわけで、ここに載せてもらえるのは一種のステータスか。
 更には、このシリーズを押さえておけば超有名作は目を通したことになるのだろう。

 ちなみにこの全3冊の「世界幻想文学大全」はそれぞれ
1 幻想文学入門:解説、評論篇
2 怪奇小説精華:ホラー色が濃い作品
3 幻想小説神髄:ファンタジー色が濃い作品

を集めたものとのこと。

 個人的には、この『幻想小説神髄』にソログープの「光と影」が収録されているだけで満足だ。
 私、「光と影」がとても好きです。


 嬉しくなってしまったので思わず、ちくまの棚に何故か1冊だけ収まりきらずに飛び出していた『江戸奇談怪談集』も買ってしまった。

江戸奇談怪談集 (ちくま学芸文庫)


 そして改めて見て初めて気が付いたが、これはちくま文庫ではなく、ちくま学芸文庫だったのか。

 奇談と怪談に分かれた二部構成。編訳は須永朝彦なんで、読み終わって「割と値の張る文庫だったのに……」なんて気分にはならないだろう。たぶん。
 ……その前に、そもそもいつ読むんだって問題があるか。


飛行機物語: 航空技術の歴史 (ちくま学芸文庫)


 学芸文庫からもう1冊。『飛行機物語 航空技術の歴史』。
 本屋で一目惚れした。面白いと良いな。


関連記事:
分かっているけど止められない:購入履歴・新本編74

Theme:読書ノウト | Genre:本・雑誌 |
Category:積ん読記録 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<来年も続くよ!:購入履歴・新本編76 | ホーム | 『黒衣の女』感想:★★★☆☆>>
name
title
mail
url

[ ]
Trackback URL
http://kkkate.blog.fc2.com/tb.php/415-b063e6d4