">
RSS|archives|admin


<<2月最終日:購入履歴・古本編48 | ホーム | 『身体論のすすめ』感想:★★★★☆>>

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

ちくま文庫さん、正直今まで単なる印刷上の問題だと思っていました

2012.02.28 Tue


 ちくま文庫の『謎の物語』を探して流離ったのは今月のこと。『ラピスラズリ』を探して彷徨ったのは先月のこと。
 そして今頃になって、本屋で仲良く並んでいるのを発見した。

謎の物語 (ちくま文庫)  ラピスラズリ (ちくま文庫)


 本屋をハシゴしたあの長く辛い放浪の時間とは一体。発売日に買うことに拘らなければ幸せになれるんじゃないか、私。
 『謎の物語』は最近、複数の本屋で面陳列されているのを見かけたことだしね……。



 そんな今日、ふと気になったのが『謎の物語』の背表紙の色。

 まぁ、筑摩書房さんのサイトを右下のバナーから見てくださいな。
 2月の新刊書が背中を見せて並んでおりますね。20120228-1.jpg
(もう2月じゃねーよ、って方のために一応魚拓
 →筑摩書房ホームページ/2012年2月28日









 見ての通り、『謎の物語』だけ色が違うのですよ。同じちくま文庫の他の新刊は黄色なのに、『謎の物語』だけオレンジ色っぽい。
 今までもオレンジ色のちくま文庫を見かけてはいたものの、「印刷の問題で同じ色にならなかったのね」と自己解決して勝手に納得しておりました。岩波文庫の背表紙にも印刷上のコストの問題で色の違いがあることだし、ちくま文庫も同じような事態になってるに違いないと。

 けれど、サイト上に載せる映像データは出版社の希望通りになるはずであるし、そこですら色が違うということは、これは実は印刷の問題ではなく、ワザと色を変えているのでは? と思い立ち、googleさんに訊ねてみたら、wikipediaの「ちくま文庫」の頁がヒット。
 それに依ると、
文庫レーベルは二種類に分けられ、「翻訳、古典、シリーズ」を扱う月マークと「現代日本の小説、エッセイ、評論、ノンフイクションほか」を扱う太陽マークが扉ページに描かれている。

とのこと。

 ……太陽と月のマーク? そんなのあったっけ、と思いながら『謎の物語』と『ラピスラズリ』の表紙を捲ったら、ちゃんといらっしゃいました。前者が月で、後者が太陽。
 つまり、月マーク付きのちくま文庫はオレンジ背で、太陽マーク付きのちくま文庫は黄色背だということらしい。


 背表紙の色が不揃いなのは印刷の問題だとばかり、根拠も無いのに思い込んでいてスイマセンでした。ちゃんと意味があった、と申しますが、敢えて違いを出していたのですね。
 もっと分かりやすい差にしてくれれば……、いや、スイマセン。

 オレンジ背は良く見ると木目調(?)の柄も入っているし、ちゃんと差別化は成されているわけですよね。



 ちなみに、ちくま学芸文庫も二種類に分けられている。
 白背が普通のちくま学芸文庫。青背はちくま学芸文庫の〈Math&Scienceシリーズ〉。
 こちらはちくま文庫の月レーベルと太陽レーベルの区分よりも分かりやすい背表紙の色の差になっている。



参考サイト:
筑摩書房ホームページ
ちくま文庫(日本語版Wikipediaより)
ちくま学芸文庫(日本語版Wikipediaより)

関連記事:
近所で見つからずに結局大きな本屋に行くと、何かに負けた気がする:購入履歴・新本編27
『ラピスラズリ(ちくま文庫)』感想:★★★☆☆
1→2→3→4→1:購入履歴・新本編23


覚え書き(本に纏わるあれこれ):素朴な疑問|カテゴリ別:本にまつわるエトセトラ
より詳しくは右カラムのカテゴリから選択してください。


Theme:本、雑誌 | Genre:本・雑誌 |
Category:本にまつわるエトセトラ | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |
<<2月最終日:購入履歴・古本編48 | ホーム | 『身体論のすすめ』感想:★★★★☆>>

放浪のひとへ

ちくま文庫には注目しております。
ギリシャ悲喜劇の全集・中島敦の全集ほか、
各出版社の文庫にあって、ここはかなり知的にとんがっている(?)感じ。
『サラゴサ手稿』の完訳(完全版)など、国書刊行会からでなく、
ここから刊行されたりして?・・期待をこめて。
(岩波文庫から刊行されてもフシギではないけれども)。

春色さんが先に購入されたカミ『エッフェル塔の潜水夫』、
エーメ『マルタン君物語』・・なつかしいなぁ。
近刊『謎の物語』・・この編者からするとかなり渋好みの作品が
揃っていそうですなぁ。
6gL8X1vM | nao | URL | 2012.02.29(Wed) 08:17:19 | [EDIT] | top↑ |

Re: 放浪のひとへ

naoさん、コメントありがとうございます。

 ちくま文庫は毎月そう数多く発売されるわけではないものの、独特なセンスを感じさせますね。
 ただ書店では棚をあまり多く持っていないので、その点若干不安にもなるのですが。
 『サラゴサ手稿』がここから文庫で出ればものすごく素敵ですよねー。
 文庫だなんて贅沢は言わないので、せめて東京創元社から出ると言う話が流れたのは一体いつのことでしたっけ状態なことですし、もうどこでも良いから出してくれれば嬉しいんですけれど。

- | 春色 | URL | 2012.02.29(Wed) 23:50:14 | [EDIT] | top↑ |

name
title
mail
url

[ ]
Trackback URL
http://kkkate.blog.fc2.com/tb.php/171-61fa6eb7