RSS|archives|admin


<<まぁ読めないんですけどね:購入履歴・古本編57 | ホーム | アルパカ、じゃなかった、エルパカさんからお荷物ついた:購入履歴・新本編42>>

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

『魔女の死んだ家』感想:★★☆☆☆

2012.04.12 Thu


篠田 真由美 講談社 2003-10-26
売り上げランキング : 418430
by ヨメレバ


 珍しく、図書館本。
 これは「ミステリーランド」シリーズの1冊でして、そのコンセプトは「かつて子どもだったあなたと少年少女にための」ミステリーを提供することなんだそうな。
 つまりは子ども向けでありながら大人が読んでも楽しめる物語なんて、結構難しいことに挑戦しているシリーズらしい。 


 本作のストーリーを説明するならば、未だに大正時代の空気を漂わせる洋館に住む美しい女の死の謎についてが主題。
 この洋館に君臨する彼女は白い肌と黒い髪に切れ長の瞳の絶世の美女であり、その館には彼女の信奉者の男たちが集う。
 だが、魔女とも天使とも女王とも称される彼女は、ある日死んだ。
 場所は洋館の中の一つの密室。その中には死してもなお美しい彼女と、泥酔したかつての婚約者の男、そして十九世紀の拳銃だった。
 この状況から元婚約者の男が犯人とされ、警察的には一件落着で事件は終わってしまうのだが、彼が彼女を殺す動機が無いことなどから、関係者には彼の犯行だとは考えられなかった。
 そうなると当然出てくる疑問は「彼女を殺したのは誰なのか?」の一点である。
 この謎を追って、読者は全三部から成る物語を読み進めることになる。








 物語はそれぞれで視線を違える。
 第一部では魔女の唯一の子どもである「少女」からの視点で、第二部では魔女の信奉者たちの視点で、第三部では全ての登場人物が集い、新たな「少女」の口から語られ、そして物語は完結を迎える。
 ……と、中々凝った作りなのだが、この本は300頁に満たず、そう分厚い本ではない。つまりそれぞれの部にはそれほどの頁数はなく、結果コロコロコロコロ視点が変わることになる。

 そのせいで、誰が魔女の死の真相を追いたいと願っているのかが、サッパリ分からなくなってしまった。魔女の死が物語の根幹なのは分かるのだが、どの人に重きを置いて読めば良いのか私にはサッパリ。
 第三部で第一部の語り部が再登場したのかと思えば違い(登場してはいるんだけれどね)、また第三部での語り役が誰なのか分かるまで間があるしで、盛り上がるまもなく終了してしまった印象。
 ある女の死に対する疑問を追い続けて来たのに、ラストに「謎が解けた!」なカタルシスが無い。足りない。

 それに、個人的な一番のマイナスポイントは、魔女の行動動機に同意出来ないところ。
 彼女の行動の理由は作中で一部明らかになってはいるが、その結果として誰も幸せになってはいない点がどうにもこうにも。
 結局は独りよがりでしかないんじゃないの、との感想を抱くことになってしまった点が残念。




 とまぁ、個人的には評価は低めだが、挿絵や装丁、色使いが雰囲気ぴったりでその部分はとても素敵。これだけ雰囲気たっぷりなもんだから、ちょっと期待しすぎちゃったのかもしれない。この素敵な挿絵は波津彬子の手による。
 夢見がちな女の子(小学校中学年くらい)に贈ると喜ばれそうではある。子供時代の私にもこの手の本を贈ってくれる人がいれば、私の読書生活も随分と様変わりしただろうなぁ。


関連記事:
『密やかな結晶』感想:★★★★★
『水妖記―ウンディーネ』感想:★★★★☆
『月桃夜』感想:★★★☆☆
『ロシアのクリスマス物語』感想:★★☆☆☆


テーマ別:魔女|出版社別:講談社
より詳しくは右カラムのカテゴリから選択してください。






 読書の時間が取れないこともあって、またしても過去に書いた感想をサルベージ。
 かつて書いた文章に手を入れながら、「言葉使いが幼いなぁ」と感じられると言うことは、私も多少は進歩してるんだろうか。してると良いけど。

 しかし最近、図書館行ってないな。

Theme:読んだ本 | Genre:本・雑誌 |
Category:星2つ:★★☆☆☆ | Comment(0) | Trackback(1) | top↑ |
<<まぁ読めないんですけどね:購入履歴・古本編57 | ホーム | アルパカ、じゃなかった、エルパカさんからお荷物ついた:購入履歴・新本編42>>
name
title
mail
url

[ ]
Trackback URL
http://kkkate.blog.fc2.com/tb.php/204-12cc396c

ミステリーランド 「魔女の死んだ家」 篠田真由美

「魔女」呼ばれた美しい女性の死を巡り、彼女の子供、彼女の崇拝者達が様々な推測がめぐらされる。果たして真実は・・波津彬子さんのイラストが物語をより引き立てる。 講談社が
日々の書付 2012.04.14 21:46