RSS|archives|admin


<<1と2と2と3でもコンプリートには違いない、ハズ:購入履歴・古本編52 | ホーム | 『スピリット』感想:★★★☆☆>>

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

付箋代わりに猫型クリップ・その2:本の周辺

2012.03.17 Sat


 以前に梅田の紀伊國屋書店で開催されていた「読書の周辺」グッズフェアで購入した猫型クリップをご紹介。
 ちなみに前回ご紹介したのは東洋精密工業のPetitClip(プチクリ)でした。
 猫好きなので猫型を購入。



 これは東洋精密工業さんだけあって綺麗な作りでとても可愛いものの、金属製であるが故に弾力性が乏しく紙に挟みにくい。
 ただ薄いので、ページの端に挟んだ状態で本を閉じても紙を傷めにくいとの利点もある。

 個人的な要望としては、紙を傷めない程に薄くて、けれども挟む作業に神経を使わなくても済むクリップが欲しい。
 と言うわけで、期待を込めて梅田の紀伊國屋で購入したのがコレ。



 ミドリカンパニーのインデックスクリップ。商品本体にはpaper index clipと英語表記。
 またしても猫型を購入。今回は3色入り。灰色と白と赤。
 こちらの材質は紙とポリプロピレンがだいたい半分ずつ。








 感想としては、「東洋精密工業のプチクリをそのままちょっと厚くしたらこうなるよね」に尽きる。
 金属ではないのでやや柔軟性があり、紙に装着しやすい。が、厚くなった分だけ紙に跡が残りやすい。

 プチクリとの違いは、ケース付き&3色入っているというところか。それと金属ではなく、紙製品。
 後者のおかげで、プチクリと違い不要になったら燃えるゴミとして廃棄可能なのだそうな。ちなみにこの付属のケースも同じ素材なので、同じように処分可能。
 ただこのケース、最初閉めたら開かなくなったのが印象に悪い。隙間にマイナスドライバーを突っ込んで無理矢理に開けた後はスムーズに動くようになったので、これは私の閉め方が悪かったのかもしれないが、閉め方って何だ。

インデックスクリップのケース


 ケースの開け閉めの問題はマイナスドライバーで解決したものの、一度クリップを全部出したところ、元通りに収納出来なくなって泣いた。
 クリップの大きさとケースの大きさが実に微妙……。
 四苦八苦し続けた結果、収納の方法を発見。

収納図


 この上の写真のように、互い違いに斜めに入れれば全部入った!
 最初はこんな形で収納されていなかったような気がするけど、もう閉まれば何でも良いよ。
 と、新しく購入したインデックスクリップはケースに泣かされたのでした。ケースが付いてること自体は便利で良いことなハズなんだけどなぁ。


 ちなみに東洋精密工業のプチクリは10個入りで399円(税込)、ミドリカンパニーのインデックスクリップは3色各6個入りの計18個にケースが付いて630円(税込)なので、インデックスクリップの方がやや安い。


関連記事:
近所で見つからずに結局大きな本屋に行くと、何かに負けた気がする:購入履歴・新本編27
不吉で幸運な迷信:本の周辺
付箋代わりに猫型クリップ:本の周辺







 検索していたら、プチクリの猫型にシルバーverを発見。
 可愛いなぁ。
 右のはチラ見猫と言うらしい。


 「読書の周辺」グッズフェアでは他に、東洋精密工業の綺麗な金属製しおりも見かけた。
 金属加工の会社だから単色しか出来ないと思っていたら、カラーのものもあって驚き。
 以前とパッケージが変わっていたけれど、リニューアルしたんだろうか。

Theme:雑記 | Genre:本・雑誌 |
Category:本にまつわるエトセトラ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<1と2と2と3でもコンプリートには違いない、ハズ:購入履歴・古本編52 | ホーム | 『スピリット』感想:★★★☆☆>>
name
title
mail
url

[ ]
Trackback URL
http://kkkate.blog.fc2.com/tb.php/184-b6db31a4