">
RSS|archives|admin


<<集英社文庫づくし:購入履歴・新本編53 | ホーム | 見た目だって大事なんです:購入履歴・古本編83>>

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

この季節には大活躍:購入履歴・古本編84

2012.07.11 Wed


 じりじり増える図録。
 今回のタイトルは"UNFOLDING BEAUTY THE ART OF THE FAN"、見ての通り英語。
 表紙カバーの折り返し部位にある説明によると、ヨーロッパとアメリカに於ける16世紀から20世紀の扇子を158点収録しているそうだ。内カラーは111点。
 収録作品はMuseum of Fine Arts, Boston、つまりボストン美術館収蔵のもの。


 表表紙に扇が一点。
 これは200-201pにあるフランスは1883-85年の作品。

UNFOLDING BEAUTY  THE ART OF THE FAN



 裏表紙にも一点。
 こちらは124-125pのフランスもしくはイングランドの1760年代の作品。青色が綺麗だ。

裏表紙










 総ページ数は260ほど。
 扇作品は「文学的テーマ」、「中国からの輸出品もしくはシノワズリ」、「歴史的あるいは記念」などとその主題毎に11に分類されている。
 中には「これでどうやって扇ぐんだ?」的なものもあるが、当時の扇は実用性よりもファッションだったのだろうし、たぶんそこはどうでも良いのだろう。
 鳥の羽根を用いたふっさふさでゴージャスなものもあり、なかなか面白い。

 巻頭と巻末には解説が付されている。



 表紙カバーを剥がすと、下から黒色の本体が現れた。
 銀と金の間の色で何やらマークが記されているが、これはボストン美術館のマークなのだろうか。美術館のサイトを覗いてはみたが、良く分からなかった。

表紙カバー下


 ついでに覗いたボストン美術館のshopページにあるSleeping Cat Magがとても可愛い。
 19世紀前半、江戸時代に描かれた作者不明の絵を元にしているそうだ、って日本のなのかい。
 海外発送もしてくれるようだが、詳しくは聞いてね形式で良く分からないから、もう良いや……。たぶん日本の美術館でも似たようなの売ってるさ。


関連記事:
サイズまちまち図録さん:購入履歴・古本編74
映像イメージだけは鮮烈に:購入履歴・古本編64
図録4種類:購入履歴・古本編34




 扇子と言えば、最近こんなのを購入した。


 ロフトで見かけて一目惚れし、即レジに走ってしまったのだが、正直なところ、使いにくい……。
 普通の扇子よりも面積が狭いのと形が普通のものとは違うせいなのか、一扇ぎで起こる風の量が少ない。
 更には親骨よりも中央の布部分の方が長さがあるので、袋に収納する時に気をつけないと悲劇が起こりそうなのもイマイチ。

 可愛いけど。可愛いんだけど。
 ……まぁ、可愛いこの扇に実用性を大きく求めてもなぁ。


 そんなわけで、私の主力扇子は数年前に京都で購入した黒い骨に赤い布張りのもののままです。


 左のは似ているけれど、違う。
 私のものはここまで骨に派手な細工は成されていないし、チャームも付属していない。その他も色々と異なる。
 黒に赤の色だけはそっくりだが。

 同じ扇子を探してみたものの、見つけることが出来なかった。
 見つからない理由が、既に販売を中止しているからならば寂しい限りだ。可愛いのに。
 房飾りが定期的に癖だらけになって爆発するけれど。

Theme:本に関すること | Genre:本・雑誌 |
Category:積ん読記録 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<集英社文庫づくし:購入履歴・新本編53 | ホーム | 見た目だって大事なんです:購入履歴・古本編83>>
name
title
mail
url

[ ]
Trackback URL
http://kkkate.blog.fc2.com/tb.php/264-92a55115