">
RSS|archives|admin


<<何のために行ったんだ?:購入履歴・新本編29 | ホーム | 『鳥はいまどこを飛ぶか(山野浩一傑作選・Ⅰ)』感想:★★☆☆☆>>

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

たかが表紙、されど表紙:購入履歴・古本編47

2012.02.22 Wed



 トーマス・マンの『ファウスト博士(岩波文庫)』を購入。上中下の三分冊。2,000円くらいだったような。
 割り振られている番号は1283、1284、1285。著者別番号は赤434-4、434-5、434-6。

トーマス・マン『ファウスト博士』


 かつての表紙カバーの代わりにパラフィン紙が付いていた時代のです。奥付によると、発行は昭和49年6月。
 写真では上だけ紙を外しております。

 定価を示す星の数は3つながら、星1つがいくらに相当するのかどこにも書いていない。
 が、岩波書房サイト内の文庫豆知識によると
以下,★1つについての定価の改定を追ってみると,
1951年 40円
1962年 50円
1973年 70円
1975年 ☆星1つ100円(在庫品は★1つ70円のまま)
1979年 ☆星1つ100円と★星1つ50円の併用,つまり50円刻みになる

とのこと。
 昭和49年つまり西暦1974年ならば、星1つ70円なので、3つで210円ということに。
 ……物価高くなったなぁ。


 ちなみに1981年4月の新刊から星での定価表示を止めたんだそうな。
 あれ、でも私が持っている『死霊の恋・ポンペイ夜話 他三篇』は1982年初版だけれど星が付いていたような。








 上中下巻それぞれの帯に書かれた概略(?)を記載すると、順番に以下となる。

芸術のために「悪魔との契約」を結ぶ天才作曲家の悲劇とナチズムに冒されるドイツを重ね合わせに描く現代の「ファウスト」

アドリアンはミュンヘンに移り,「世間からの隠れ家」を求めてさらにイタリアに移り,そしてここで彼の悪魔と長い対話をかわした.

愛を禁じられた者アドリアンは最後の作品「ファウスト博士の嘆き」の発表を前に自己の生涯の秘密を告白し,突然失明した.


 主人公がアドリアンという名前の天才作曲家で、けれども最後に破滅するらしいことだけ分かった。
 山奥の空気の綺麗な精神病院でどーたらこーたらするのは『魔の山』だっけな。それともまた別な物語が混ざったのか。
 トーマス・マンの『魔の山』は、どこかに積んでるような記憶があるものの、岩波文庫ではないのを買ったような気がする。装丁が違ったような。


 ついでに栞。
栞


 今のとは違って絵入り。
 ただ今も昔も栞薄すぎると思うの。挟んでいても発見出来ないことがあるよ。


関連記事:
『ファウスト博士』感想:★★★★★
一足早かった:購入履歴・古本編26
そろそろ冬だし:購入履歴・古本編35
『民衆バロックと郷土―南東アルプス文化史紀行』感想:★★★★☆
『フォースタス博士』感想:★★★☆☆
『ファウスト博士 付人形芝居ファウスト』感想:★★★☆☆



我が家のお猫様

 久しぶりに読書メーターを覗いたら、「著者グラフ」なるものが登場していた。
 読んだ本の著者分布を円グラフで表示してくれる新機能のようだ。便利なような、そうでもないような。


 どうでも良いが、今日は2月22日。にゃーにゃーにゃーで猫の日なので、我が家の猫の写真を貼ってみた。
 単純に猫に関するネタを1つも思い付かなかっただけです……。 
 
Theme:古本 | Genre:本・雑誌 |
Category:積ん読記録 | Comment(1) | Trackback(0) | top↑ |
<<何のために行ったんだ?:購入履歴・新本編29 | ホーム | 『鳥はいまどこを飛ぶか(山野浩一傑作選・Ⅰ)』感想:★★☆☆☆>>

追記

 この『ファウスト博士』、2012年夏「他では読めない 岩波文庫一括重版」にて重版されたそうだ。
 つまり今なら新本で買えるってことですよ。ちくしょう、夏まで待てば良かった!

 古本は古本でも、ちょっと変わったカバーのものにすれば良かった。古本屋でたまたま見かけたけれど、だいぶ素敵だったし。
 きっとあれは過去の春岩波文庫リクエスト復刊の特別カバーだと思うのだが、画像検索しても出て来ない。夢や幻を見た訳ではないはずなんだけどなぁ。
- | 春色 | URL | 2012.07.15(Sun) 01:50:58 | [EDIT] | top↑ |

name
title
mail
url

[ ]
Trackback URL
http://kkkate.blog.fc2.com/tb.php/167-84edd39b