RSS|archives|admin


<<雑誌「幻想と怪奇」VOL.1 NO.4感想:★★★★☆ | ホーム | カラーバリエーションはない:購入履歴・古本編49>>

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

カラーバリエーションはある:購入履歴・古本編50

2012.03.06 Tue


 どこかで書いたような気がするが、以前こんなのを買った。

フランス幻想小説傑作集 (白水Uブックス (71))


 白水Uブックスの『フランス幻想小説傑作集』。買った理由はたまたまAmazonを覗いた時に、在庫が残り1冊で今買わないと二度と手に入らないような気がしたから。
 現在は在庫2冊となっております。

 Uブックスの幻想小説傑作集はシリーズものらしく、フランス以外の国版も出ている。が、どれも現在では新本では入手不可。
 フランスだけ可能なのは、何か特別な理由があるんだろうか?
 ちなみに本の下部、ピンク色の部分は帯ではなく、こういうデザインなのですよ。最初ネットで画像見た時にてっきり帯だと思い込み、本物見てビックリしてしまったのは私です。
 この色つき部分に描かれている絵は、何となく古典新訳文庫の表紙の絵に似ている。


 そのシリーズの中で今回購入したのが続き。









幻想小説傑作集シリーズ


 テカテカ光る表紙は写真に撮りにくい。
 今回買ったのは『朝鮮幻想小説傑作集』と『イギリス幻想小説傑作集』でした。
 朝鮮は黄緑(?)でイギリスは黄色。
 国別に色が違うのかと思いきや、どうやら一部は色が被っている模様。白水Uブックスの表紙に使える色にはたぶん決まりがあって、あまりカラーバリエーションがないんだろう。

 しかし朝鮮の幻想小説なんて初めてだなー。面白いのかしら。
 朝鮮をやるなら中国も読んでみたいなぁ。あぁでも当局に色々規制されてて、作家さんも大変なんだっけ。
 ロシアも後を追うと言うか、元通りの規制っぷりになったりするのかしら。
 日本でも臭い動きはあるようだけれど、さてどうなる二十一世紀。


関連記事:
購入履歴・古本編2
『ドイツ幻想小説傑作選 ロマン派の森から』感想:★★★☆☆
欲しいものは何ですかー、見つけにくいものですかー:購入履歴・新本編28
『ロシア怪談集』感想:★★★☆☆
『時間はだれも待ってくれない 21世紀東欧SF・ファンタスチカ傑作集』感想:★★★☆☆


Theme:この本買いました | Genre:本・雑誌 |
Category:積ん読記録 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<雑誌「幻想と怪奇」VOL.1 NO.4感想:★★★★☆ | ホーム | カラーバリエーションはない:購入履歴・古本編49>>
name
title
mail
url

[ ]
Trackback URL
http://kkkate.blog.fc2.com/tb.php/176-908b5674