">
RSS|archives|admin


<<何とも言えぬお色:購入履歴・古本編58 | ホーム | 『魔女の死んだ家』感想:★★☆☆☆>>

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

まぁ読めないんですけどね:購入履歴・古本編57

2012.04.16 Mon


Vom Doctor Faustus zu Goethes Faust


 たまたま見かけたので買った。
 "Vom Doctor Faustus zu Goethes Faust"というタイトルらしい。作者はFranz Neubert、ドイツ語。
 Google翻訳に放り込んだところ、「ファウスト博士からゲーテのファウストへ」との意味だとか。タイトル通り、実存したとされるファウスト博士の肖像画から、ゲーテの『ファウスト』の挿絵までを多数収録。
 前書き・後書き部分以外には文章はなく、収録している図などの解説が記されている程度。前書き後書きはもう諦めるとして、解説部分は読みたいなぁ。

 ただ、1932年に発行されているようで、劣化がかなり。お陰様でパラパラ捲っているだけで手が痒い痒い。
 サイズもA4よりもまだ大きく32cm×22.5cmほど。上の写真に写っているのはタイトル部分のみ。全体を写すには場所が足りなかったもので。
 この本をどこにどう置けば幸せになれるんだ私。立てて置くと背中が割れて分裂してくれそうだし。うーん。

 ただ表紙は深い緑色に金文字とカッコ良い。だいぶ禿げてきているが、布装丁のようだ。
 とりあえず、ゴールデンウィークの晴れた日に陰干しでもしようかな……。









関連記事:
『フォースタス博士』感想:★★★☆☆
『民衆バロックと郷土―南東アルプス文化史紀行』感想:★★★★☆
なんとなく、生殺し:購入履歴・新本編20
たかが表紙、されど表紙:購入履歴・古本編47





 久しぶりのファウストでした。
 随分とファウスト関連の本を積んでることだし、来月以降崩したいなー。
 未だに入手出来てないファウストとメフィストフェレスの物語って何があったっけ。

Theme:本、雑誌 | Genre:本・雑誌 |
Category:積ん読記録 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<何とも言えぬお色:購入履歴・古本編58 | ホーム | 『魔女の死んだ家』感想:★★☆☆☆>>
name
title
mail
url

[ ]
Trackback URL
http://kkkate.blog.fc2.com/tb.php/205-032bb026