RSS|archives|admin


<<やっと届いた夏のブンコ検定2012賞品:本の周辺 | ホーム | METライブビューイング2012-2013『オテロ』感想:★★★★★>>

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

2012年冬の3冊買ったら貰えるAmazonオリジナルブックカバーキャンペーン:フェアメモ

2012.11.28 Wed


 定期的に開催されている気がする、Amazonのこのキャンペーン。
 今回も対象本3冊とブックカバーをカートに入れると、ブックカバー代450円が差し引かれて無料になり、実質プレゼントされるという企画。
 期間は2013年1月13日23時59分まで。
 詳しくはコチラから。

 今回は対象となるブックカバーが5色に拡大。
 新色はマゼンダ(文庫サイズ)とダークブラウン(新書サイズ)。
 
Amazonオリジナル ブックカバー マゼンダ 文庫サイズ (2012年冬期限定カラー) Amazonオリジナル ブックカバー サックス 文庫サイズ (2012年夏期限定カラー)
Amazonオリジナル ブックカバー ダークブラウン 新書サイズ (2012年冬期限定カラー) Amazonオリジナル ブックカバー オレンジ 新書サイズ (2012年夏期限定カラー) Amazonオリジナル ブックカバー グリーン 新書サイズ (2011年冬期限定カラー)


 マゼンダ、サックスは文庫用、ダークブラウン、オレンジ、グリーンは新書用。
 ブックカバープレゼントの対象となるのは、一部の書籍のみ。対象本には「Amazonオリジナルブックカバー特典」との表示のあるバナーが値段の下あたりに出るとのこと。

 対象本の出版社は31社。
 最も多いのはソフトバンククリエイティブ(981)、続いて海王社(386)、ぶんか社(349)、ジャパンタイムズ(349)、河出書房新社(149)の順と、前回と変わらない感じ。
 個人的には河出が入ってるのが気になる。有名どころも対象になっているし、いっそまとめて買おうかなー。

 まぁでも無理して本を買うほどにブックカバーが良い出来栄えかと問われると、うーん。
 欲しい本が対象商品なら、一緒にブックカバーを貰うくらいで良いんじゃないかと。限定でもなんでもなく、後で450円出せば買えるみたいだしね。
 ただ私が以前貰った新書用のオレンジは、ビニール感満載でも革っぽさ全開でもない、独特のツルっとした生地で出来ていたから、その手のがお好きな方は是非。
 ビニールに抱く「夏場熱で溶けそう」、革みたいな生地に感じる「そのうちに弱ってきそう」な心配とは遠いので、その手のが気になるタイプの人にはオススメ。








 以下、勝手にオススメというか私が欲しい本&気になった今回のAmazonキャンペーン対象商品をダラダラと。

Dr.コパの開運干支 巳の置物 ([実用品])


 「Dr.コパの開運干支 巳の置物」
 ……本じゃなくない? なのに対象なのか。なるほど分からん。


ミステリーの書き方 ベストセラー小説の書き方 (朝日文庫)


 左側の『ミステリーの書き方』は日本推理作家協会が噛んでるだけあって、面白そう。でも在庫が……、と思ったけど、今見たら復活してるな。

フィギュアスケート2012-2013シーズン オフィシャルガイドブック (アサヒオリジナル)


 『フィギュアスケート2012-2013シーズン オフィシャルガイドブック』。
 そう言えば、今シーズンはまともに見れてないなー。
 日本人選手が活躍するようになってテレビでも良い時間帯に放送されるようになったけど、その弊害か日本人選手ばかりがスポットライト浴びてて最近つまらない。
 もうちょっと海外の選手も紹介してくれないかなぁ。


銀河ヒッチハイク・ガイド (河出文庫) 人間はどこまで耐えられるのか (河出文庫) 勝手に生きろ! (河出文庫)


 『銀河ヒッチハイク・ガイド』は、面白いとは聞いたいるが読んだことがない。
 ハヤカワだとなんとなく思い込んでいたけど、初めに新潮社から出て(こちらは現在絶版)次に河出書房新社から出ていたのか。
 シリーズ続編の『宇宙の果てのレストラン』、『宇宙クリケット大戦争』の2作は今回のAmazonキャンペーン対象。
 けれど『さようなら、いままで魚をありがとう』、『ほとんど無害』は対象外。
 対象・対象外が何で決まるのかは知らない。
 ちなみに『新 銀河ヒッチハイク・ガイド』上下巻も対象外。

 『人間はどこまで耐えられるのか』は欲しいなと眺め続けて、早何年だろう。
 『勝手に生きろ! 』が河出文庫なのがとても意外。ブコウスキーは新潮文庫から出てるイメージだった。


ヴァギナ 女性器の文化史 (河出文庫) さかしま (河出文庫)


 これまた河出文庫。
 『ヴァギナ 女性器の文化史』、『さかしま』ともに持っているが、どちらも面白いのでこの機会に是非。
 続いて河出文庫のキャンペーン対象商品を漁っていたら、こんなのが。

適当教典 (河出文庫)


 ……色々出してるな、河出。


黒死館殺人事件 (河出文庫) 千年の愉楽 (河出文庫―BUNGEI Collection) 第七官界彷徨 (河出文庫)


 更に河出文庫。
 『黒死館殺人事件』、『千年の愉楽』、『第七官界彷徨』もキャンペーン対象本。
 この際、買っちゃおうかな。どうせ積読本はアホみたいにあるんだし、そこに少々増えたところでもはやどうでも。
 でも『第七官界彷徨』は既に買った気がしないでもない。


 『さかしま』に触れたついでに、澁澤龍彦関連の本がキャンペーン対象に入っていないか調べたら、河出のがひっかかってきた。

O嬢の物語 (河出文庫) 悪徳の栄え〈上〉 (河出文庫) ねむり姫―澁澤龍彦コレクション 河出文庫


 翻訳ものとしては、『さかしま』、『O嬢の物語』、『悪徳の栄え』上・下が対象。
 著書は『ねむり姫』、『世界悪女物語』、『秘密結社の手帖』、『澁澤龍彦 西欧文芸批評集成』上・下『澁澤龍彦 西欧作家論集成』上・下、『澁澤龍彦 日本作家論集成』上・下、『澁澤龍彦 西欧芸術論集成』上・下、『澁澤龍彦 日本芸術論集成』、『澁澤龍彦 書評集成』、『澁澤龍彦 映画論集成』が対象に。
 『うつろ舟』が入っていなかったりと、基準はよく分からない。


 更に更に、キャンペーン対象となっている河出文庫を探すと、

神曲 地獄篇 (河出文庫 タ 2-1) 神曲 煉獄篇 (河出文庫 タ 2-2) 神曲 天国篇 (河出文庫 タ 2-3)


『神曲』三部作を発見。
 年末年始に神曲。アリだと思います。

高慢と偏見〔新装版〕 (河出文庫) ボヴァリー夫人 (河出文庫) 眼球譚(初稿) (河出文庫)


 『高慢と偏見』、『ボヴァリー夫人』、『眼球譚(初稿)』も対象に。
 前者2書はいつの間にか河出でも出たようだ。『ボヴァリー夫人』の装丁良いな。
 『なしくずしの死』上・下、『見えない都市』もキャンペーン対象とのことで、心惹かれる。


 他にも、

古代文明と気候大変動―人類の運命を変えた二万年史 (河出文庫) 歴史を変えた気候大変動 (河出文庫)


その内に買おうと思っていた『古代文明と気候大変動―人類の運命を変えた二万年史』、『歴史を変えた気候大変動』も対象になっているし、折角だから河出文庫で3冊買ってブックカバー貰おうかな。
 けれど今週日曜日、つまりは12月2日までならhontoで文庫本のポイント10倍キャンペーンもやってるし。実店舗なら紀伊國屋が今月はポイント2倍やっているし。
 うーん、悩ましい。が、Amazonのキャンペーンは1月13日までとまだ余裕があるから、後回しでも良いかもしれない。
 ブックカバーの対象商品をAmazonで、その他の文庫をhontoで、文庫以外を紀伊國屋で買うのが一番賢いのは確かだけど、あっちこっちと分割して買うの面倒だ。
 まぁでもブックカバー何枚も要らないし、ちょっと考えよう。



 河出文庫以外で気になるAmazonキャンペーン対象本としては、

いかにして問題をとくか 数学で生命の謎を解く


『いかにして問題をとくか』、『数学で生命の謎を解く』もある。
 後者は装丁がまた良いな。
 ちなみに前者には『いかにして問題をとくか・実践活用編』なんて姉妹本があったりする。


 年末年始はダラダラ過ごす予定だから、まとまった読書でもしようかな。

覚え書き(本に纏わるあれこれ):フェア
より詳しくは右カラムのカテゴリから選択してください。


関連記事:
Amazon夏の三大キャンペーン 2012年ver:フェアメモ
初めてのAmazonギフト券:本の周辺
新潮文庫のYonda?ブックカバー 2012ver:フェアメモ
Amazonオリジナル ブックカバー新書オレンジ:本の周辺
岩波のブックカバーが届いた 2012年版:フェアメモ




 Amazonを覗いたのは、キャンペーン目的ではなく、ある雑誌が欲しかったから。
 それがコレ。

Nintendo DREAM (ニンテンドードリーム) 2013年 01月号 [雑誌]
 

 「Nintendo Dream(ニンテンドードリーム)」、通常「ニンドリ」の2013年1月号。
 欲しかった理由は『とびだせ どうぶつの森』の情報が知りたかったからだったものの、どこにも売ってない!
 あちこち探し回った挙句にネットでも探したが。今となっては手遅れだった……。
 これはおとなしく12月21日発売の『任天堂公式ガイドブック とびだせ どうぶつの森』まで待てってことですね。

Theme:雑記 | Genre:本・雑誌 |
Category:本にまつわるエトセトラ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<やっと届いた夏のブンコ検定2012賞品:本の周辺 | ホーム | METライブビューイング2012-2013『オテロ』感想:★★★★★>>
name
title
mail
url

[ ]
Trackback URL
http://kkkate.blog.fc2.com/tb.php/397-424ef4b5