RSS|archives|admin


<<本棚は秘匿したい:購入履歴・古本編68 | ホーム | 『マッチ箱の脳(AI)―使える人工知能のお話』感想:★★☆☆☆>>

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

「大人の科学マガジン デルタ・ツイスター」感想:★★★★☆

2012.05.24 Thu


大人の科学マガジン編集部
学研教育出版 2012-05-17
売り上げランキング : 16490
by ヨメレバ


 前号の卓上ロボット掃除機付きがvol.33だったのだから、今回のは34だと思うのだが、どこにもナンバリングが見つからない。
 そんなわけで今回はタイトルからナンバリングを外しておきました……。
 前号では雑誌の背中一番上に数字が入っていたのに、今号は/になっているんだよね。意味が分からないよ。


 買った日のうちにふろくは作った。今回のふろくはデルタ・ツイスター。
 デルタ(Δ)の形をしているからデルタで、ツイスト(ひねり)ながら飛ぶからツイスターなのだろう、たぶん。
 このデルタ・ツイスターは、動力にゴムを使うものと電池を使うものの二種類の機構が組めるようになっている。が、私には電池で動かす方は未だに上手く飛ばすことが出来ない。

 組み立て所要時間は前号ふろくの卓上ロボット掃除機と同じ60分になっているが、今回は大苦戦。
 力が足りずきっちりとパーツを差し込めない事態が数回あったのに加えて、組み立て説明が分かりにくかったよ今回。
 パーツは全部使い切るもの、との思い込みが私にあったのに対して、今回は予備のパーツが豊富すぎたのも要因だろう。予備が多めにあると途中で理解したおかげで、多少の失敗にはおおらかな気持ちになれたが。

 ちなみにこのデルタ・ツイスター、完成すると長さ40cm、幅40cmほどの代物に。デカイ、デカイよ。
 ゴムなり電池なりで羽ばたかせるとぱたぱた言いながら飛び立つ可愛いヤツではあるが、日本の住宅事情でこの飛行機を自由に飛ばせてやれる家庭はごく僅かじゃなかろうか。
 私の家の場合、羽ばたかせずに自由滑空させるだけで壁とご対面します。安定感がそれなりにあるおかげで、滑空時間が長い。でも外で飛ばすのは、ちょっと……。誰かお仲間がいないと。
 ツイスターが飛ぶ様を見ながら「これは猫に狩られるな」と思ったものの、ぱたぱたぱたと喋る様と大きさにビビった我が家の猫はやたら遠くから眺めているだけでしたとさ。余所様の普通の猫ならば、喜び勇んで狩りに行くんじゃないだろうか。



 デルタ・ツイスターが飛ぶ様子はYouTubeに開発者による動画が上がっている。
 前回と同じく、雑誌本体の感想は折りたたみ。
 








 目次は以下。

・ジブリ映画に出てきた羽ばたき飛行機
・飛行の研究 すべての飛ぶがわかる
・東京大学大学院 鈴木真二教授が風洞実験で読み解く デルタ・ツイスターはどうやって飛んでいるのか?
・デルタ・ツイスター電動化の立役者 ふろくの先端デバイス詳解
・はじめてのデルタ・ツイスター 長~く飛ばせるうまいやり方
・もっと自由に楽しく飛ばそう! デルタ・ツイスター改造講座
・宇宙をめざして「作る」「飛ぶ」 グライダーを作って空を飛ぼう!
・大人のオタク工作部 第10回
・世界一のスパコン「京」
・全球凍結から生物の大進化へ
・まんがサイエンス 空気抵抗は飛行機の敵? 味方?


 「ジブリ映画に出てきた羽ばたき飛行機」はタイトルのまま。
 天空の城ラピュタからフラップターが、ハウルの動く城からフライングカヤックを取り上げているが、解説は軽め。

 「飛行の研究 すべての飛ぶがわかる」では飛行機、鳥、昆虫それぞれがどうして飛べるのかを説明している。
 昆虫の飛行には謎が多いようで、今後の研究に期待。

 以下は「もっと自由に楽しく飛ばそう! デルタ・ツイスター改造講座」までデルタ・ツイスターの関連記事が並ぶ。
 飛ばし方講座を読んでも、どうしてもモーター機は上手く飛ばせない。羽ばたかせずに滑空させるだけでも室内では飛行距離は充分だから別に良いのだが。
 改造に関してはミニサイズのものと、飛行船タイプのが個人的に好きだ。

 大人のオタク工作部では今回、自転車に乗るロボットを作った山口雅彦という方をレポート。
 ただ自転車に乗るだけではない小ネタの効かせっぷりに「ああこの人本当に好きなんだな」と感じた。

 「世界一のスパコン『京』」の途中から印刷がカラーからモノクロに変化。
 京が生まれるまでの紆余曲折と、今後の利用計画についてが語られている。まだ慣らし運転の段階だったのか。

 「全球凍結から生物の大進化へ」は面白い。
 単なる化学物質が自己組織化を成し遂げ、生物と呼ばれる閉鎖環境へと変化するのはどんな力の働き故なんだろう。



 ふろくだけを見れば前号の方が魅力的に思えるが、雑誌自体は今号の方が面白かった。
 最後にデルタ・ツイスターの開発者による動画をご紹介。






 インドアって言っても体育館かそれに準じる広さがありますがな……。
 アウトドア編は鳥の声が入っているあたり、何だか微笑ましい。


シリーズ別:大人の科学マガジン|出版社別:学研教育出版
より詳しくは右カラムのカテゴリから選択してください。


関連記事:
「大人の科学マガジン」VOL.33感想:★★★☆☆
8年ぶりの出来事:購入履歴・新本編44






 大人の科学マガジンはメールマガジンの登録をしておいたところ、マメにメールが届いて好印象。
 メルマガと言えば、国書刊行会も始めたんだそうな。一度でも国書刊行会のオンラインショップを利用した人には「メールマガジンを始めるよ」とのお知らせメールを送っているとのこと。
 オンラインショップを利用したことがなくても、勿論登録することは可能。公式サイトにてどうぞ。


Theme:雑誌(既刊〜新創刊) | Genre:本・雑誌 |
Category:星4つ:★★★★☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<本棚は秘匿したい:購入履歴・古本編68 | ホーム | 『マッチ箱の脳(AI)―使える人工知能のお話』感想:★★☆☆☆>>
name
title
mail
url

[ ]
Trackback URL
http://kkkate.blog.fc2.com/tb.php/231-b1b38552