">
RSS|archives|admin


<<思ったよりも重くて厚かった:購入履歴・新本編31 | ホーム | ちくま文庫さん、正直今まで単なる印刷上の問題だと思っていました>>

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

2月最終日:購入履歴・古本編48

2012.02.29 Wed


 2月も最終日なのに、結局まだ『怪奇・幻想・綺想文学集:種村季弘翻訳集成』を入手出来ていないよ!
 2月中には買えると思ったんだけどなぁ。
 国書刊行会のサイトでは発売日が今日2月29日となっており、「発売中」表示に切り替わっているので、明日には買えるんじゃないかなーと期待。

 先ほどbk1で予約しようとした黒川正剛の『魔女とメランコリー』は発売が伸びて3月2日になったと思ったら、今度は4月予定に変わっているし。しかも予約まだ受け付けてませんと言われてしまったし。
 Amazonでは未だ3月2日発売予定のままだけれど、一体いつ発売するんだろう。
 とっとと確定してくれないと忘れそう。
 無事に3月2日に発売されました。(3月9日追記)


 なんて悲しみつつ、今日届いた古本をご紹介。
 ゴーチェの『スピリット』。沖積舎。田辺貞之助の遺稿からだそうな。

ティオフィル・ゴーチェ『スピリット』


 送料込みで1,500円だったか1,000円だったか。
 装丁が気に入ったのとお値段がそんなに高くなかったので衝動買いしてしまった。まぁ、だいたい私の蔵書はそんな理由で増えるんですがね。

 創土社のブックスメタモルファス叢書や国書刊行会の世界幻想文学大系と同じサイズかと思っていたら、届いてビックリ。想像よりもちょっと大きかった。
 函も頑丈で、足の上に落とした日には長く尾を引く絶叫を上げる羽目になりそうだ。
 函は白地だが、本体は紺色に背表紙に金文字でタイトル。写真に撮るの忘れた。
 パラフィン紙で本体を保護してくれるのはありがたいのだが、そのおかげで函からの出し入れの難易度が上がりまくっているのは何とかなりませんかね……。








付属


 「栞」として国書刊行会で言うところの月報的なものと、沖積舎の本の案内、それと帯が本の間から出て来た。
 栞は全部で6p。山下肇が田辺貞之助のことを、井村實名子が『スピリット』のことをそれぞれ語っている。
 後者によると、本作も「死霊の恋」と同じく生きている男と既に既存の意味では生きてはいない女との恋物語のようだ。ただ惹かれながらも結局は彼岸の境目を越えることなく現実世界に留まったロミュアルドとは違い、「スピリット」の主人公は境目の向こうに行ってしまうとのこと。


関連記事:
何のために行ったんだ?:購入履歴・新本編29
『遊女クラリモンドの恋―フランス・愛の短編集』感想:★★★★☆
だから何冊目だってばよ:購入履歴・古本編36
一体何冊目だっけ?:購入履歴・古本編33
雑誌「幻想と怪奇」VOL.1 NO.3感想:★★★★★




 今日で2月も終了して明日から3月。
 3月と言えば、トライデント・ハウスから「ナイトランド」が創刊予定なのですね。公式サイトはこちらから→トライデント・ハウス
 何でも「幻視者のためのホラー&ダーク・ファンタジー専門誌」なんですってよ、奥さん。
 発行は年4回、定価は1,700円の予定。年間購読を申し込むと年6,000円(送料無料)とお得に。出版社直販なので書店ではなくトライデント・ハウスに直接申し込む形式。
 創刊号の特集は、ラヴクラフトを継ぐ者たち。


 このご時世にホラー&ダークファンタジー専門誌だなんて、えらい挑戦したなー、と言うのが個人的な感想だったりするものの、挑戦するなら成功して欲しいなぁとも思うわけで。
 ただ『怪奇・幻想・綺想文学集:種村季弘翻訳集成』と『魔女とメランコリー』を買うと財布に余裕がもう殆どないのよね……。
 いつまでに支払い済ませれば創刊号が発売日に発送されるんだろう。

Theme:この本買いました | Genre:本・雑誌 |
Category:積ん読記録 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<思ったよりも重くて厚かった:購入履歴・新本編31 | ホーム | ちくま文庫さん、正直今まで単なる印刷上の問題だと思っていました>>
name
title
mail
url

[ ]
Trackback URL
http://kkkate.blog.fc2.com/tb.php/172-c99ae679