RSS|archives|admin


<<雑誌「幻想と怪奇」VOL.1 NO.3感想:★★★★★ | ホーム | 『逆転裁判』感想:★☆☆☆☆>>

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

欲しいものは何ですかー、見つけにくいものですかー:購入履歴・新本編28

2012.02.16 Thu


 捜し物は何ですかー。

 岩波文庫の『ビアス短篇集』ですよー。復刊するって聞いたので。16日頃に出るって聞いたので。
 ついでに光文社は古典新訳文庫の『アウルクリーク橋の出来事/豹の眼』も買おうかと思ったのです。
 ……ところでアンブローズ・ビアスってもう古典の人なの? 20世紀を知る人間の作品を古典と呼ぶのに抵抗がなきにしもあらずなんですけど。

ビアス短篇集 (岩波文庫)  アウルクリーク橋の出来事/豹の眼 (光文社古典新訳文庫)


 光文社古典新訳文庫を買いに行くなら、これも買おうかなー、とプリーモ・レーヴィの『天使の蝶』と、ロダーリの『猫とともに去りぬ』の2冊を予定に追加。立ち読みして面白かったら買うんだ。
 ……ところでレーヴィってもう古典の人なの? 第二次世界大戦を知る人間の作品を古典と呼ぶのに抵抗が以下省略。

天使の蝶 (光文社古典新訳文庫)  猫とともに去りぬ (光文社古典新訳文庫)


 以上の4冊求めて流離った結果、実際に購入できたのは……。








 これ1冊。

白魔 (光文社古典新訳文庫)


 スイマセン、言い訳をさせてください! 立ち読み云々以前に、目的の本が本屋に棲息していなかったんです。本当です! 私、またしても4軒、いや5軒か、ほど回ってしまいました。
 ……いやぁ、でも真面目な話、本当に何故こんな惨状に。本屋5軒回ってこれってどうよ。寒さじゃなくてテンション下がりすぎて風邪引きそうだわ。
 今まで意識して見たことがなかったのもあって、古典新訳文庫の棚の絶滅危惧種っぷりに、どんな顔して良いのかすら分からない。新刊台ではチラチラ見かけていたから、てっきりもうちょっと棚を持っているのだと思い込んでいたよ。
 あと岩波さん、岩波さんも心なしか棚が減少しておられるような気がしてですね。嗚呼。

 売れてないのかなぁ、と悲しい気持ちになりかけたりもしたけれど、私の近所の本屋だけの現象に違いないと思っておくことにします。
 ネットで買えば確実なのは分かっているけれど、買う前に実物を手にとってパラパラしたいという欲望が消えない限りは完全に置換することは不可能なのよね。
 ううーむ、ウチの近所でも昔はもうちょっと品揃え良かった気がするんだけどなぁ。あの頃と今では私の嗜好も変わっているし、断言出来ないけれど。
 凹んでいてもどうしようもないので、欲しい本があれば欲望に忠実に購入することにしようっと。これ以上、未読本増やしてどないすんねん、と叫ぶ理性とは折り合いをつけるということで一つ。



 今日購入したアーサー・マッケンの『白魔』の表題作は既読。雑誌「幻想と怪奇」VOL.1 NO.1に「白い人」との題名で載っていたのでありました。
 それでも今回購入したのは、訳注のせい。「幻想と怪奇」では全くなかった訳注が今回は充実していそうなので、もうちょっとこの物語を理解出来るかなぁ、と淡い期待を抱いたのでした。



関連記事:
雑誌「幻想と怪奇」VOL.1 NO.1感想:★★★★☆
1→2→3→4→1:購入履歴・新本編23





 更に今更ながら、光文社古典新訳文庫の表紙の色の決まりを知った。

罪と罰〈1〉 (光文社古典新訳文庫) 椿姫 (光文社古典新訳文庫) マクベス (光文社古典新訳文庫) ヴェネツィアに死す (光文社古典新訳文庫) 梁塵秘抄 (光文社古典新訳文庫)


 赤:ロシア、青:フランス/イタリア、緑:アメリカ/イギリス、黄:ドイツ、ピンクはその他――なんですってよ。
 今まで漫然と見過ぎていて全くもって疑問に思ったことすらなかったです……。何だかごめんなさい古典新訳文庫さん。


 それと、ブックファーストが何やらキャンペーンを行っていた。
 題して「ブックファースト × e-hon 新規登録キャンペーン」らしい。詳細ページは→ブックファースト × e-hon 新規登録キャンペーン
 先着順でブックファーストオリジナル文庫サイズブックカバーが、抽選で図書カードが貰える。
 ブックカバーってどんなのだろう。可愛いのなら欲しいなー。


 それと、岩波文庫の『ペンテジレーア』も復刊予定。こちらは22日の予定。
 新本で買えなかったから、古本で買ったのに酷いわー。

『ペンテジレーア』感想:★★★★☆

Theme:この本買いました | Genre:本・雑誌 |
Category:積ん読記録 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<雑誌「幻想と怪奇」VOL.1 NO.3感想:★★★★★ | ホーム | 『逆転裁判』感想:★☆☆☆☆>>
name
title
mail
url

[ ]
Trackback URL
http://kkkate.blog.fc2.com/tb.php/164-1749de71