">
RSS|archives|admin


<<『水中都市・デンドロカカリヤ』感想:★★★★☆ | ホーム | かつて黄色、今は黄土色に似た何か:購入履歴・古本編53>>

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

ツルツルしているが、ヌルヌルはしてはいない:購入履歴・新本編34

2012.03.22 Thu


 トライデント・ハウスの雑誌「ナイトランド」申し込んだけれど、届く前にクトゥルー神話の作品いくつか読んでおいた方が良いのかな。そういえばセットで買ったドラキュラ叢書の中に『ク・リトル・リトル神話集』ってのがあったなー。
 ……と思って取り組み始めたドラキュラ叢書の発掘作業が終わった翌日、つまり昨日、に「ナイトランド」が届いた。
 19日に入金確認が済んで21日だから、妥当なところですね。20日は休日だったわけだし。

ナイトランド



 第一印象としては「表紙が妙に綺麗だね」と「薄っ!」の2つ。実際のページ数は127ページほど。
 定価1700円でこの薄さはどうよとは思うが、紙面がなかなか凝ってあり編集さんだかデザインさんだかが頑張ったんだなー、と言うのと、表紙以外の絵もとてもクオリティが高いので、まぁそこら辺にお金がかかってるのかなと納得しなくもない。
 表紙含めて紙も良いのを使っていそうだし。印刷も綺麗だ。サイトにある表紙画像よりも実物の方が良い。ただ思いっきり文字載ってるけど。

 ちらちら出てくるポセイドンが持っていそうな三又槍を握っている4本脚の軟体動物が、この雑誌のイメージキャラクターなのかな。
 サイトにも三又槍のロゴがあるし……って、調べたらトライデントってポセイドンが持ってるこの槍のことなんだね。
 三人でやるから三又槍か。と思ったら、そのまんまズバリのことが編集後記に書いてありましたとさ。


 次の2号は6月を予定しているのだそうな。1年で4冊なら単純に12(ヶ月)÷4で3ヶ月間隔で出る訳だから、そんなものか。
 2号の特集は魔導書と怪物とのこと。なんかもう、いきなり2号目から大丈夫かしら。
 詳しくは公式サイトにて→トライデント・ハウス
 安定して数が刷けるようなら、月刊化も考えているらしいよ。
 定価は1冊あたり1,700円(税抜き)だけれど、年間購読を申し込むと年間で6,000円つまり1冊あたり1,500円となりお得。送料と税は出版社が負担してくださいます。








 ちなみにドラキュラ叢書は絶版重版未定で新本では購入不可となっているものの、『ク・リトル・リトル神話集』だけは今でも購入可能。
 基本的に新本を買うようにしている私ですが、これだけはドラキュラ叢書全巻揃いを中古で買ってしまった。ゴメンね。

ク・リトル・リトル神話集 (ドラキュラ叢書 第 5巻)


 この『ク・リトル・リトル神話集』は評判も良いようだし、やっぱりこれを読んでから「ナイトランド」読もうかな。
 次の号が出るまでに読み終わると良いんだけど。

 しかしCTHULHUは結局どう読むのが正しいんだろう。「ク・リトル・リトル」と「クトゥルー」が同じもの指してるなんて分からんぞ。
 人間には発音出来ない音なのだと言われましても、そこらへん統一して欲しいなぁとやっぱり思うわけです。



関連記事:
雑誌「ナイトランド」VOL.1(2012)感想:★★☆☆☆
雑誌「幻想と怪奇」VOL.1 NO.4感想:★★★★☆
『ゾティーク幻妖怪異譚』感想:★★★☆☆
思ったよりも重くて厚かった:購入履歴・新本編31
2月最終日:購入履歴・古本編48

Theme:本、雑誌 | Genre:本・雑誌 |
Category:積ん読記録 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<『水中都市・デンドロカカリヤ』感想:★★★★☆ | ホーム | かつて黄色、今は黄土色に似た何か:購入履歴・古本編53>>
name
title
mail
url

[ ]
Trackback URL
http://kkkate.blog.fc2.com/tb.php/187-55da75e9