">
RSS|archives|admin


<<第二部もお願い申し上げます:購入履歴・古本編76 | ホーム | 岩波文庫フェアに申し込んできた 2012年ver:フェアメモ>>

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

初めてのAmazonギフト券:本の周辺

2012.06.19 Tue


 台風のせいでコンビニに足止めされたついでに、初めてAmazonギフト券を購入してみた。
 ギフト券ってAmazonのマーケットプレイスでも使えるんだね。使えないと勝手に思っていたよ。

セブンイレブンで購入したAmazonギフト券


 相変わらず写真が酷いが、どうやったらもうちょっとマトモに撮れるんだろう?
 写真の右下に見えている通り、セブンイレブンで購入しました。

 セブンイレブンの端に置かれてある妙に高機能なコピー機、正しくはマルチメディア端末と言うらしい、の画面を、プリペイドサービス→オンラインマネー→Amazonギフト券と順にタッチし、表示される内容を確認した上で同意すると、金額と枚数の確認画面へと進む。
 販売金額は現時点では2,000円、3,000円、5,000円、10,000円、20,000円、25,000円の6種類。
 今回私は3,000円、1枚を選択。
 「OK」を押すとプリンターが動き出し、代金払込票が印刷されて出てくるので、それを持って30分以内にレジへ。

プリンターからぺろっと出てくる


 上の写真が「代金払込票」。
 支払いには現金以外は使えないのでご注意ください。セブンイレブンでは支払時にサインが必須。
 支払い&サインを済ませると、Amazonギフト券が手元に。

無事にシートタイプのギフト券を購入


 コンビニで購入できるAmazonギフト券は「シートタイプ」。わりとペラい。
 写真では緑色に塗りつぶしてある部分には、4桁-6桁-5桁の英数字が印刷されてあり、これをAmazonサイトで入力することで使うことが出来る。
 使用期限は、2015年5月31日。購入日が2012年の6月19日なので、約3年。








 代金払込票には「Amazonギフト券をご利用いただくには、最初にアカウントにギフト券を登録します」と書かれているが、実際は支払い画面まで進んだ時点でギフト券コードを入力することも可能。


 今日は足止めされたコンビニがたまたまセブンイレブンだったので、ここで購入したけれど、ローソンやファミリーマートその他でも購入可能。
 ローソンではLoppiを、ファミリーマートではFamiポートを使うのが違うだけで、操作はほぼ同じ。シートタイプのギフト券が購入できる。

 ローソン、ミニストップなどではシートタイプに加え、カードタイプのAmazonギフト券も販売しているらしい。
 これならば商品棚にひっかけてある商品をそのままレジに持って行けば購入できるだろうから、わざわざ端末を操作しなくて済むだけ簡単なのだろう。実は見たことがなかったりするので、断定出来ないけれど。
 カードタイプはイオンでも取り扱っているそうな。
 


 Amazonではグリーティングカード付きのAmazonギフト券も販売中。こちらはクレジットカードでの購入のみのようだ。



 販売金額は現時点では1,000円、2,000円、3,000円、5,000円、10,000円、20,000円、50,000円の7種類。デザインも7種類。
 自分の住所で受け取りメッセージを記入した上で相手に渡すことも、また直接相手の住所宛に送ることも可能。


 他に、Eメールタイプ、印刷タイプも販売している。



 印刷タイプは購入するとPDF形式のギフト券がダウンロード出来るようになるので、それを自分で印刷して相手に渡すシステム。
 Eメールタイプは名前の通り、相手にメールでギフト券をプレゼント出来る。
 両者共に「そんなのよりもグリーティングカード付きの方が良くない? 基本的に送料無料だし」と思ってしまったのだが、この2つはグリーティングタイプとは違い、ギフト券の金額を最高500,000円までの範囲で1円単位まで自由に決めることが出来る。
 デザインもより豊富な上に、Eメールタイプは自分が撮った写真や描いた絵などの好きな画像を使うことも可能。


 Hotmailユーザーの私が実際に受け取ったEメールタイプはこんな感じ。デザインは「ベーシック」。

メールで贈るとこんな感じに


 赤色で塗りつぶした部分に記載されている4桁-6桁-5桁の英数字を入力することで使える。
 「○○様からAmazonギフト券をお贈りします。‏」とのタイトルで届いていたが、普段Amazonから新作が出ただのオススメ商品がどうしただのと数多のメールを貰っていたせいで、うっかり捨てた。
 後から「送ったよー」と聞いてゴミ箱漁ったのは微妙な思い出。
 そんなわけで、EメールタイプのAmazonギフト券を贈るつもりの方は、事前、少なくとも後に送った事実を告げてあげた方が良いかと。

 Eメールタイプの有効期限はきっちり1年。印刷タイプの有効期限は分からず。


関連記事:
アルパカ、じゃなかった、エルパカさんからお荷物ついた:購入履歴・新本編42
ビーケーワンからhontoに:本の周辺
Amazonに頼りすぎていたのかもしれないと蝋燭の前で反省する:購入履歴・新本編5
マシュマロみたいな緩衝材が大量に出てくることを期待したのに:購入履歴・新本編33





 買ったギフト券は速やかに使った。届くの楽しみー。
 しかしAmazonさんは本気で何屋なのか分からなくなってるなぁ。

Theme:本に関すること | Genre:本・雑誌 |
Category:本にまつわるエトセトラ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<第二部もお願い申し上げます:購入履歴・古本編76 | ホーム | 岩波文庫フェアに申し込んできた 2012年ver:フェアメモ>>
name
title
mail
url

[ ]
Trackback URL
http://kkkate.blog.fc2.com/tb.php/247-7309ef57